1位不動の人気店!ひつまぶしを商標登録している「あつた蓬莱軒」

蓬莱軒のひつまぶし
名古屋で食べるべき「ひつまぶし」をランキング形式でお届けします。各地へ広がったひつまぶしですが、本場の名古屋で食べるひつまぶしは何処かひと味もふた味も違います。

串打ち3年、裂き8年、焼き一生と言われる愛知県名古屋で受け継がれる熟練の技。一杯目は普通に、二杯目は薬味を乗せて、締めはお茶漬けで、どえりゃー旨いひつまぶしを本家本元で味わいませんか?

今回は愛知県は名古屋の地元民おすすめひつまぶしランキングです。

 

名古屋のひつまぶしランキング★地元民おすすめ10選

 


10位「しら河」ふっくら鰻と肝焼きが絶品の老舗

行列が絶えない老舗として有名な「しら河」。常連さんはこぞって「しら河のひつまぶし」を「上ひつまぶし」にランクアップし、プラス200円払い、肝いりにする人が多いんです。ふっくらとした鰻は申し分なしの旨さ、横に添えられた香ばしい鰻の肝が最高。ほろ苦い肝はお酒がすすみます。箸休めとして、肝を食べなきゃもったいない。

【住所】名古屋市西区城西四丁目20-12
【アクセス】地下鉄浄心駅2番出口より徒歩2分

9位「西本」世界進出店が修行したお店で「あんかけひつまぶし」を

9位「西本」世界進出店が修行したお店で「あんかけひつまぶし」を参照(https://tabelog.com/aichi/A2301/A230110/23001035/)
あの「ひつまぶし備長」の創業者社長がここ「西本」で修行をしています。世界へ進出するひつまぶしの味はここで引き継がれました。ここのおすすめは「あんかけひつまぶし」最後まで温かいまま食べてもらうために、餡をつけた出汁が用意されています。アツアツの伊賀産コシヒカリの上に、備長炭でじっくり焼いた香ばしい鰻が載せられ、あまりの美味しさに誰も物も言いません。そのくらい美味しすぎておしゃべりすることも忘れてしまうんです。「あんかけひつまぶし」

【住所】名古屋市東区山口町16-14
【アスセス】名鉄瀬戸線/木下駅から徒歩約10分

8位「かが味」癖になるウナギ雑炊は食べなきゃもったいない

8位「かが味」癖になるウナギ雑炊は食べなきゃもったいない参照(http://www.unagi.org/meiten/28.htm)
「抹香うなぎ」と言われる、特別な養殖ウナギを使っています。このウナギは洋深層水を脱塩処理した超軟水を飼料に含ませて育てられ、肉厚で肉質が柔らかく、非常に香り高いのが特徴です。この肉厚のウナギに合う、甘いダレとパリパリの皮のウナギはジューシーで旨い。変わり種「ウナギ雑炊」はここでしか味わえない一皿。ごはんにウナギの甘ダレが染み込み、絶品です。この味が忘れられず、遠方から訪れる常連さんも多いそうです。

【住所】名古屋市熱田区旗屋2-28-3 タネムラビル1F
【アクセス】神宮西駅4番出口 徒歩1分

7位ひつまぶしの元祖「いば昇(しょう)」l香ばしさピカイチのひつまぶし

焦げる寸前まで焼いた、固焼きウナギのお店です。蒸しをしないので、ふっくらウナギっを食べたい人はちょっと違和感があります。香ばしいウナギが好きな人は「いば昇」さんがオススメ。この「いば昇」は栄の奥座敷といった雰囲気。網代天井に、中庭の鯉。接待や記念日にぜひ利用してほしいお店です。

【住所】名古屋市中区錦3-13-22
【アクセス】栄駅徒歩3分

6位「まるや天白本店」160年続く伝統の味をお持ち帰りしよう

160年の伝統を受け継ぐ秘伝のタレで焼き上げる、ウナギ。何年も継ぎ足して作られるため、タレに角がなく非常にまろやかなんです。ここは落ち着いた空間で定評のお店。モダンな店内でいただく、ひつまぶしは最高の贅沢です。この味わいは持ち帰ることもできます。ウナギの白焼き、ウナギのお弁当を自宅でも味わってみませんか。

