男らしい長崎弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選みなさんは旅行に行ったとき、その地域の方言を聞いてドキッとしたことはありませんか?「女の子が方言を使っているのを見るとドキドキする」という声はたくさん聞きますが、意外と注目を浴びないのが男性の方言。そこで今回は男らしい長崎弁の方言告白のセリフをお届けします。男らしい方言の数々にキュンキュンしてください。

 

男らしい長崎弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選

 

長崎弁の告白① 「おいはだいよりもわいのことを好いとる」

方言の意味:俺は誰よりもあなたのことが好き

真っ直ぐストレートな愛の告白ですね。長崎では、「俺」のことを「おい」、「誰」を「だい」、「あなた」を「わい」と言います。「あなたはどう思っているの?」を長崎弁で言うと「わいはどげん思っとっとや」となります。言葉で聞くとなんとなく意味が伝わるかもしれませんが、文字で見るとどれがどれを指す言葉なのか混乱してしまうかもしれませんね。

長崎弁の告白② 「こっち来んね」

方言の意味:こっちおいで

胸キュンの定番ゼリフ「おいで」の長崎弁バージョンです。男の人に「来んね」と言われたら、「なんだろう」と思わず期待してしまいますよね。愛の告白なのか、はたまた何の気なしに呼ばれただけなのか、とても罪作りな言葉「来んね」です。

長崎弁の告白③ 「どこへでん、連れてってやるばい」

方言の意味:どこへでも、連れていってあげる

「新しく出来たあのカフェ行きたいなぁ」「オーストラリア行ってみたいなぁ」とひとりで呟いている時に、隣から言ってほしいそんなセリフです。「もしかして私の王子様?」とドキッとしてしまうのではないでしょうか。とても男らしさを感じるポイント高めのセリフですね。

長崎弁の告白④ 「ずんだれた格好もよかね」

方言の意味:だらしない格好もいいね

長崎では「だらしない」を「ずんだれた」と言います。サイズが大きい服を着ていたりなんかすると、よくお母さんに「なんかずんだれとんね」と言われたものです。だらしない格好を見せてもいいくらい心を許した男の人からしか発せられないこのセリフ。その関係性にキュンキュンしてしまいます。

長崎弁の告白⑤ 「もうぬっけど5分だけしゃべらん?」

方言の意味:もう寝るけど5分だけ喋らない?

長崎では「寝る」を「ぬっ」と言います。方言の聞き覚えがない人にとっては、小さい「っ」が入るのは少し違和感があるかもしれませんね。「食べる」を「たぶっ」と言うこともありますよ。寝る前に5分だけ喋るというこの胸キュンシチュエーション。「ぬっ直前に声ば聞きたかって思ってくれとっとね」と嬉しくなっちゃいます。

長崎弁の告白⑥ 「なんばしてもみじょか」

方言の意味:なにをしてもかわいい

真っ直ぐに「かわいい」と言ってくれる男の人は、女性から見るととても魅力的に見えますよね。長崎の中でも特に五島地方で使われる「みじょか」という方言。照れたようにボソッと言われる「みじょか」も、明るく天真爛漫に言われる「みじょか」も、どちらも素敵なみじょかです。

長崎弁の告白⑦ 「そげん上目遣いで言うのはこすか」

方言の意味:そんなに上目遣いで言うのはずるい

「こすか」は「ずるい」という意味です。兄弟でお年玉の量が違うと「お姉ちゃんばっかりたくさんもろうてこすかー!」と兄弟げんかが始まる一言ですね。「こすか」はあまりいい意味で使われる表現ではありませんが、使い方次第でこんなにもドキドキワードに変身します。

長崎弁の告白⑧ 「ちょっとさるこーで」

方言の意味:ちょっと歩こうよ

長崎では「歩く」を「さるく」と言います。これはお散歩デートのお誘いですね。いつも通っている道でも、好きな人が隣にいると歩くだけでワクワクするものですね。長崎は坂が多いので、ちょっとさるくだけでも結構な体力を消費します。長崎をデートでさるくときは要注意ですよ。

長崎弁の告白⑨ 「好きな気持ちのいっちょん変わらん!」

方言の意味:好きな気持ちが全く変わらない!

これは愛を打ち明ける告白のセリフというよりも、愛を改めて感じる告白のセリフかもしれません。自分の好きな人にこんなことを言われたら、とっても嬉しいですよね。どんなに月日が経ってもラブラブで居続けられるふたりでいたいものです。

長崎弁の告白⑩ 「おいの前ではそげんぎばらんちゃよかと」

方言の意味:俺の前ではそんなに頑張らなくていいよ

シチュエーションによっては、涙が流れそうなこのセリフ。長崎では「頑張る」を「ぎばる」と言います。運動会でお母さん達が、我が子に向かって「ぎばれー!」と叫んでいるのも長崎ではよく見かけますよ。ぎばらずにいられる相手と過ごす時間は、とても心地いいものですね。

 

 

最後に

いかがでしたか?キュンキュンしていただけたでしょうか?実際に長崎に住んでいると、今回紹介したようなガッツリ訛った方言は正直あまり聞きません。筆者自身も「意味はわかるけど、日常ではなかなかここまで訛らないかなぁ」と感じます。その地域のことが色濃く出る方言というものがなくなっていってしまうのは寂しいことですので、今回の記事を通じて「長崎弁っていいなあ」と思ってもらうことが、これからも長崎弁を守り続けていくための第一歩になればと思います。

男らしい長崎弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選

① 「おいはだいよりもわいのことを好いとる」
② 「こっち来んね」
③ 「どこへでん、連れてってやるばい」
④ 「ずんだれた格好もよかね」
⑤ 「もうぬっけど5分だけしゃべらん?」
⑥ 「なんばしてもみじょか」
⑦ 「そげん上目遣いで言うのはこすか」
⑧ 「ちょっとさるこーで」
⑨ 「好きな気持ちのいっちょん変わらん!」
⑩ 「おいの前ではそげんぎばらんちゃよかと」