面白い青森の津軽弁★判読不可能な方言のセリフ10選

青森県の津軽弁って話している本人は普通だと思っているのに外の人からするとまったく理解できない言葉らしいですね。私は生まれも育ちも、今も津軽に住んでいるので「津軽弁がまったく理解できない」という感覚がありません。

若い人たちは、そこまでキツイ津軽弁を話していなくても、おばあちゃんおじいちゃんのキツイ津軽弁をきちんと理解できるんです。使わないのに耳だけは慣れているんでしょうね。なんだか不思議です。バイリンガルになった気分です。

今回は、青森県の津軽人以外は理解できない判読不可能な面白い津軽弁を紹介します。1つ覚えればこれであなたも津軽人の仲間入りかも!

 

面白い青森の津軽弁★判読不可能な方言のセリフ10選

 


面白い青森の津軽弁①さしねぐすれば、しからえるねろ

方言の意味:うるさくすれば、怒られるよ

「さしね」は「うるさい」 「しかる」「怒る」です。これを文にすることによって、語尾が少し変化しました。私のお父さんは厳しい人で、私が子供の頃このセリフをよく言われていました。

面白い青森の津軽弁②なんぼばっちゃうぬうぬしてらっきゃ。急いでらんだが?

方言の意味:すごくお婆ちゃんせわしないね。急いでいるの?

「なんぼ」は「すごく、とても」 「うぬうぬ」は標準語で一言で説明するには難しいですが、せわしなくせかせかしているような津軽人にとって「うぬうぬ」は擬音語の一つなのです。「~だが?」は語尾につけると疑問文になります。

面白い青森の津軽弁③なんぼこのゆあずましいなぁ

方言の意味:なんてこの湯(温泉)気持ちいいなぁ

「なんぼ」は「とても」「ゆ」は「温泉・お風呂」のことを指すので、前後の会話で意味を理解しなくてはいけません。「あずましい」は「気持ちいい・心地いい・ゆったりして落ち着く」という意味です。

この「あずましい」を使ってよく聞くのは「やっぱり家はあずましい」です。津軽人は「家はあずましいもの」と思っています。

面白い青森の津軽弁④あの人ただのえふりこぎだっきゃな!

方言の意味:あの人ただのカッコつけだよ

「えふりこく」が「かっこつける」という意味です。例えば小学生がブランドバッグなどもっていたら「あの子えふりこぎだ」と言われるでしょう。男性でも女性でも「えふりこき」は好かれないので、「えふりこき」と言われないようにしたいものです。

面白い青森の津軽弁⑤かっちゃや、この服かっちゃだや

方言の意味:おかあさん、この服裏返しだよ

「かっちゃ」という津軽弁には2つの意味があります。「かっちゃ」の意味をお母さんだけで覚えていれば、頭の中が「???」になります。何を言っているのかまったく理解できません。しかし、この言葉が言えれば津軽人から「おぉ~!津軽弁使いこなしてるね!」と言われるでしょう。

面白い青森の津軽弁⑥ちゃんとかましてがら食べへ

方言の意味:きちんとかき混ぜてから食べなさい

「かきまぜる」が「かます」「食べなさい」が「食べへ」です。一気に言葉が短縮になっています。この辺の言葉は、なんとなく原型があるので、津軽人でなくても頑張れば理解できるかもしれません。かき混ぜて食べると美味しい納豆なんかは、ちゃんとかました方が美味しいです。

面白い青森の津軽弁⑦どんだんずや。ちゃんとさねが!

方言の意味:どうなのさ。きちんとしなさい!

「どんだんず」は「どうなのさ・何をするのさ」と、態度があいまいできちんとしていないときにいいます。大人が駄々をこねてる子供に対して言うことが多いです。

面白い青森の津軽弁⑧ゆぎとげでらどご歩いたら、すぱねあがったじゃ

方言の意味:雪が溶けているとこ歩いたら、泥がはねた

雪が降る地域だからこそ「すぱね」はよく使う言葉です。雪解けの場所を歩くと、泥が背中に跳ねたりズボンの裾につくことを「すぱねあがる」と言います。ズボンの裾などは「すぱね」があがっていても気づきずらいので、冬になったら注意しないといけません。

面白い青森の津軽弁⑨そったに携帯ちょして何おもしれんだば

方言の意味:そんなに携帯いじって何が面白いの

「いじる」は「ちょす」です。これは、若者の間でもすごく使う言葉です。この言葉は、親が子供に言うのではないのでしょうか。今の時代スマホを片手に離さずひたすら何かをしているのでで、ついつい聞きたくなっちゃいます。

面白い青森の津軽弁⑩わのわらはんど、なんぼおめだぢさめやぐかげだじゃ

方言の意味:私の子供たち、すごくあなたたちにご迷惑おかけしました

「わ」は「私」、「なんぼ」は「とても」、「おめだぢは」は「あなたたち」、「めやぐ」は「迷惑」です。全部が平仮名+濁音でまったく原型もなく理解できないですよね。これを聞き取れ理解出来たら津軽弁マスターも遠い未来の話ではないでしょう!


 

最後に

津軽弁は奥が深いです。私は生まれも育ちも津軽なので、当たり前のように理解して話していますが、他の地域の方からすると全く違う言葉なのだろうなと思うと、なんだかちょっと鼻高々な気分です。これからも津軽弁を駆使していきたいです。そしてもっと多くの人に津軽弁を知ってもらいたいです。

面白い青森の津軽弁★判読不可能な方言のセリフ10選

①さしねぐすれば、しからえるねろ
②なんぼばっちゃうぬうぬしてらっきゃ。急いでらんだが?
③なんぼこのゆあずましいなぁ
④あの人ただのえふりこぎだっきゃな
⑤かっちゃや、この服かっちゃだや
⑥ちゃんとかましてがら食べへ
⑦どんだんずや。ちゃんとさねが
⑧ゆぎとげでらどご歩いたら、すぱね上がったじゃ
⑨そったに携帯ちょして何おもしれんだば
⑩わのわらはんど、なんぼおめだぢさめやぐかげだじゃ