男らしい和歌山弁★キュンとくる方言のセリフ10選

大阪弁とは少し似ていますが、似て非なるのが和歌山弁です。イントネーション殆ど違いが分かりませんが、単語に少し変化が加わっていたりします。今回はそんな和歌山弁で男らしいキュンとくる方言のセリフをご紹介させて頂きます。

 

男らしい和歌山弁★キュンとくる方言のセリフ10選

 


男らしい和歌山弁①「わえ、おまんの事好きやいしょ!!」

方言の意味:オレは君の事が好きなんだ

いきなり告白のメッセージです(笑)まぁ大阪弁で言う所の「オレ、お前の事好きやねん。」って感じでしょうか?しかしまぁ訛り過ぎててビックリしますね。でも和歌山人はこういう場面が苦手な人が多く、はにかみながら直球のストレートを投げるような発言をします。変にかわす様な変化球は投げられません(笑)

男らしい和歌山弁②「そんなん心配しやんでも、わえに任せてけーよ」

方言の意味:そんな事は心配しなくても私に任せて下さい

もし上司が和歌山人だったら面倒見がいい人が多いので、トラブルがあってもしっかりフォローしてくれる事でしょうし、後輩なら最後までしっかりと付いて来てくれる人が多いです。ちなみに「しやん」→「しない」・「けー」→「くれ」となり、コテコテの和歌山弁をしゃべる方からはよく出てくる単語です。

男らしい和歌山弁③「わえが奢っちゃるさけ、一緒に飯でもいこらよ」

方言の意味;オレが奢るから、一緒にご飯でも行こうよ

内弁慶で人見知りな人が多い和歌山人にここまで言われるって事は、それだけ仲良くなっている証拠です。倹約家が多い和歌山人ですが、南国気質も併せ持っていますので、このような豪快な一面も垣間見られます。

男らしい和歌山弁④「久し振りやいしょ!!生きちゃあったか?」

方言の意味:久し振りだね。元気にしてたかい?

和歌山弁の中でもトップクラスで理解し辛い方言になります(笑)他県民はおろか、和歌山県民でも若い人には?マークが付くような方言です。このような言い回しをするのはどちらかと言えば年配の男性に多いです。

男らしい和歌山弁⑤「アジ釣り行ったらがいに釣れたさけにちょっとわけちゃらそぉ」

方言の意味:アジ釣りに行ったら沢山釣れたからちょっとだけおすそ分けします

ここでは「がい→とても」・「ちゃら→~して」・「そぉ→~ですよね」って訳をして行くと言葉に辻褄が合わなくなって、訳語を書いている自分まで訳が分からなくなってきました(笑)でももし和歌山県民にこのように言われたら、小アジが軽く20~30匹位貰えると思います。余談ですが和歌山県は海がすぐ近くにあるので、釣りが趣味の人も多く、釣具店もかなりあります。

男らしい和歌山弁⑥「おまん、なかなかかえらしわいしょ」

方言の意味:君、なかなか可愛らしいね

正直な所、若者がこのような言葉遣いをしているような所を見た事がありません。どうしてもコテコテの和歌山弁でしゃべるとなると中年以上の人になるので、このような言い回しが聞ける場面はなかなか少ないかも知れません。

男らしい和歌山弁⑦「そこへ行きたいんやったらわえが連れちゃらそぉ」

方言の意味:そこに行きたいなら、私が連れて行ってあげますよ

「連れちゃら(ちゃる)→連れて行く」になります。うーん、どうも個人的にはここまで訛った感じでお誘いするのは若者ではあまり無いと思いますが、「連れっちゃるわ。」って言い方はしないでも無いかなとは思います。

男らしい和歌山弁⑧「ゆっくりしたらエエんやいしょ。そんなにあわてへな」

方言の意味:ゆっくりやればいいよ。そんなに急がないから

よく使う「やいしょ→~ではないか」・「あわてへな(ん)→急がない」ってまぁまだ分かりやすい和歌山弁ですが、これはどちらも結構使います。聞いても全く意味不明では無いですし、初心者向けの和歌山弁かも知れません。

男らしい和歌山弁⑨「わえはAちゃんよりBちゃんしか好きやいしょ」

方言の意味:私はAさんよりBさんの方が好きだ

一瞬、?マークになる言い回しです。って意味ですが「~しか→~の方が」って使い方をするのでこれもよく聞かれます。「うどんよりそばしか良いわ。」とか「明日より明後日しかエエ。」とか様々な場面で使います。これは聞きなれていないと本当に「?」ってなりますので、和歌山人に「AorB」の2択をしてもらう時には注意が必要です(笑)

男らしい和歌山弁⑩「今日はは1日楽しかったいしょ。ほないんでくら」

方言の意味:今日は1日楽しかったですね。では帰ります

実はここで他県民からしたら単なる打ち間違いじゃないの?って思われる和歌山弁が1つあります。「今日はは」と言うのが実は和歌山弁なんです。「きょうは」では無く、「きょうは(わ)は」って言い方をします。なぜそのような言い方になるのかは謎ですが、知らない間に使っている和歌山県民はかなり多いです。そして「いんでくら」ですが、「いぬ→帰る」で、「いのら→(一緒に)帰ろう」や「いんでまえ→帰れ(攻撃的な言い方)」のような使い方もします。


 

最後に

如何だったでしょうか。「男らしい和歌山弁★キュンとくる方言のセリフ10選」と言う事でご紹介させて頂きましたが、皆様、キュンとなって頂けましたでしょうか?(笑)

普通の関西弁とは違って、少し訛りがキツい和歌山弁ですが、違う地域の人からすればあまり違いが無いらしいです。しかし、同じ関西圏の人から言わせればちょっと訛っててカワイイと言われる事が多い和歌山弁ですので、男性的な強い雰囲気より、女性的な柔らかい雰囲気の言葉が多いように思います。勿論これだけが和歌山弁では無いので、興味が有る方は是非調べてみて下さいね。

男らしい和歌山弁★キュンとくる方言のセリフ10選
①「わえ、おまんの事好きやいしょ!!」
②「そんなん心配しやんでも、わえに任せてけーよ。」
③「わえが奢っちゃるさけ、一緒に飯でもいこらよ。」
④「久し振りやいしょ!!生きちゃあったか?」
⑤「アジ釣り行ったらがいに釣れたさけにちょっとわけちゃらそぉ。」
⑥「おまん、なかなかかえらしわいしょ。」
⑦「そこへ行きたいんやったらわえが連れちゃらそぉ。」
⑧「ゆっくりやったらエエんや。そんなにあわてへな。」
⑨「わえはAちゃんよりBちゃんしか好きやいしょ。」
⑩「今日はは1日楽しかったいしょ。ほないんでくら。」