これぞ栃木県日光の名物グルメ★地元民おすすめ10選

栃木県の日光へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!

日光といえば日光東照宮。昔から日光詣での人々の賑わいがあったところなので、歴史的名物グルメがある。現在は海外からの旅人やカップル、バイクのツーリングなど若者も日常的にやってくるお出かけスポットなので、新しい名物も続々登場。今回は気軽に寄れるグルメを中心に回ってみましょう!

それでは、本記事では「これぞ栃木県日光の名物グルメ★地元民おすすめ10選」をご紹介いたします!

栃木県日光の名物グルメ①日光の駅に降り立って、小腹がすいてたらパクついちゃおう!「日光さかえや」の「揚げゆば饅頭」!

20150417 さかえや 揚げゆばまんじゅう

電車で数時間揺られてきたら、ちょっと小腹がすきません?そんな時のイチ押しが「揚げゆば饅頭」。東武日光駅を出たら人だかりもあるし、すぐ目につく場所にある「さかえや」。TVにもよく取材されてるしご存じの方も多いでしょう。出来立てのアツアツを“はふはふ”しながら食べるのは旨すぎる!ほんの少しふりかけてある塩加減がまたいいのだ。湯波は皮にふんだんに使われている。お土産にもできるので帰りがけにいかが?TV「マツコの知らない世界」でマツコさんも美味しいと気に入ってくれた逸品。

photo by 日光さかえや

栃木県日光の名物グルメ②金谷ホテル名物「百年カレー」を手軽にサクッとパイで食べられる!「ザ・金谷テラス」の「百年カレーパイ」

金谷ホテル名物「百年カレー」が電車を降りたらすぐ食べられるの知ってます?到着早々、ちょっと小腹がすいてたら東武日光駅構内にある「ザ・金谷テラス」へ。おススメが「百年カレーパイ」。これは到着したときに食べたい一品!なぜなら、午後は売り切れてることが多いし、閉店時間が早いから。構内に設置してある日光観光マップなどを調達して、ここで一服&今日のスケジュールを検討してみては?

栃木県日光の名物グルメ③日光の伝統的なパンといえばここ!「金谷ホテルベーカリー」の「シナモンロール」!

「金谷ホテルベーカリー」の隠れた名品だと思っている「シナモンロール」。かつて、海外の要人が多く泊まった金谷ホテル。その彼らのために作り始めたパンは本物。ロイヤルブレッドや、チーズロードなどがよく知られてるけど、私は「シナモンロール」!シナモンの香りはあるのに、控えめで甘すぎず、パンの味わいもしっかり!金谷のパンは早くに売り切れ続出。お出かけルートと時間を見計らって早めの購入がおススメ。購入は駅前店、神橋店、金谷ホテル内、金谷ホテルベーカリー カテッジイン店などあちこちあるので、サイトで要チェック!穴場としては市内のスーパー。意外なところで金谷のパンが買えるかも?

  • 【HP】金谷ホテルベーカリー 
  • 【住所】金谷ホテルベーカリー東武日光駅前店:栃木県日光市松原町1-7
  • 金谷ホテルベーカリー神橋店:栃木県日光市上鉢石町1024
  • 【アクセス】「東武日光駅前店」は駅の目の前。
  • 「金谷ホテルベーカリー 神橋店」はJR日光駅、東武日光駅より路線バス、5路線が利用可能。西参道行き・湯元温泉行き・中禅寺温泉行き・奥細尾行き・清滝行きで7分、「神橋」下車、すぐ。東武日光駅から徒歩25分。
  • 【地図】金谷ホテルベーカリー 神橋店の地図 

栃木県日光の名物グルメ④すっかり名物グルメに仲間入り!「補陀洛(ふだらく)本舗」の「ゆばむすび」!

シマいリス絶賛! 日光『ふだらく本舗』ゆばむすび&饅頭

ホントに、いつの間にか人気が出て名物になっている「ゆばむすび」!確かお目見えしたのはほんの数年前。出始めたころに「アド街ック天国」に紹介されたりしたのが人気への火付け役だったのかな?シンプルでどうなんだろう?と思ったけど、海苔のように巻いてある湯波のなめらかさとおこわの味わいがとても良いバランス。こちらも到着早々の小腹を満たす逸品。店内で食べられるのもGood!

  • 【HP】補陀洛本舗 
  • 【住所】本店:栃木県日光市花石町1935-1
  • 石屋町店:栃木県日光市石屋町406-4
  • 【アクセス】いずれのお店もバスはJR日光駅、東武日光駅より路線バス、4路線が利用可能。湯元温泉行き・中禅寺温泉行き・奥細尾行き・清滝行きに乗車。本店はバス9分、「蓮華石田母沢ホテル前」下車、すぐ。石屋町店はバス1分、「石屋町」下車、すぐ。こちらは東武日光駅から徒歩3分。
  • 【地図】補陀洛本舗 本店 
  • 補陀洛本舗 石屋町店の地図 

栃木県日光の名物グルメ⑤日光のいいとこどりの丼ぶりメニュー「NIKKO丼」!は駅そばの「かまやカフェ・デュ・レヴァベール」で!

