京都府危険心霊スポット★絶対に行ってはいけない10選 安井金比羅宮安井金比羅宮 by momo
長くて濃い歴史のある京都府には、華やかな時代もあれば、殺人が横行する暗い時代も有りました。歴史に根付いた恨みや無念が渦巻く、地元民すら近寄らない心霊スポットは「本当に危険」です。

今回は、歴史がある京都ならではの危険な心霊スポットを一挙にご紹介しましょう。本当に危険ですので、面白半分の肝試しは禁止ですよ!絶対に行ってはいけないですよ…。

 

京都府危険心霊スポット★絶対に行ってはいけない10選

 


京都府危険心霊スポット①運試しではきかない恐怖の黒い穴「清滝トンネル」

京都市内では有名なトンネルです。普通の2車線のトンネルとは違い、小さなトンネルが入り口に向かいまっすぐの1本道が伸びています。走って向かうとその黒々としたトンネルの口が迫ってくるのですが・・・問題は入口手前にある信号機。

それが赤になっていったん停止し、トンネルに入ると問題はありませんが、走って向かううちに信号機が赤から青に変わり、停車せずにトンネルに入ることになると・・・必ず絶叫覚悟の霊体験をするという最恐スポット。

通過した後に窓に手形が、などと言うのは序の口で、トンネル内では四方から押し寄せる霊に発狂した人もいるそうです。

京都市右京区嵯峨清滝深谷町

京都府危険心霊スポット②背筋凍る廃墟「笠置観光ホテル」

京都府の南、奈良県との県境に近いところにある心霊スポットです。この国道163線旧道にある大きなホテルの廃墟は、経営難で廃業してからというもの不穏な話に事欠きません。特にオーナーが焼身自殺したという噂もあり、ホテル内部には怨念が渦巻いているようです。

また、屋上まで上がるとかつての機械室の近くで女性の霊に遭遇することが多く、霊感のある人は長く滞在できない恐ろしい廃墟ホテルなのです。

京都府相楽郡笠置町
国道163線沿い

京都府危険心霊スポット③歴史があなたを襲いにくる「首塚大明神」

京都市内から老の坂峠に向かい、旧峠を少し京都市側に入ったところにある「首塚大明神」。ここは平安時代初期に酒呑童子退治が行われ、その首が埋められたという逸話が残る歴史的スポット。

そしてこの神社は鳥居をくぐるとその霊気に鳥肌が立ち、霊感の無い人でも気味悪さに気付くというので、古来からのパワーは計り知れません。そして、夜中に峠を通るとうつむいた女性の霊に遭遇する確率が高いと言います。ドライブで走る際には注意しましょう。

京都市西京区大枝沓掛町
京都縦貫自動車道

京都府危険心霊スポット④霊道になっていると評判「厨子奥トンネル」

このトンネルの手前の壁に観音様が描かれているのに注目です。この観音様に落書き・いたずらをした者は、必ず体調不良になるという噂です。ただ気分が悪くなるだけなら良いのですが、中には原因不明の精神病になった人もいるそうです。

またトンネル近くには無縁墓地があり、そのせいかトンネル自体が霊道になっているそうです。雰囲気だけでも恐ろしいトンネルですが、ここは徒歩でも行くことができるので肝試しスポットとしても有名。しかし決して遊び半分で行ってはいけませんよ。

京都市御陵岡ノ西町27

京都府危険心霊スポット⑤絶対に深夜に行ってはいけない「船岡山」

その昔は葬送の土地だったことから、京都でも「霊気漂う」場所とされています。

また、応仁の乱の際には戦場となっており、まさに無数の霊魂がこの山に漂っているのです。そのせいか首吊りの名所でもあり、昭和59年には警官射殺事件が起こるなど不穏な事件は絶えません。

