一宮名物グルメ①絶対に食べて欲しい一宮モーニング「カフェボヌール」

全国的に喫茶店が多い一宮市は「一宮モーニング」に力を入れています。メニューのリニューアルやおもてなし精神が盛んなオーナー達は、毎年開催している「一宮モーニング博覧会」に全身全霊を込め、お客さんの笑顔、サプライズを日夜考えているんです。

今回はオーナーの情熱が注がれ日々進化している一宮のモーニングとジモティに愛されている一宮のおすすめ名物グルメをお届けします。

 

愛知県は一宮の名物グルメ★地元民おすすめ10選

 


一宮名物グルメ①絶対に食べて欲しい一宮モーニング「カフェボヌール」

一宮名物グルメ①絶対に食べて欲しい一宮モーニング「カフェボヌール」参照(https://tabelog.com/aichi/A2302/A230201/23063578/)
コーヒーを頼むと、シェフの帽子のかたちをした美味しい手作りパンが付いてくる「カフェボヌール」のモーニング。ボヌールとはフランス語で“幸運”を意味します。マーガリンと小倉を付け、ジモティの食べ方でいただきましょう。小倉を付けたパンは雑味のないコーヒーに良く合います。このパンは数量限定なので売り切れすることも。7:30の開店に合わせて急げ~~~。

一宮市萩原町串作字天井17-1
萩原駅から680m

一宮名物グルメ②絶対に食べて欲しい一宮モーニング「ありすかふぇ」

ローカルTV番組「PS純金」で取材を受けた人気店。380円のぜんざいモーニングを頼むと「ぜんざい、味噌汁、コーヒー」の3汁モノが出てきます。お腹チャポチャポ!これだけでも驚きですが、ありすかふぇには更なる秘密兵器がありました。

なーんと、ビンゴカードで抽選に参加できるのです。商品は日用品から家電まで幅広く、オールビンゴした人には「現金のつかみ取り」に挑戦できる!大人なら軽く、7000円ほどすくえるらしい。カフェというよりも、おもてなし精神旺盛で、ゲストを楽しませる、アミューズメントパークのようなカフェです。

一宮市奥町蘇東72-1
「奥町駅」から徒歩約15分

一宮名物グルメ③モーワングランプリ銀賞の実力「ココロカフェ」

市街地から少し離れたところにある「ココロカフェ」。大人気のリゾットを食べようと満席になることが多いので行列覚悟で行きましょう。

スペシャルモーニングセットには選べるリゾット3種とサラダ、ドリンクがついて、600~700円。お得感がありすぎます。選べる大人気のリゾットは、ハヤシリゾット、クリームリゾット、ミートドリア。パンの器へご飯を敷き詰め、たっぷり濃厚なソースを絡めていただきましょう。

一宮市千秋町佐野字郷西40-1
石仏駅から1,602m

一宮名物グルメ④味噌煮込み一筋100年以上の老舗「太田屋尾西店」

一宮名物グルメ④味噌煮込み一筋100年以上の老舗「太田屋尾西店」参照(https://tabelog.com/aichi/A2302/A230201/23001809/)
メニューを下さいと店員さんに聞くと「メニューはありません、煮込みだけやっています」と威勢の良い声で応えてくれる太田屋尾西店です。メニューは、味噌煮込みうどん、トッピング、ごはん、お酒、これだけでして。シンプルすぎるけど、味噌見込みうどんにかける情熱を感じる、余計なもので装飾する必要のないうどん。土鍋ではなく、丼で提供されるのも、粋を感じます。

一宮市開明三味北−14
開明駅から513m

一宮名物グルメ⑤コスパの良いステーキ丼「ステーキ茶屋なにがし」

一宮名物グルメ⑤コスパの良いステーキ丼「ステーキ茶屋なにがし」参照(https://tabelog.com/aichi/A2302/A230201/23054230/)
一宮駅から歩いて10分のところにある、特別な日に特別な人とご飯を!と考えている人へ “こっそり”教えたくなるお店です。7Fにあるので、分かりにくいかもしれませんが、隠れ家のような雰囲気が魅力的!