知人に「美味しいのよ~」と、連れて行ってもらった。その「NIKKO丼」は文句なしの旨さ!湯波、栃木牛が味わえるオトクな丼ぶり!湯波はサラダに「なま」で、丼ぶりには「揚巻き湯波」の煮つけでいただける。この「揚巻き湯波」を味わってほしい。湯波って「なま」だけだと思ってませんか?日光の湯波は巻きがしっかりした「揚巻き湯波」があり、それを煮付けるのが栃木県の食べ方。いくつでもいける味わい。栃木牛のローストビーフも贅沢に盛ってあるので大人気!けっこうなボリュームなので、ご飯少なめのSサイズも登場。数量限定なのでランチにどうぞ。建物はその昔、銀行だったところ。なので大金庫がそのまま、まるで個室のように残っているのがユニーク。若夫婦がやっているお店だけど、HPはない。

栃木県日光の名物グルメ⑥大人気!予約なしでは食べられない?!「fudan懐石 和み茶屋」の「ゆば懐石」

View this post on Instagram

#fudan懐石和み茶屋

A post shared by 川上 慎一郎 (@shin_176) on

ここもいつの間にか大人気で、予約を取るのが大変なお店。湯波懐石となると老舗は敷居が高い。でも、ここの手ごろなお値段と古い家屋をちょっとカフェ風にリノベーションした感じが若者に人気。お値段お手頃でも、湯波は地元の老舗のものだけなので、味は本物。季節ごとの旬のおしながきと、ひとりひとりに違う器で盛られてくるのも楽しみ。食事をゆっくりとした時間の流れの中で味わってね。そうそう、気を付けないとお店の看板、見落としちゃうかもよ。そして、こちらも若夫婦のお店だけどHPはない。

  • 【住所】栃木県日光市上鉢石町1016
  • 【アクセス】JR日光駅、東武日光駅より路線バス、5路線が利用可能。西参道行き・湯元温泉行き・中禅寺温泉行き・奥細尾行き・清滝行きで4分、「神橋」下車、徒歩2分。
  • 【地図】fudan懐石 和み茶屋の地図 

栃木県日光の名物グルメ⑦パンにたっぷりの「若鶏と木の子クリームシチュー ユーコン風」!は中禅寺湖を眺めながら「コーヒーハウスユーコン」で!

View this post on Instagram

コーヒーハウスユーコンでランチ。 ここは、中禅寺金谷ホテル経営のお店。 日光金谷ホテルはもちろん素敵だけど、 中禅寺金谷ホテルも素敵でした。 もちろん、外観の感想です。 私は「若鶏と木の子クリームシチュー ユーコン風」を。 夫は「百年ライスカレー」にしました。 深刻な渋滞に巻き込まれることなく、日光を楽しめて良かった♪ #lunch#ランチ#昼食#昼ご飯#昼ごはん#cafelunch#カフェランチ#カフェご飯#カフェごはん#stew#シチュー#food#instafood#ご飯#料理#coffeehouseyukon#コーヒーハウスユーコン#中禅寺金谷ホテル#lakechuzenji#中禅寺湖#日光#nikko#okunikko#奥日光#tochigi#栃木

A post shared by RIE (@1978gyoza) on

カンパーニュ・パン(丸いフランスパン)をくり抜いた中にたっぷりのシチューが入った「若鶏と木の子クリームシチュー ユーコン風」!こういうメニュー、なんか憧れません?アニメ、ハイジにでてくる“とろけるチーズをポテトにかけて食べる”ときのような、そんなときめきを感じる。シチューはコクのあるクリーム感がいっぱいの味。美味しくて意外とペロリと食べられる。テラス席だと中禅寺湖が眺められてリゾート感満載な気分になれる。

栃木県日光の名物グルメ⑧お雑煮はお正月だけにあらず?!「竜頭風おぞう煮」を龍頭の滝を眺めながら「龍頭之茶屋」で!

