日本全国の方言の記事一覧

長崎

男らしい長崎弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選

みなさんは旅行に行ったとき、その地域の方言を聞いてドキッとしたことはありませんか?「女の子が方言を使っているのを見るとドキドキする」という声はたくさん聞きますが、意外と注目を浴びないのが男性の方言。そこで今回は男らしい長崎弁の方言告白のセリフをお届けします。
福岡

面白い博多弁★笑われちゃう方言のセリフ10選

博多弁は、最近テレビで特集されたり、博多華丸大吉さんが使うので、みなさん一度は耳にしたことがある方言でしょう!そこでもっとみなさんが福岡県の博多弁に興味津々になっちゃうような、面白い博多弁の方言のセリフをご紹介します!
福岡

面白い福岡弁★笑われちゃう方言のセリフ10選

福岡弁と言うとどんなイメージでしょうか?九州の中では洗練されているイメージ?いえいえ全然そんな事はありません!今回はその中から笑われちゃう方言のセリフ、面白い福岡弁をご紹介します!
福岡

男らしい福岡弁の告白★キュンとくる方言のセリフ10選

九州男児を代表する博多男子は、一本気で男らしく酒豪という印象です。そんな、男気溢れる博多男児に告白されたら、女の子はイチコロです!今回はそんな男らしい福岡弁の方言告白をご紹介!
福岡

かわいい博多弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選

全国的に大人気の方言、博多弁をご紹介します!今回は女の子の博多弁告白バージョンをお届けします。女の子役の名前は、福岡で知名度100%!?と言われるローカルタレントかよねぇこと山本華世さんにちなんで、「かよ」相手役は福岡のスター博多華丸大吉から「華丸」です!
愛媛

面白い愛媛弁★笑われちゃう方言のセリフ10選

私が東京での大学生時代に実際に使用してしまい、まったく意味が通じず笑われてしまったもの、悲しい思いをしてしまったものや、様々な誤解を生んでしまう面白い方言、変な語感の方言をピックアップしました!今回は面白い愛媛弁をご紹介いたします。
和歌山

面白い和歌山弁★笑われる方言のセリフ10選

「近畿のオマケ」と言われる和歌山県ですが、和歌山弁も超強烈!基本的にザ行が言えずにダ行になってしまいます!そんな理解不能?な面白い和歌山弁の方言のセリフを厳選しております!
和歌山

かわいい和歌山弁♥キュンとくる方言のセリフ10選

大阪弁とは似て非なるもの。それが和歌山弁です。今回はそんな関西のおまけ和歌山の方言の中で、言われたらキュンとしてしまうかわいいセリフをご紹介させて頂きます!筆者の体験談から選りすぐりの和歌山弁を選んでいます。
和歌山

男らしい和歌山弁★キュンとくる方言のセリフ10選

大阪弁とは少し似ていますが、似て非なるのが和歌山弁です。イントネーション殆ど違いが分かりませんが、単語に少し変化が加わっていたりします。今回はそんな和歌山弁で男らしいキュンとくる方言のセリフをご紹介させて頂きます。
奈良

何だか面白い奈良弁★笑っちゃう方言の言葉10選

奈良県育ちの明石家さんまさんの言葉は、もはや「さんま弁」とでも言える独特のものになっています。でも実は、奈良県には「んっ?」と聞き返したくなるような方言がたくさんあるのです!そんな面白い奈良弁の言葉をご紹介します。
奈良

超かわいい奈良弁★キュンとくる方言のセリフ10選

奈良県のかわいい存在といえば、鹿が思い浮かびますよね。しかし実は奈良県の方言も鹿に負けずとってもかわいいのです。そう、奈良の女子たちが使う奈良弁も、なかなかのもの!今回は超かわいいキュンとくる奈良弁の方言のセリフをご紹介します。
奈良

男らしい奈良弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選

方言男子って、とってもカッコよく見えませんか!?特徴的な関西弁と言えばどうしても大阪に持っていかれてしまいますが、隣の奈良県にもカッコいい方言はあるのですよ。今回はぜひ言われたい奈良男子からの男らしい奈良弁の方言告白のセリフをご紹介します!
奈良

奈良県人が方言で怒ってる!超危険な奈良弁10選

奈良県民は基本的に温厚なのですが、やはり関西圏。怒るとやや汚い方言が出てしまいます。今回は大阪弁とはちょっとニュアンスが違う、怒ってる奈良県人が使う奈良弁をご紹介しましょう。
奈良

かわいい奈良弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選

関西弁と何が違うの?と思われることが多い奈良弁。しかし、奈良にも大和言葉という地の方言があるのです。関西弁の中でも何だかちょっと違う盆地の言葉。今回は、奈良県人の女子が告白するときにはどのような感じになるのか、ご紹介しましょう。
兵庫

面白い神戸弁★笑われちゃう方言のセリフ10選

関西の方言の中でも、かわいらしくて人気の神戸弁。スタイリッシュでモダンな雰囲気の神戸美人からは想像もつかない言葉が飛び出します。そんなびっくりしてしまうような、ちょっと面白い神戸弁をこっそり教えます。
タイトルとURLをコピーしました