日中はハイキングも可能な市内の小さな山ですが、深夜に山に入ると誰とも知れない足音に追いかけられるとか・・・。夜中には決して行ってはいけない場所です。

京都市紫野北舟岡町船岡北通
地下鉄鞍馬口駅から徒歩15分

京都府危険心霊スポット⑥地元民も近寄らない「あみだババアの池」

この池で水死した老婆の霊が子供を追いかけるという噂が絶えず、近隣の小学生の間で恐れられている場所です。

また子供の間では「池の奥の藪の中に老婆の墓がある」と知られていましたが、大人が近づくことを許さなかったため実際に行った人は少ないとか。特に雨の降る夕方以降に目撃情報が多い心霊スポットです。

京都府京田辺市田辺平38

京都府危険心霊スポット⑦霊能者もノックアウトされる「花山洞(花山トンネル)」

入口が植物に覆われて、いかにも何か起きそうな雰囲気のトンネルです。東山トンネルの上にある歩行者専用の隧道のため、心霊情報が多くあります。

またここはその上に火葬場があることから、霊魂や怨念の数が半端ないということでも有名な心霊スポットです。そのため、テレビなどでも多く取り上げられましたが、放送禁止になった映像も多いとか・・・。

大昔は処刑場もあったという場所ですから、見えない力に取り込まれてしまうこともあるようです。安易に行かないようにしたい危険スポットのひとつです。

京都市山科区上花山旭山町

京都府危険心霊スポット⑧引きずられないよう注意「梅ノ木踏切」

向日市にある、阪急東向日駅に近い何の変哲もない小さな踏切です。しかしここは、異常に飛び込み自殺や事故が起きる、不吉な踏切。その脇には常に献花がされているということで、地元の人の間でも「事故の多い場所」として有名です。

どうやら、ネガティブな気持ちの人が引きずられていくパワーが凄いらしく、悩みながらこの踏切を渡ることはやめた方が良さそうです。

京都府向日市寺戸町二枚田4

京都府危険心霊スポット⑨事故にはくれぐれも注意「狐坂」

風光明媚な宝ヶ池周辺は観光スポットでもありますが、車で行く際に「狐坂」「宝ヶ池トンネル」を通るなら注意です。

ここは地元民の間でも有名な心霊スポット。まずかなり急なヘアピンカーブでの事故が多発していること。そして事故の原因として「若い女性と老婆の霊が道に立っている」「バックミラー越しに落ち武者の霊が見えた」などの目撃情報が絶えないこと。走っていて気持ちの良い坂道ではありますが、特に夜中にはくれぐれもご注意を。

京都市左京区松ヶ崎狐坂

京都府危険心霊スポット⑩生霊の怨念が恐ろしい「安井金毘羅宮」

最近はパワースポットとしても有名な安井金毘羅宮ですが、そもそも悪縁切の力が半端なく強い神社です。ネガティブな願いが境内に渦巻くため、カンの強い人はそのエネルギーを吸って気分が悪くなります。

絵馬や手形には「○○が死にますように」「××が離婚しますように」などのメッセージがずらり並び、人の怨念が心霊スポットを作っていることをまざまざと感じることができます。もちろん夜中には女性の霊の目撃情報も多いです。

しかし霊だと思ったら、実は生きた人間が怨念を持って彷徨っていた・・・こんなこともあるそうですが、こちらの方が怖いかも知れません。

京都市下弁天町70


 

最後に

どこをご紹介するか迷うくらいにたくさんの心霊スポットがある京都。観光の途中に何も知らずに立ち寄って気分が悪くなり、後から調べると危険な場所だった…なんてことも良く聞きます。安易な肝試しは命取りですので、近寄らないようにしたいですね。

京都府危険心霊スポット★絶対に行ってはいけない10選

① 清滝トンネル
② 笠置観光ホテル
③ 首塚大明神
④ 厨子岡トンネル
⑤ 船岡山
⑥ あみだババアの池
⑦ 花山洞(花山トンネル)
⑧ 梅の木踏切
⑨ 狐坂
⑩ 安井金毘羅