男らしい岡山弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選

男らしい岡山弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選岡山県出身の知り合いがいたり、岡山県へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!

岡山県はとにかく方言のクセがすごいんじゃ!最近では芸人の千鳥が岡山弁でしゃべっているので、注目されていますが、岡山弁は基本、乱暴的に聞こえがち。でも、男の人が真剣に言うとかっこいい!ときめいてしまう。こんな告白もありだなと思いますよ。

それでは、本記事では「男らしい岡山弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選」をご紹介いたします!

男らしい岡山弁の告白①「おめえのことがぼっけえ好きじゃけえ、付きおうてや」

方言の意味:「あなたのことがすごい好きだから付き合ってよ」

「ぼっけえ」とはすごい、「じゃけえ」とはだから、「付きおうてや」付き合ってよ、という意味。

ぼっけえ、じゃけえは岡山弁の鉄板の方言です。じゃけえっていう方言は一見きつそうですが、本気でじゃけえって言われたら意外とキュンとします。ちなみに、「ぼっけえ」のところを、「でーれー」「ぶち」という方言で言ってもOK。ほぼ同じ意味です。

男らしい岡山弁の告白②「どえらいべっぴんさんじゃの」

方言の意味:「ものすごい美人ですね」

「どえらい」とは、ものすごい、「べっぴん」とは美人という意味。

「どえらい」とほぼ同じ意味の方言は「でーれー」「ぶち」「ぼっけー」などあります。ものすごいという意味の岡山弁は結構あります。皆さんはどの方言で言われたいですか?

男らしい岡山弁の告白③「もっとねきにこられー」

方言の意味:「もっと近くにおいでよ」

「ねき」とは、近くという意味。

「こられー」とはおいで、という意味。「ねき」という方言はよく僕のおばあちゃんが使っています。近くにおいでと言われるとドキドキしますよね。特に「こられー」という方言はやわらかくて優しい方言で、思わず「うん!」と言って彼のそばに行ってしまいそう。

男らしい岡山弁の告白④「おめえがおらにゃーすんげがねかろーが!」

方言の意味:「あなたがいないと、さびしいんだ!」

「おらにゃー」とは、いないと、「すんげがねかろー」とはさびしいという意味。

「にゃー」というのも岡山の方言の独特なところで、語尾を伸ばすのと、言葉が濁ります。「にゃー」って猫みたいで、思わず笑ってしまいそう。でも、さびしいと言われると、ほっとけないですよね。

男らしい岡山弁の告白⑤「ぼちぼち、結婚しょーか?」

方言の意味:「そろそろ結婚しようか」

「ぼちぼち」とはそろそろ、「しょーか」とは、しようという意味。

墓地ではありませんよ(笑)短いプロポーズですけど、それもまたいいですよね、ストレートで!飾らない、男ならではのプロポーズではないでしょうか?

男らしい岡山弁の告白⑥「もういぬらんといけん時間じゃけど、もーちーとわいと一緒におらん?」

方言の意味:「もう帰らないといけない時間だけど、もう少し僕と一緒に居ない?」

「いぬる」とは、帰る、「いけん」とは、いけない、「もーちーと」とはもう少し、「わい」とは僕、「おらん」とは居ないという意味。

「もーちーと」は、もう少し短くして、「ちーと」とも言います。もう帰らないといけない時間。でも離れたくない、もう少し一緒にいたい。甘い恋ですね。この言葉に彼女はもっと彼氏のこと好きになるのではないでしょうか。

男らしい岡山弁の告白⑦「ひつけーかもしれんけど、それぐれー好きなんじゃ」

方言の意味:「しつこいかもしれないけど、それぐらい好きなんだよ」

「ひつけー」とは、しつこい、「それぐれー」とは、それぐらいという意味。

語尾を伸ばすのも岡山弁の特徴です。ひつけーは、しつこいが砕けた感じの言い方と思っていただければOKです。好きという気持ちをぶつけすぎても重い!と思われるかもしれませんが、これはこれで愛されているという証で、嬉しいですよね!ドラマのワンシーンでありそうですね。

男らしい岡山弁の告白⑧「ええけえ、わいについてけー」

方言の意味:「いいから、僕について来い」

「ええけえ」とはいいから、「わい」とは、僕、「けー」とは来いという意味。

「まさに男らしいセリフですね。キュンとしそうです。引っ張っていってくれる男はかっこいいですよね。「ええけえ」を「ええけん」と言ってもOKです。

男らしい岡山弁の告白⑨「帰りしな寄ってええ?おめえに会いとーなったんよ」

方言の意味:「帰る途中に寄っていい?会いたくなった」

「帰りしな」とは、帰る途中という意味。

ちなみに、行く途中は「行きしな」といいます。行きしな、帰りしな、セットで覚えましょう。少しならいいよと本当は会いたいのに、ちょっと強がって、少しならいいよとLINEを返している女の子の光景が浮かんできますね。ドラマの見すぎでしょうか(笑)

男らしい岡山弁の告白⑩「せわーねー!わいがおろうが!」

方言の意味:「心配ない!僕がいるだろ!」

「せわーねー」とは心配ない、大丈夫という意味。

「せわーね」は「しょわーねー」とも言います。語尾に「が」を付けてますが、これも岡山弁の特徴です。

 

最後に

確かに汚い言葉やきつい言葉が多いです。じゃけー、語尾に「が」をつけた言葉など抵抗があるかもしれません。ただ、悪気があっていってるわけではありませんから安心してください。それに岡山弁は真剣に言われると、胸に響きますよ。

男らしい岡山弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選

  • ①「おめえのことがぼっけえ好きじゃけえ、付きおうてや」 
    方言の意味:「あなたのことがすごい好きだから付き合ってよ」
  • ②「どえらいべっぴんさんじゃの」 
    方言の意味:「ものすごい美人ですね」
  • ③「もっとねきにこられー」 
    方言の意味:「もっと近くにおいでよ」
  • ④「おめえがおらにゃーすんげがねかろーが」 
    方言の意味:「あなたがいないと、さびしいんだ!」
  • ⑤「ぼちぼち、結婚しょーか?」 
    方言の意味:「そろそろ結婚しようか」
  • ⑥「もういぬらんといけん時間じゃけど、もーちーとわいと一緒におらん?」 
    方言の意味:「もう帰らないといけない時間だけど、もう少し僕と一緒に居ない?」
  • ⑦「ひつけーかもしれんけど、それぐれー好きなんじゃ」 
    方言の意味:「しつこいかもしれないけど、それぐらい好きなんだよ」
  • ⑧「ええけえ、わいについてけー」 
    方言の意味:「いいから、僕について来い」
  • ⑨「帰りしな寄ってええ?おめえに会いと-なったんよ」 
    方言の意味:「帰る途中に寄っていい?会いたくなった」
  • ⑩「せわーねー!わいがおろうが!」 
    方言の意味:「心配ない!僕がいるだろ!」

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました