面白い佐賀弁★笑われちゃう方言のセリフ10選「がっぺむかつく!」この言葉を聞いたことがありますか。江頭2:50さんが登場シーンで必ず使うのですが、実は佐賀弁なのです!意味はもちろん「めっちゃ腹立つ!」

福岡の博多弁は有名ですが、隣の県である佐賀の方言を知っている方は少ないのではないでしょうか。面白くて笑われちゃう佐賀弁はたくさんあります。

本記事では、「面白い佐賀弁★笑われちゃう方言のセリフ10選」をご紹介いたします!

面白い佐賀弁①「バイキング行くと、いつもどっぺーすっもんね」

方言の意味:バイキングに行くと、いつもお腹いっぱい食べすぎるもんね

どっぺーという言葉にすごく気持ちがこもっています。ただのお腹いっぱいというよりも、もうこれ以上食べられなくて限界である状態を指して使います。バイキングで毎回はりきって頑張ってしまうおばさま達の決まり文句です。

面白い佐賀弁②「そがんこつばっかりゆって、おまえはふーけもんか」

方言の意味:そんなことばかり言って、あなたはおバカか

ふーけもんで馬鹿者という意味ですが、これは「ふぬけ」からきています。

実際にこの言葉を始めて耳にした時には、ふーけもんという言葉の響きが少し間抜けに聞こえました。口にしてみても、すごく力が抜ける感覚があり、直接馬鹿と言われるよりも若干やんわり感じます。でも実際これを言われたら馬鹿にされていることは間違いないので、お気をつけ下さい。

面白い佐賀弁③「そがんか服の色は、ちゃーがつかやん」

方言の意味:そのような服の色は、恥ずかしいよね

ちゃーがつかで恥ずかしいという意味になります。他県の方にはどのような意味か想像もつかない方言ではないでしょうか。でもこれを女の子が言うと、とても可愛いです。

面白い佐賀弁④「じいちゃんがトイレで『紙のなかぞー』って、おらびよるばい」

方言の意味:おじいちゃんがトイレで「紙がないぞー」って、叫んでるよ。

おらぶで叫ぶという意味になります。この言葉は佐賀県だけではなく、西日本の多くの県でも使うようです。祖母がよく使う言葉で、音が面白いので良く真似していました。

面白い佐賀弁⑤「こん席ば、とっとっと」

方言の意味:この席は、取ってるよ。

佐賀弁の特徴として、擬音語や擬態語のオノマトペを3回繰り返すというのがあります。他に「すーすーす」で風が吹いて足元が寒い時などに、すーすーするという意味です。また雨が降っている音を「ざーざーざー」と言ったり、急いでる様を「どんどんどん」と言います。

この「とっとっと」は語尾を上げると疑問形になるので、「こん席、とっとっと?(この席取ってるの?)」「うん、とっとっと(うん、取ってるよ)」「あー、とっとっとね(あー取ってるんだね)」と『とっとっと』だけで会話ができちゃうので、友達と遊んで言い合ったりしたものです。

面白い佐賀弁⑥「息子に『歯磨きせんね』ていうぎ、すぐちんにぐっ」

方言の意味:息子に「歯磨きしてね」と言ったら、すぐに逃げるのよ。

これは決して下ネタではありません!思わず笑いたくなりますが、本当に下ネタではないのです!

『ちんにげ』で逃げられちゃうという意味になります。一度聞くと使いたくなる方言ですよね。ぜひ子どもさんに使ってみてください。笑ってもらえるはずです。

面白い佐賀弁⑦床屋さんにて…「リーゼントにしてって言われても、あんだけハゲとっない、どがんでんされん」

床屋さんにて…リーゼントにしてといわれても、あれだけハゲてたらどうにもできないよ。

「どがんでんされん」でどうしようもないという意味になります。この「どがん」はどのようなという意味になるのですが、「どがん」がついている佐賀弁は結構あります。「どがんしよ(どうしてる)」とか「どがんどんなっさい(どうにかなるよ)」などです。

この言葉は若い人でもよく使うので、ネイティブ佐賀弁でない人にとっては敷居の低い方言で有難いです。

面白い佐賀弁⑧「縄跳びで三段跳びとか、ばらい凄かよ」

方言の意味:縄跳びで三段跳びなんて、超すごい。

「ばらい」でとてもの意味になります。「佐賀のがばいばあちゃん」という本がありますが、その「がばい」もとてもの意味になります。同じ意味ではありますが、「ばらい」の方がより意味が強調されます。本当に超が訳としては最も適しています。

仲間内など気心知れた間柄で、使われる方言になります。フォーマルの時には使わないようにしましょう。

面白い佐賀弁⑨「ビールの蓋ば歯で開きゅうでしたぎ、歯の折れたさ。よろいすっ」

方言の意味:ビールの蓋を歯で開けようとしたら、歯が折れたんだよ。まいったよ。

「よろいすっ」でまいった・驚いた・困るという意味になります。よろよろするほど参ったという事です。この言葉一つでフラフラして困っている様子の人を思い浮かべられるというのは、面白いです。

こういう言葉は標準語よりも方言の方が、より気持ちを込めることができます。色々な場面で使って欲しい方言です。

面白い佐賀弁⑩「お茶ば買おうとしたとけ、おしるこの出てきたさ、そいではらかいとんもんね」

方言の意味:お茶を買おうとしたんだけど、おしるこがでてきてさ、それで怒ってるんだよ。

「はらかいとる」はお腹が痒くて掻いている訳ではありません。腹を立てているのです。

これは怒っている時の言葉なので、冷静ではないですよね。それで普段は他県の方と話をする時は標準語を気をつけていても、腹かいてる時はそんな事は気にしてられないので、思わず使ってしまい相手がきょとんとなり恥ずかしかったという方は少なくないです。

 

最後に

笑われちゃう方言のセリフいかがだったでしょうか。佐賀の方言は面白い上に愛嬌があります。もし佐賀県出身の方と会う機会がありましたら、一つでも良いので使ってみてください。間違いなく喜ばれるでしょう。

面白い佐賀弁★笑われちゃう方言のセリフ10選

①「バイキング行くと、いつもどっぺーすっもんね」
 (バイキングに行くと、いつもお腹いっぱい食べすぎるもんね)
②「そがんこつばっかりゆって、おまえはふーけもんか」
 (そんなことばかり言って、あなたはおバカか)
③「そがんか服の色は、ちゃーがつかやん」
 (そのような服の色は、恥ずかしいよね)
④「じいちゃんがトイレで『紙のなかぞー』って、おらびよるばい」
 (おじいちゃんがトイレで「紙がないぞー」って、叫んでるよ。)
⑤「こん席ば、とっとっと」
 (この席は、取ってるよ。)
⑥「息子に『歯磨きせんね』ていうぎ、すぐちんにぐっ」
 (息子に「歯磨きしてね」と言ったら、すぐに逃げるのよ)
⑦「リーゼントにしてって言われても、あんだけハゲとっない、どがんでんされん」
 (リーゼントにしてといわれても、あれだけハゲてたらどうにもできないよ)
⑧「縄跳びで三段跳びとか、ばらい凄かよ」
 (縄跳びで三段跳びなんて、超すごい)
⑨「ビールの蓋ば歯で開きゅうでしたぎ、歯の折れたさ。よろいすっ」
 (ビールの蓋を歯で開けようとしたら、歯が折れたんだよ。まいったよ)
⑩「お茶ば買おうとしたとけ、おしるこの出てきたさ、そいではらかいとんもんね」
 (お茶を買おうとしたんだけど、おしるこがでてきてさ、それで怒ってるんだよ)