栃木県の那須へ旅行やお仕事でお越しになられる方へ。

栃木県北には温泉が有名な市町村が二つあります。それが那須塩原と那須町。那須塩原には塩原温泉郷があり、那須町には那須湯本という温泉があります。古くから湯治などが行われてきたこの栃木県北の那須エリアで、混浴が楽しめる場所を10ヶ所ご紹介します。

それでは栃木県那須で混浴できる温泉特集★地元民おすすめ10選をどうぞ。

那須混浴温泉①川岸にある混浴露天!明賀屋本館

渓谷豊かな那須塩原市の塩原エリアにある温泉旅館「明加賀屋本館」では、川岸にある露天風呂が有名です。長い渡り廊下を下っていくと300年の歴史をもつ温泉にたどり着きます。川岸の風光明媚な景色を見ながら源泉かけ流しのお風呂を楽しみましょう。

混浴以外にも、五つの源泉を有する旅館には、異なった4つの泉質を楽しめる温泉があり男女別にわかれたところもあります。

明賀屋本館
栃木県那須塩原市塩原353
西那須野塩原インターチェンジ下車およそ25分。
那須塩原駅から塩原温泉までバスもあります。

那須混浴温泉②美肌の湯と呼ばれる!大丸温泉旅館

大丸温泉旅館には、うち湯と露天風呂がそれぞれあります。中でも5つある露天風呂のうち混浴風呂として利用できるのが、白樺の湯、あじさいの湯、です。

源泉かけ流しの温泉は、メタケイ酸とよばれる肌をきれいにしてくれる成分がたくさん含まれており古くから美肌の湯と呼ばれています。

露天風呂に着けられた名前は奥那須の季節に合わせて咲く植物や自然の風景にちなんでいます。どのお湯も心も体も温まる素敵な温泉ですので、ぜひ湯あみを楽しみましょう。

大丸温泉旅館
栃木県那須郡那須町湯本269
那須塩原駅もしくは黒磯駅へ向かう路線バスを無料で利用できます。

那須混浴温泉③大天狗がかかる湯船!北温泉旅館

着いたと思った駐車場から細い山道をくだっていくとやっと温泉旅館の前に温泉でできたプールそして、時代時代で建て増しされた独特の建物が見えてきます。

映画テルマエロマエで一躍有名になった那須の秘湯である北温泉には、大きな天狗の面が壁にかかっている混浴風呂があります。

鄙びた温泉が大好きな人にたまらない温泉です。自然も山中とあり豊か。黙々と煙があがるなか、ぜひ温泉を楽しみましょう。

北温泉
栃木県那須郡那須町大字湯本151
黒磯駅よりバスで北温泉入口まで。

那須混浴温泉④家族風呂でのんびり気兼ねなく!きくや一望館

那須混浴温泉④家族風呂でのんびり気兼ねなく!きくや一望館

参照:板室温泉郷 山あいの宿 きくや一望館【公式サイト】

塩原温泉郷や那須湯本のほかに、じつは板室温泉郷というのが那須エリアにあります。こちらも那須エリアで古くから湯治場として利用されています。

那須七湯として知られる板室温泉を楽しめるきくや一望館は、JR黒磯駅よりバスで40分ほどの場所にあります。下野の薬湯とよばれるほど温泉効果が期待できるお風呂は、混浴という形ではないのですが、家族風呂で楽しむことができます。

これなら夫婦水入らず、あるいは小さな子供がいるファミリーものんびりゆっくり温泉を楽しめます。

きくや一望館
栃木県那須塩原市板室841-100
JR黒磯駅よりバスで40分ほど

那須混浴温泉⑤五つの温泉でおもてなし!混浴露天の源泉の湯 東や

JR東北新幹線那須塩原駅下車後、塩原温泉バスセンター駅で下車すると徒歩10分ほでいくことができるのが源泉の湯 東やです。周囲には塩原で有名な逆杉など観光名所がたくさんあります。

こちらの温泉はうれしいことに塩原温泉旅館協同組合が発行している湯めぐり手形リンクで入浴が無料になります。

混浴と謳っているわけではないですが、露天風呂は特に男女分けずに入浴ができるようになっています。源泉かけ流しの名湯は、月明かりの中、塩原の外気を感じながら入ることができる素敵な温泉場です。

源泉の湯 東や
栃木県那須塩原市塩原1548-1
西那須野塩原ICより車で30分ほど

那須混浴温泉⑥唯一無二の墨の湯!塩原温泉大出館

タオルが真っ黒に染まってしまうほど鉄分濃度の濃い温泉で有名なのが塩原温泉大出館にある墨の湯です。本当に墨汁でも垂らしたのかと思うほどすごい色の温泉です。

そんな唯一無二な温泉は、混浴として楽しむことができます。時間によっては、女性専用となっていますので、その点は気を付けましょう。

塩原温泉大出館
栃木県那須塩原市湯本塩原102
西那須野インターチェンジ下車後、およそ40分元湯本温泉入口よりさらに4キロ。

那須混浴温泉⑦標高970mにある濁り湯!奥塩原 湯荘 白樺

西那須野塩原ICより車で35分ほどの奥塩原にある温泉がこちら白樺です。すぐそばに無料の共同浴場もありますが、内風呂、露天、泥パックなどをたのしむことができる湯荘白樺で日帰りプランを楽しまれるのはいかがでしょう。

奥塩原の風景を楽しみながら入ることができる露天は混浴となっています。多少天候が崩れても入ることができるように、天井には櫓がついています。

乳白色の濁り湯を楽しめる温泉です。女性専用タイムももうけてありますので、どうしても混浴が無理という方でも、濁り湯にはいりながら外気を浴びながら露天を楽しめます。

奥塩原親湯 湯荘 白樺
栃木県那須郡那須町湯本
西那須野駅よりバスで45分。塩原温泉BTで乗り換えおよそ20分ほど

那須混浴温泉⑧レトロな温泉!福渡温泉 和泉屋旅館

鄙びた雰囲気と文学の香りを楽しむことができる和泉屋旅館には、6つの歴史ある温泉があります。温泉旅館では、470年の歴史をかんじることができる、和泉名物大ぶろとよばれる広い混浴風呂があります。まるでプールと思うほどの広さです。

そのほか、男女別の大浴場、貸し切りなどとさまざまな湯が用意されていますので、好みの湯あみを楽しむことができます。

いで湯と文学の宿 和泉屋旅館
東北新幹線那須塩原駅乗換、JRバス塩原福渡下車、目の前。

那須混浴温泉⑨江戸時代から湯治場として有名飲泉所もある!えびすや

自炊のできる共同のキッチンもあり、湯治場として古くから愛されている塩原温泉元湯えびすやの湯は、胃腸病に効くといわれています。

そんな名湯に入りに多くの人が昔から来ています。梶原の湯、弘法の湯は混浴風呂で、乳白色のお風呂です。弘法の湯は、52度とかなり高温です。

温泉の湯は飲むことができ飲泉所もあります。宿の自慢のおかゆは温泉を使ったもの。少し疲れたなと感じている人は、温泉で胃腸から回復してみるのはいかがでしょう。

塩原温泉 元湯 えびすや
栃木県那須塩原市湯本塩原153
西那須野塩原インターチェンじより、30分ほどのところにあります。

那須混浴温泉⑩共同浴場24時間かけ流し!寺の湯

西那須野塩原ICを下車後、中塩原八幡下、そしてそこから塩原温泉日塩もみじラインを利用して奥塩原新湯まで15分。ハウンターマウンテンのふもとにあるのが共同浴場です。

共同浴場は三つあり、そのうちの一つに露天風呂の「寺の湯」が混浴になります。かつて、円谷寺というお寺がありその時の名残でも今も寺の湯と呼ばれています。今も混浴で入浴できるこちらの寺の湯は古くからある湯治場の風景を垣間見れる素敵な温泉です。

奥塩原新湯温泉 共同浴場 寺の湯
栃木 県 那須 塩原 市 湯本 塩原 28
西那須野塩原インターチェンジより車で35分ほど

 

最後に

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。
那須エリアの温泉郷より誰もが知る定番混浴温泉から秘湯まで選んでみました。
以上、栃木県那須で混浴できる温泉特集★地元民おすすめ10選でした。

栃木県那須で混浴できる温泉特集★地元民おすすめ10選

  • ①明賀屋本館
  • ②大丸温泉旅館
  • ③北温泉旅館
  • ④きくや一望館
  • ⑤源泉の湯 東や
  • ⑥塩原温泉大出館
  • ⑦奥塩原 湯荘 白樺
  • ⑧福渡温泉 和泉屋旅館
  • ⑨えびすや
  • ⑩寺の湯