なんでお雑煮?と、思うなかれ。メニューを眺めてたら注文が続けざまに入ってるのをキャッチ!つられて食べてみたら旨い!お餅を揚げてあるのがポイント。おつゆも出汁がよく出てて揚げたお餅とよく合う。お店のサイトにもこの「竜頭風おぞう煮」だけを目当てに来る人もいるとあった。それも頷ける旨さ!滝を眺めながらいただくお雑煮はちょっと不思議な組み合わせだけど、滝でひんやりしたところで取る“暖”みたいな感じで意外と合う。

  • 【HP】龍頭之茶屋 
  • 【住所】栃木県日光市中宮祠2485
  • 【アクセス】JR日光駅、東武日光駅より路線バス、湯元温泉行きで1時間、「竜頭の滝」下車、すぐ。
  • 【地図】龍頭之茶屋の地図 

栃木県日光の名物グルメ⑨「ひと口塩羊羹」は売り切れ必須の人気商品!奥日光の老舗「つるやの塩羊羹本舗」

奥日光土産の定番、通称「つるや」の「ひと口塩羊羹」!上品な甘さに、おいしさがひきたつ絶妙な塩加減。羊羹が苦手な人でもきっと気に入ることでしょう。この「ひと口」塩羊羹は午前中でほぼ売り切れてしまう。というのも、奥日光は首都圏の小学生の修学旅行や林間学校の定番なので、先生たちのお土産に重宝されているからなのだ。GW明けから秋にかけては予約をおススメ。つるやは「塩羊羹」だけのお店で“ひと口”か“1本”ものかで勝負の店!1本物のほうが買える確率高め、でも早めの購入を。

  • 【住所】栃木県日光市湯元2549
  • 【アクセス】JR日光駅、東武日光駅より路線バス、湯元温泉行きで1時間25分、「終点」で下車、徒歩2分。
  • 【地図】つるやの塩羊羹本舗の地図 

栃木県日光の名物グルメ⑩スモークサーモンの山?!そんなパスタ「スモークサーモンとキャベツのパスタ」を「山のレストラン」で!

テーブルに来たお料理を見てびっくり。スモークサーモン系の料理って、薄いスライスがのってくると思いますよね?ここのは“スモークサーモンのかたまり”がドーンとパスタの上に“乗っている”。もはや“キャベツのパスタ、スモークサーモン添え“に近い!サーモン好きにはたまらない演出なのだ。日光の老舗洋食レストラン「明治の館」系列なので建物も素晴らしく、カナディアンログハウス風。霧降高原の大自然に囲まれた立地。テラス席からは“霧降の滝”も見える。バスは夕方が最終なので、お出かけはランチに!

  • 【HP】山のレストラン 
  • 【住所】栃木県日光市所野1546−2
  • 【アクセス】JR日光駅、東武日光駅よりバス、「霧降、大笹牧場方面」行きで10分、「霧降の滝」下車、徒歩1分。
  • 【地図】山のレストランの地図 

最後に

日光には名物グルメがたくさんあるのですが、デートでちょっと寄りたいと思えるところをピックアップ。気軽に入れるところ、ちょっとシャレた演出をできそうなレストランなどを載せてみました。いかがでしょうか?雰囲気がいいところが奥日光や、霧降にありますが、ちょっとご注意くださいね。最終バスが早いのもあるけど、お店も早じまいが多いのが日光。ルートをうまーく組んで、しっかり日光グルメを堪能してみてくださいね!紹介している順番は駅から奥日光に向かうルート順に載せてるので(霧降高原にある山のレストランは別ですが)、参考にしていただければ嬉しいです。混む時期は道路が大渋滞!日光東照宮近辺は歩いたほうが断然早い!

これぞ栃木県日光の名物グルメ★地元民おすすめ10選

  • ①日光の駅に降り立って、小腹がすいてたらパクついちゃおう!「日光さかえや」の「揚げゆば饅頭」!
  • ②金谷ホテル名物「百年カレー」を手軽にサクッとパイで食べられる!「ザ・金谷テラス」の「百年カレーパイ」
  • ③日光の伝統的なパンといえばここ!「金谷ホテルベーカリー」の「シナモンロール」!
  • ④すっかり名物グルメに仲間入り!「補陀洛(ふだらく)本舗」の「ゆばむすび」!
  • ⑤日光のいいとこどりの丼ぶりメニュー「NIKKO丼」!は駅そばの「かまやカフェ・デュ・レヴァベール」で!
  • ⑥大人気!予約なしでは食べられない?!「fudan懐石 和み茶屋」の「ゆば懐石」
  • ⑦パンにたっぷりの「若鶏と木の子クリームシチュー ユーコン風」!は中禅寺湖を眺めながら「コーヒーハウスユーコン」で!
  • ⑧お雑煮はお正月だけにあらず?!「竜頭風おぞう煮」を龍頭の滝を眺めながら「龍頭之茶屋」で!
  • ⑨「ひと口塩羊羹」は売り切れ必須の人気商品!奥日光の老舗「つるやの塩羊羹本舗」
  • ⑩スモークサーモンの山?!そんなパスタ「スモークサーモンとキャベツのパスタ」を「山のレストラン」で!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました