岡山県へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!

岡山県は海、山、川に囲まれた自然豊かな所で、何といってもきび団子ですよね。しかし岡山県はきび団子だけではありません。フルーツもおいしくて有名で、他にもおいしい食べ物がいっぱいあるので紹介していきます。

それでは、本記事では「これぞ岡山県の名物グルメ★地元民おすすめ10選」をご紹介いたします!

岡山名物グルメ①うなぎの蒲焼のうなぎが、豚肉?「豚蒲焼専門店かばくろ」

皆さん、うなぎの蒲焼はご存知ですよね。でも、ぶたの蒲焼はご存知ですか?うなぎの代わりに、豚肉を炭火で蒲焼にして、ご飯に乗せています。メニューは、ネギマヨ、ネギ温玉、チーズ、ひつまぶしもあり、メニューは多彩です。また、一枚乗せ、二枚乗せと豚肉の量を選べます。二度行ったことがありますが、昼は人がいっぱいで並びます。炭火で焼いているので香ばしく、ご飯が進みます。

岡山名物グルメ①うなぎの蒲焼のうなぎが、豚肉?「豚蒲焼専門店かばくろ」参照:ぶたかば焼専門店 かばくろ

ぶたかば専門店かばくろ

【住所】岡山県岡山市北区御津野々口189-1

【アクセス】岡山インターチェンジより車で約8分

岡山名物グルメ②カキ生産量全国第二位の岡山県が生んだ名物「日生カキオコ」

カキオコとは、その名の通り、かきのお好み焼きです。カキオコと言えば、岡山県の日生が発祥です。その中でも、今回紹介するのが、常に上位にランクインする「タマちゃん。」カキはシーズンが10月~3月ですが、ここは年中かきが食べられます。関西風の具を混ぜ、なんとオリーブオイルで、カキを焼いていきます。天かすを敷き詰め、裏返した後、さらにオリーブオイルを鉄板と天かすの間に注入。鉄板の前で食べる人は注意しましょう。焼いているおばちゃんが勢いよくオリーブオイルをかけるので、油が飛び散ってきますよ(笑)どこを切ってもカキがいっぱい。とてもB級グルメではない一品です。

タマちゃん

【住所】岡山県備前市日生町寒河1118

【アクセス】寒河駅から徒歩で約3分

岡山名物グルメ③B1グランプリ常連「津山ホルモンうどん」

岡山県が誇るB級グルメ、津山ホルモンうどん。今回紹介するのは、「お好み焼き三枝。」会社の先輩に連れていってもらったそのお店の自慢は、「塩ホルモンうどん」。ここでしか味わえないメニューです。通常、ホルモンうどんは味噌だれなのですが、一線を画す塩ホルモンうどん。シンプルな塩だれで、ぺろりと間食しました。塩味もめちゃくちゃおいしいです。私は平日に行ったのですが、人が多かったです。場所は住宅街で、こんなところにあるんだ、という場所にあります。南海キャンディーズの山ちゃん、舞の海さんなど有名人も多数訪れている名店です。

お好み焼き 三枝

【住所】岡山県津山市上河原441-5

【アクセス】津山駅より車で約13分

岡山名物グルメ④秘密のケンミンショーでも紹介された「えびめし」

えびめしとは、黒色のライスが特徴的で、その上には錦糸たまごとえびが乗っているという、少し変わったチャーハンです。実はえびめしの発祥は東京で、「いんでいら」というお店で作られていたものを、岡山県出身のオーナーが地元に戻り提供したのが始まりだそうです。そんなえびめしで有名なのが「えびめしや」です。色が黒くてどうしても味が濃いのでは?と思ってしまう方も多いですが、意外と薄味です。秘密のケンミンショーでも紹介された岡山のソウルフード、一度味わってみては?岡山出身のお笑い芸人、千鳥のノブ風に言うと、「見た目のクセがすごい」食べ物です。

えびめしや 万成店

【住所】岡山県岡山市北区万成西町2-53

【アクセス】備前三門駅より徒歩で約25分

岡山名物グルメ⑤B1グランプリで、全国1位に輝いた「ひるぜん焼きそば 好いとん会」が提供する「ひるぜん焼きそば」

ひるぜん焼きそばとは、濃厚な味噌ベースの甘辛ダレで、鶏肉、蒜山高原のキャベツを使用しているのが特徴です。ひるぜん焼きそば 好いとん会から公認を受けているお店は10店。今回紹介するのは、私が3回通ったお店、蒜山本格手打ちうどんやす坊さん。他の店とは違い、おでんの味噌をベースにしており、甘く、たまごを絡めて食べる焼きそばは、絶品です。味噌味の焼きそば、めちゃくちゃおいしいです。

蒜山本格手打ちうどん やす坊

【住所】岡山県真庭市蒜山湯船8-19

【アクセス】蒜山インターチェンジより車で約7分

岡山名物グルメ⑥その濃厚なデミグラスソースがやみつきに「デミカツ丼」

かつ丼と言えば、卵とじかつ丼、福井県のソースかつ丼を思い浮かべる方も多いと思いますが、岡山県はデミグラスソースをかけた、デミカツ丼が有名です。デミカツ丼発祥の店「味司 野村」さんを紹介します。ご飯の上にゆでたキャベツを乗せ、その上にカツ、そしてデミグラスソースをかけます。デミグラスソースはどろっとしており、見るからに味が濃そうで、実際に味は甘辛く濃厚で、ご飯が進みます。秘密のケンミンショーで紹介されました。お店によって、ソースの味が違うので、どのお店のソースの味が自分に合うのか、食べ比べしてみては?