【住所】名古屋市天白区植田西3-1212 サンスカイル植田1F
【アクセス】塩釜口駅 徒歩5分

5位「ひつまぶし備長」全国にファンがいる名古屋を代表する名店

備長炭を知り尽くした職人さんが、ウナギごとに焼き方を変えて仕上げているひつまぶしです。外はカリカリ中はふっくらで、ウナギの持ち味を最大限に生かす焼き方。炭の遠赤外線と燻しのダブル製法で最高のひつまぶしが味わえます。スカイツリータンウンにも出店していて、長蛇の列でした。全国に広まる「ひつまぶし備長」本場の味をここ名古屋で食べてみませんか。

【住所】名古屋市中村区椿町6番9号先 エスカ地下街内
【アクセス】JR名古屋駅すぐ

4位「うな富士」アンジャッシュ渡部も訪れた幻の天然ウナギを食べよう

梅雨から秋の期間限定で四万十川で育った天然ウナギが食べられる数少ないお店。この時期を見計らって来店する常連さんも多いんです。「うな富士」はこだわりぬいた、三河一色産のウナギを使い、タレにくどざがないひつまぶし。適度に脂が抜けあっさり味なんです。

【住所】名古屋市昭和区白金1-1-4 プレザント白金1F
【アクセス】鶴舞駅 徒歩8分

3位絶対行きたい。週末は2時間待ち覚悟のお店「イチビキ」

丼ぶりにたっぷりのウナギを乗せてくれる、サービス旺盛のお店。丼ぶりの蓋からはみ出たウナギが何とも言えません。他の店に比べるとウナギが多く感じますね。はみ出たウナギはタレが飴色に焼け、この香ばしい色合いが何とも食欲をそそられる、並んででも食べて欲しい、地元民おすすめのひつまぶしです。

【住所】名古屋市中村区名駅南1-3−16
【アクセス】名古屋駅から徒歩15分

2位「鰻木屋」江戸時代から続く、特注の漆塗りの器が印象的なお店

江戸時代後期から続く、地元で有名な名店です。特注の漆塗りの器を使った赤い「おひつまぶし」は貫禄充分。濃厚な甘ダレに中毒者が続出しています。甘ダレを生かすウナギは、井戸水で泳がせ、生きのいいうちにさばくこだわり。このひと手間が生臭さを消すポイント。出来上がりに時間を掛けた最高のひつまぶしです。

【住所】名古屋市東区東外堀町11
【アクセス】東大手駅から徒歩約3分

1位不動の人気店!ひつまぶしを商標登録している「あつた蓬莱軒」

あの紀州備長炭を使い丁寧に焼き上げる究極のウナギは、どの店にもまねできない一級品。地元民も認める、名古屋で№1のお店です。一度食べたら、忘れられないひつまぶし。ローカルTVもこぞって取材に訪れる、名店中の名店。熱田神宮の門前町にあるため、参拝の帰路「あつた蓬莱軒」によるお客さんも多く、いつ行っても満席。行列覚悟で名古屋が誇る、ひつまぶしをご堪能下さい。

【住所】名古屋市熱田区神宮2-10-26
【アクセス】伝馬町駅 徒歩3分


 

最後に

みなさん、地元民おすすめのひつまぶしランキングはいかがでしたか?お店独自の仕入れ、焼き、タレ、器、雰囲気と個性があり、唯一無二のメニューばかりで食欲をそそります。香ばしい匂いに誘われ、気づいたら店の前だったと…そんな人もいるようです。今や全国、世界へ進出していますが、やはり本家本元の名古屋で、風情ある店内で名古屋弁をBGMにひつまぶしをご賞味下さい。

名古屋のひつまぶしランキング★地元民おすすめ10選

①しら河
②西本
③かが味
④いば昇(しょう)
⑤まるや天白本店
⑥ひつまぶし備長
⑦うな富士
⑧イチビキ
⑨鰻木屋
⑩あつた蓬莱軒