茨城県人が方言で怒ってる!要注意の茨城弁10選喜怒哀楽は、方言の方が表しやすいといいます。でも、もしその土地に行って方言で怒られていたとしても、気づくことができなかったら、楽しいはずの滞在もイヤな思い出が残ってしまいますよね。

今回は、茨城弁での怒りの言葉を見ていきます。このセリフが出てきたら、無用な反発や煽りは禁物ですよ!それでは、茨城県人の超危険な茨城弁をご確認ください!

 

茨城県人が方言で怒ってる!超危険な茨城弁10選

 

超危険な茨城弁①「おめぇはあがっぺただがんな!」

方言の意味:お前は最高にへたくそだからな!

「あがっぺた」は、へたくそ、それも最上級の意味で使われています。手先の不器用な職人、やぶ医者なんかに使われることが多く、「そこはあがっぺただから頼めねー」なんて近所中の噂になっている、などということも。

茨城人に何かを頼まれたら、「あがっぺた」だなどと言われないように丁寧な仕事をしたいところですね。

超危険な茨城弁②「あんな目にあっていーきびだ!」

方言の意味:あんな目にあっていい気味だ、ざまあみろ!

いい気味、ざまあみろ、という意味で「いーきび」と言います。別に、鼻がつまっているわけではないのですが。

茨城人が怒りにかられてこんなことを言っていても、煽ってはいけません。怒りっぽく、かつ忘れっぽくもある気質なので、いつの間にかあなただけが悪い人になっているかもしれませんよ。

超危険な茨城弁③「そんないじくりこんにゃくしたって、いぎもねえ」

方言の意味:そんなあれこれやりすぎたって、意味がない

物事をあれこれいじくり回すことを、「いじくりこんにゃく」と言います。蒟蒻は実のところ関係がありません。単なる語呂の良さで定着しただけでしょう。「いぎもない」は、意義もない、ということでしょうか。無意味だ、という意味で使われます。

超危険な茨城弁④「ごじゃっぺやってんじゃねぇかんな!しみじみやれ!」

方言の意味:いい加減なことしてるんじゃないからね!真剣にやれ!

「ごじゃっぺ」は代表的な茨城弁、だと筆者は思っていますが、「バカ」とか「いい加減」といった意味があります。

小学生の頃の筆者は、面倒くささに負けていい加減な掃除をして「このごじゃっぺ!」と先生に叱られていました。

「しみじみ」は標準語とはニュアンスが違って、茨城では「真剣に」「真面目に」といった意味で使われます。

超危険な茨城弁⑤「このうすらばかが!」

方言の意味:この大馬鹿者が!

これぞ、要注意の茨城弁です。テストに出るならマーカー必須です!「うすら」ばか、ですが、馬鹿が薄まっているわけではありません。それどころか実は馬鹿の最上級で、これを口にした茨城人はかなりアタマにきています。口ごたえは禁物、素直に謝るのがお互いのためですよ。

超危険な茨城弁⑥「このいしゃらが、何言ってんだ?」

方言の意味:わけわからない、何言ってるんだ?

「いしゃら」も要注意の茨城弁。「医者」の複数形ではありません。共通語にすると「馬鹿」「分からず屋」といったところでしょうか。意見の合わない人を見下すニュアンスがあります。

前向きな議論ならいいのですが、相手をけなす言葉が出てきたらただのケンカです。売られたケンカは買わず、こう言われてしまったらどうにか話の軌道を元に戻せるようにあなたからリードしてみて下さい。

超危険な茨城弁⑦「人の話そそらそっぽに聞いてんじゃねぇ!」

方言の意味:人の話を上の空に聞いているんじゃない!

「そそらそっぽ」は、いい加減に、上の空に、といった意味です。かわいらしい響きですが、鳩ぽっぽではありません。

人の話を聞きながら、意識が別のところに、というのは誰しもあることです。素直に聞き直せば、きっと目の前の茨城県人も気を悪くせず答えてくれるはずですよ。

超危険な茨城弁⑧「きしょめ、あいつ、いじやけるな」

方言の意味:ちきしょうめ、あいつ、腹が立つ

「きしょめ」は、ちきしょうめ、といった意味です。怒りのあまり、フレーズが短縮されたみたいな印象ですね。

「いじやける」は腹が立つ、という意味。「意地」が「焼ける」と覚えたら、ニュアンスとしては伝わるのではないでしょうか。

もう、こうなったら相手に何か言ってもほとんどが無駄というもの。怒りが冷めるまでそっとしておくのが賢明ですよ。

超危険な茨城弁⑨「こったんねぇやつだな!」

方言の意味:ちょっとアタマの足りない奴だな!

「こったんない」は、小っ足りない、ということでしょうか。脳みそがちょっと足りない、というニュアンスで使われます。

言われた方は小馬鹿にされたみたいでカチンとくること必至でしょうが、言い返してもケンカになるだけ。さらっと受け流すか、「何がいけなかったの?」と聞いて大人の対応をするのが良いでしょう。

超危険な茨城弁⑩「このでれすけが!おれがびたつけてやる」

方言の意味:この愚か者が!俺が徹底的にやっつけてやる

「でれすけ」は賢くない人、どんくさい人にも使います。先生が生徒を注意するシーンで、「ごじゃっぺ」と並んでよく耳にしたフレーズです。

「びたつける」は、徹底的にこらしめること。ここまでくると、相手の茨城県人の怒りは相当です。素直に謝って、逃げて下さい。

 

最後に

茨城方言の怒りフレーズ、いかがでしたでしょうか?怒りっぽい、ヤンキーが多いというイメージが抱かれがちな茨城県ですが、根は優しい人ばかりです。飽きっぽく忘れっぽいのも茨城県民の特徴なので、怒りが長引くことがないのは救いかもしれませんね。

茨城県人が方言で怒ってる!超危険な茨城弁10選
①「おめぇはあがっぺただがんな!」
②「あんな目にあっていーきびだ!」
③「そんないじくりこんにゃくしたって、いぎもねえ」
④「ごじゃっぺやってんじゃねぇかんな、しみじみやれ!」
⑤「このうすらばかが!」
⑥「このいしゃらが、何言ってんだ?」
⑦「人の話そそらそっぽに聞いてんじゃねぇ!」
⑧「きしょめ、あいつ、いじやけるな」
⑨「こったんねぇやつだな!」
⑩「このでれすけが!おれがびたつけてやる」