おすすめのステーキ丼は1500円。目の前の鉄板で焼いてくれる、パフォーマンスも特別感があってステーキッ。赤み肉の旨さを思う存分味わえる、お店です。

一宮市本町3-3-4 本町ビル 7F
尾張一宮駅から406m

一宮名物グルメ⑥チャレンジグルメ感が強いメンチカツ御膳(特大)「藤原亭」

揚げ物屋さんの香ばしく旨い匂いが漂う「藤原亭」。このお店の看板メニューはお皿からはみ出る特大メンチカツです。しかもご飯とキャベツが食べ放題と聞けば、お腹を空かせた学生さん、スタミナを注入したいサラリーマンが飛びつくサービス!全国の劇盛りチャレンジャーのみなさん、「藤原亭」に集結です。

一宮市多加木1-23-16 メゾンパークサイド 1F
一宮駅から車で10分

一宮名物グルメ⑦地元食材をふんだんに使用した一宮弁当番長「ワタベン」

地元の食材で大手と差別化をはかっている街のお弁当屋さん。一宮市を中心に配達もしてくれるので、慶弔関係、町内の集会、会合、オフィスに引っ張りだこなんです。

尾張一宮西成弁当1200円は“いちのみやなす”“いちのみやねぎ”を使用し、地元のお惣菜やさんの自慢の一品が幕の内弁当の中に詰まっています。地元産の高級米が入っていて、このお値段は、価格破壊です。

一宮市小赤見字秋吉15-1
尾張一宮駅から3,445m

一宮名物グルメ⑧チーズナンが最高においしい「サガルマータ」

一宮名物グルメ⑧チーズナンが最高においしい「サガルマータ」参照(https://tabelog.com/aichi/A2302/A230201/23008610/)
焼きたてチーズナンお目当てに、遠くから来る人が多いネパール料理のお店です。本格的でスパイシーなカレーとよく合うナンがセットになった、日替わりランチ(平日のみ)はサラダ、スープ、本日のカレー1種、焼きたてナンがついて750円。プラス100円でドリンクをつけることもできます。本格的なカレーとナンが食べたいと思ったら、サガルマータへ急ごう。

一宮市富士2-14-3
尾張一宮駅から1,839m

一宮名物グルメ⑨ナッツが香ばしい、汁なし坦々麺「虎玄」

一宮名物グルメ⑨ナッツが香ばしい、汁なし坦々麺「虎玄」参照(https://tabelog.com/aichi/A2302/A230201/23062466/)
ナッツの香ばしい匂いが、麺をすすると鼻から抜ける感じがなんとも良い、「虎玄」の汁なし坦々麺。モチモチした太麺はずっしりお腹に来ます。ゴマの効いたスープはクリーミーでコクがあって、女性が大好きなお味。

辛い料理が食べたい人は土鍋麻婆豆腐を食べてみませんか。辛旨な唐辛子と山椒に刺激をうけつつ、ホットな豆腐は汗を誘います。

一宮市東島町1-5-3 1F
西一宮駅から2,119m

一宮名物グルメ⑩和菓子屋さんが手がける本格和パフェ「御菓子司 亀屋」

一宮名物グルメ⑩和菓子屋さんが手がける本格和パフェ「御菓子司 亀屋」参照(http://www.kame-ya.net/index.html)
お持ち帰りの和菓子を販売している老舗の和菓子屋さんにイートスペースが3席あります。

ここで食べられるのが、名物の”木曽川パフェ”寒天、白玉だんご、わらび餅、アイスは抹茶とバニラから選べます。清流木曽川の水と、川べりにある小石、苔を抹茶で表現した芸術性の高いパフェ。小ぶりなので、小腹が減った時にちょうど良い大きさで、見てよし、食べてよしな本格和パフェです。

一宮市木曽川町黒田字北宿二の切52
黒田駅から601m


 

最後に

みなさん、いかがでしたか?一宮の名物グルメ、ジモティの舌を虜にするお店ばかりをご紹介しました。モーニング発祥の地として有名な一宮で、お腹慣らしにモーニングを食べ、ジモティ化してみませんか。次に食べたくなるお店はお腹が教えてくれることでしょう。迷ったら、モーニングを愛してやまない、常連さんに聞いてみるのも楽しいと思います。

愛知県は一宮の名物グルメ★地元民おすすめ10選

①カフェボヌール
②ありすかふぇ
③ココロカフェ
④太田屋尾西店
⑤ステーキ茶屋なにがし
⑥藤原亭
⑦ワタベン
⑧サガルマータ
⑨虎玄
⑩御菓子司 亀屋