味司 野村

【住所】岡山県岡山市北区平和町1-10野村ビル1階

【アクセス】岡山インターチェンジより車で約12分

岡山名物グルメ⑦古くから郷土食として愛されてきた「ままかり寿司」

ママカリ寿司とは、何ぞや?ママカリは、ニシン科の小魚「サッパ」を開きにして酢漬けにして、握り寿司にした郷土料理。なぜ「ママカリ」なのか?この魚があまりにも美味しくて食が進み、ご飯(まま)が足りなくなり、近所からご飯(まま)を借りてまで食べたいというところから、まま(ご飯)を借りる、まま借り、ママカリと呼ばれるようになったそうです。ちなみにサッパの名前の由来は、味がさっぱりしているから。ママカリの由来を聞けば、絶対おいしいことがわかりますね。そんなママカリ寿司を食べられるおすすめのお店が「ままかり亭」。倉敷の観光名所、美観地区の中にあり、店内は、趣のある雰囲気の良いお店です。倉敷一の観光名所で、趣のあるお店で、岡山の郷土料理ママカリ寿司をご堪能あれ!

浜吉 ままかり亭

【住所】岡山県倉敷市本町3-12

【アクセス】倉敷駅より徒歩で約15分

岡山名物グルメ⑧お祭りやおめでたい日のご飯の主役「バラ寿司」

バラ寿司とは、岡山県ではお祭りやおめでたい日は必ずと言っていいほど、出てくるお寿司です。私もよくおばあちゃんが秋祭りの日に作ってくれていて、お祝い事だ!とワクワクしたものです。岡山藩主池田光政が「食膳は一汁一菜」と倹約令を推進。これに町民が反発し「ご飯の上に乗せても一菜は一菜だ」とご飯の上に魚、野菜を乗せて食べだしたのが始まりだそうです。なので、シャコ、ママカリ、レンコン、しいたけなどたくさんの具が乗っており、具も大きいのが特徴です。そんなバラ寿司を食べるなら「吾妻寿司 さんすて岡山店」さん。岡山駅構内にあるので、電車で来たお客様にとっては直結なので、大変アクセスが良好。着いてすぐ食べられる岡山グルメ。ここから岡山旅が始まる!

吾妻寿司 さんすて岡山店

【住所】岡山県岡山市北区駅元町1-1さんすて岡山2階

【アクセス】岡山駅より徒歩約3分

岡山名物グルメ⑨知る人ぞ知る岡山の極上ラーメン「笠岡ラーメン」

笠岡ラーメンとは、岡山県笠岡市に根付く、ラーメンのことで、一般的にはチャーシューは豚肉ですが、笠岡ラーメンは鶏肉を使用している珍しいラーメンです。鶏がらスープに、鶏チャーシュー、これが笠岡ラーメンです。私のおすすめは、「みやま本店」さん。外観は手作り感いっぱいの小屋で(実際に店主お手製)、不便な場所にあるにもかかわらず、行列ができるほどのお店です。ワンコインでいただけるめちゃくちゃリーズナブル!見た目は味が濃そうですが、思ったほど濃くなく、醤油のパンチが効いており、非常にクセになります。

みやま本店

【住所】岡山県笠岡市神島3856-2

【アクセス】笠岡駅から車で約15分

岡山名物グルメ⑩フルーツ王国岡山ならではの絶品「フルーツパフェ」

岡山と言えば、マスカット、桃、ぶどうとおいしいフルーツがいっぱい。そんなフルーツをパフェとして味わえるのが、「エスタシオン岡山」さん。夏場限定のピオーネときび団子のパフェ。パイナップル、白桃、黄桃、ピオーネ、きび団子と岡山の名物がそろったパフェです。岡山が誇るフルーツと岡山のド定番のお土産きび団子のコラボ。是非ご賞味あれ!

エスタシオン岡山 

【住所】岡山県岡山市北区駅元町1-1サンフェスタ岡山1階

【アクセス】岡山駅より徒歩約3分

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂きありがとうございます。
おいしそうな食べ物がいっぱいだったでしょ?肉、フルーツ、ラーメン、寿司と多分野でおいしい食べ物がいっぱいの岡山県。是非一つでも多くの名物グルメをご堪能あれ!

これぞ岡山県の名物グルメ★地元民おすすめ10選

  • ①うなぎの蒲焼のうなぎが、豚肉?「豚蒲焼専門店かばくろ」
  • ②カキ生産量全国第二位の岡山県が生んだ名物「日生カキオコ」
  • ③B1グランプリ常連「津山ホルモンうどん」
  • ④秘密のケンミンショーでも紹介された「えびめし」
  • ⑤B1グランプリで、全国1位に輝いた「ひるぜん焼きそば 好いとん会」が提供する「ひるぜん焼きそば」
  • ⑥その濃厚なデミグラスソースがやみつきに 「デミカツ丼」
  • ⑦古くから郷土食として愛されてきた「ままかり寿司」
  • ⑧お祭りやおめでたい日のご飯の主役「バラ寿司」
  • ⑨知る人ぞ知る岡山の極上ラーメン「笠岡ラーメン」
  • ⑩フルーツ王国岡山ならではの絶品「フルーツパフェ」

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。