香川県名物&グルメといえばもちろん讃岐うどんですね!700軒以上のうどん屋さんが現存していて、要潤さんのうどん県のCMも記憶に新しいところです。

県外からうどんツアーで訪問される方は多いですが、うどんだけで帰ってしまうのはもったいない!うどん以外にぜひ食べておきたい地元民おすすめの名物&グルメを10個選んでみました!

 

これぞ香川県名物&グルメ★地元民おすすめ10選

 


香川県名物&グルメ1・讃岐うどんに次ぐ名物!骨付鶏

香川県名物&グルメ1・讃岐うどんに次ぐ名物!骨付鶏photo by Sanjo
讃岐うどんに次ぐ第2の香川グルメとして人気急上昇中。最近では「秘密のケンミンSHOW」でも取り上げられました。発祥のお店「一鶴」がある丸亀市は「うどん県骨付鶏市」を名乗っています。

骨付もも肉をニンニクとスパイスでパンチを利かせてオーブン焼きした一品はお酒のアテにピッタリです。皿に溜まった鶏油を付けていただくキャベツやおにぎりも美味しいんです。通はひな鶏よりもガシガシ噛みごたえのある親鶏を好みます。最近ではスナック菓子に骨付鶏味が登場したり、カレーやトマトバジル味みたいなアレンジも登場中です。

一鶴 本店 香川県丸亀市浜町317

香川県名物&グルメ2・大判焼きの形をしたお好み焼き!たこ判

三豊市にある「小前」というお店が発祥のご当地粉もんです。同市を中心に県西部に提供するお店が多いです。

こんぴらさんでは三ヶ日にたこ判の屋台が出ることも。簡単に言うと大判焼きの形をしたお好み焼き。大きめの大判焼きの中にタコ・玉子・キャベツなんかがぎっしり詰まっています。100円そこそこの価格でボリューム満点!名前の通り、たこがスタンダードな具材ですが、ウインナーやツナなど変わり種も意外と豊富に存在してます。

たこ判 小前 香川県三豊市仁尾町仁尾辛33−9 

香川県名物&グルメ3・さぬきオリジナル!オリーブハマチ

回転寿司でもお馴染みのハマチ。今では養殖で普及したありふれた素材です。そんなハマチの養殖は実は香川県が発祥なんです。

中でも最近人気なのがオリーブハマチ。香川県特産のオリーブの葉の粉末で作った餌(モイストペレット)を与えた養殖ハマチのことをいいます。オリーブハマチは酸化・変色しにくい肉質で、さっぱりした味です。

養殖が盛んな県東部では漬け丼にして提供されたり、高松の繁華街でも刺身で提供されているお店が多いです。

香川県名物&グルメ4・スタミナばっちり!どじょう汁

香川県名物&グルメ4・スタミナばっちり!どじょう汁参照:丸亀市HP
香川県では昔からお百姓さんが夏場の暑気払いにさながらウナギのようにどじょうを食べるのが習慣となっていたらしいです。

農作業用に各地に造成されたため池で繁殖したどじょうを、集落で集まって盛夏の頃から初秋にかけてのスタミナ源として大鍋で煮込んでいただきました。

今でも焼肉店や一部のうどん屋さんでどじょうを使ったメニューが提供されています。白味噌仕立ての出汁に生麺のうどんを投入した打ち込み鍋の具材としても有名です。

香川県名物&グルメ5・鉄板焼きで!かき焼き

香川県名物&グルメ5・鉄板焼きで!かき焼き

さぬき市志度など、東讃の海沿いの地域では潮流が穏やかなために牡蠣の養殖が盛んです。そんな養殖業者さんが冬になると直営のかき焼き屋をオープン!浜辺の小屋で水揚げされたての新鮮な牡蠣を鉄板焼きで!隙間なくビッシリ敷き詰められた牡蠣を数人で鉄板を囲みながらいただきます。しかも定番のカキフライやかきごはんなどと合わせて牡蠣のフルコース食べ放題なお店も!

香川県名物&グルメ6・色とりどりのお菓子!おいり

香川県名物&グルメ6・色とりどりのお菓子!おいりphoto by 7’o’7 
県西部を中心に生産されている和菓子です。もち米で作った小さな玉状のあられです。特徴的なのが見た目の鮮やかさ。大抵袋入りで販売されていますが、赤・白・黄・ピンク・緑とカラフルなビジュアルが特徴です。

食べてみると非常に淡い繊細な風味で、香川では婚礼の際の引き出物にされていました。最近ではソフトクリームにトッピングされたりとアレンジもされています。

香川県名物&グルメ7・アナゴの俗称!べえすけ

香川県名物&グルメ7・アナゴの俗称!べえすけ

瀬戸内海で獲れたアナゴの俗称です。年中漁獲されますが、春から初夏が旬になります。特徴的なのがその大きさで、体長50cmと普通の穴子と比べてもかなり大振り。脂が強くて身も硬めのため、昔はあまり食べられなかったとか。

最近では脂のノリを逆に活かして鍋の具材にされます。身から良い出汁が出て、とろとろの食感がたまりません。特にすき焼きでいただくのがオススメ。他にも蒲焼や天ぷら・棒寿司などでもいただけます。

香川県名物&グルメ8・香川のフグ!讃岐でんぷく

でんぷくとはフグの香川での呼び名で、特にナシフグのことを指します。こちらも県東部ので養殖が盛んに行われています。

意外なことに少し前まで食用が禁止されていた幻のフグで、現在は安全管理が認められた4県にだけ養殖が認められているとか。定番の鍋やてっさ、天ぷらなどでいただきますが、安価で頂けるのが嬉しいですね。

香川県名物&グルメ9・スパイシー!かっしゃ焼き

こちらもご当地ならではのコナモンです。簡単に言うとたこ焼きの具材にカレー風味の味付をした親鶏を入れたもの。かしわを焼いてるのが名前の由来です。

スパイシーに味付けされた具材とご当地の甘めのソースの味がマッチング。讃岐うどん・骨付鶏に続くご当地の名物として県外にも進出中です。

香川県名物&グルメ10・プレミアム黒毛和牛!オリーブ牛

品質にこだわった讃岐三畜の一つ、「讃岐牛」の中でも餌に油を絞った後のオリーブの実を与えて育てたプレミアム黒毛和牛です。

オリーブの産地・小豆島から飼育が始まり、現在では県全域で飼育されています。オレイン酸などのオリーブの成分が肉質の柔らかさや旨みを引き出しています。最近ではオリーブ牛を用いた限定うどんを提供するお店も登場しています。


 

最後に

山海の幸豊かな香川県、まだまだご当地ならではのグルメは存在しています。うどん県でうどんしか食べないのは勿体ない!是非とも旅行中、うどんの合間に個性的な香川フードを求めて寄り道してみてはいかがですか?

これぞ香川県名物&グルメ★地元民おすすめ10選
1・骨付鶏
2・たこ判
3・ハマチ
4・どじょう
5・かき焼き
6・おいり
7・べえすけ
8・讃岐でんぷく
9・かっしゃ焼き
10・オリーブ牛