青森は津軽弁の男らしい方言告白のセリフ10選

青森県の中には「津軽弁」と「南部弁」があり、津軽弁の方はとにかく早口で津軽弁を話さない人からするとまったく理解できない言葉です。「意味がわからない」「異国語話してるの?」という人もいます。

しかし、津軽弁を話している男性はとっても男らしく見え、言われるとドキっとする人もいるんです!津軽弁で男らしい告白をしてみたらどんな感じなのか紹介したいと思います。今回は青森県の津軽弁で男らしい方言告白をご紹介致します!

 

青森は津軽弁の男らしい方言告白のセリフ10選

 


津軽弁告白①わ、なのこと好ぎだはんで付き合ってけねが?

方言の意味:私あなたのこと好きだから付き合ってくれませんか?

津軽弁は本当に短いですね。これでもかというぐらい省略します。「わ」は「わたし」「な」は「あなた」です。3文字を1文字に変えてしまうなんて、もう何が何だかわけが分からなくなります・・自分の事を指す「わ」は老若男女問わず幅広い世代で使われる方言です。

津軽弁告白②好きなんだばって、わのことどうもっちゃ?

方言の意味:好きなんだけど、私のことどう思ってる?

津軽弁の特徴として頻繁に「だばって」が出てきます。「~だけど」という意味なのでこれを覚えうことで津軽弁の理解度が格段に上がります。

「どう思ってる」この言い方も津軽弁になると「どうもっちゃ」と、”おもう”の”お”の一言さえも抜けてしまいます。少しでも短く話したいとする津軽人の人柄が現れます。

津軽弁告白③わ、なのこと好きなんず

方言の意味:私、あなたのこと好きなの

いかにも若い子たちが言いそうな津軽弁です。軽い感じで言えるので照れずに言うことが出来るかもしれません。津軽弁を話してみたいと思っている人は、とりあえず語尾に「ず」をつけてみると津軽弁に聞こえます。「そうなんず」「どんだんず」「しらねぇんず」「~~したんず」と使われます。

津軽弁告白④なのこと好きなんだばって、どせばいい?

方言の意味:あなたのこと好きなんだけど、どうすればいい?

「どせばいい」と言っている次点で男らしさが欠けているかもしれませんが、津軽男子はシャイとも言われています。その分女性のほうが威勢が強く、大和撫子タイプではなく、なんでもガツガツと前に出るタイプが多いです。佞武多のように賑やかで威勢がいいです。

津軽弁告白⑤けやぐでねぐて、付き合いたいんだばって

方言の意味:友達ではなくて、付き合いたいです

津軽弁では「友達」のことを「けやぐ」と言います。中学生や高校生の間では頻繁に使われることばです。「わんどけやぐだよな」と言ったりします。「わ」が「わたし」の意味であるように「わんど」になると「わたしたち」という意味になります。


津軽弁告白⑥なのこと、たげめごいど思ってらんだいな

方言の意味:あなたのことすごくかわいいと思っているんだ

「な」は「あなた」、「たげ」は「すごく」、「めごい」「かわいい」になります。ここで出てきた「めごい」は年配の人がよく孫を見たときなんかに「なんぼめごいっきゃな」と言ったりしますが、若い人たちも「めごい」や「めんこい」を言います。

私の考えでは標準語で「かわいい」と言うよりも。津軽弁で「めごい」と言ったほうが本当に心から思って口にしてる気がします。

津軽弁告白⑦なの笑った笑顔がめごすぎで大好きだじゃ

方言の意味:あなたの笑った笑顔が可愛すぎて大好きだよ

今まで説明してきた単語を組み合わせた文です。笑顔が可愛くて好きと言われた女子はキュンとトキめくこと間違いなしです!

津軽弁告白⑧せばだば、わど付き合ってみねが

方言の意味:そしたら、私と付き合ってみませんか

「せばだば」は「そしたら」です。「みませんか」の5文字がみごとに「みねが」の3文字に変換になりました。そしてなんといっても津軽弁の特徴は口を大きく動かさなくても喋れてしまうということです。寒い地域なので、なるべく口を開けて言いたくなくて、言葉が変化していったと言われています。津軽弁をマスターするには、なるべく口を動かさないことを練習すればいいかもしれません。

津軽弁告白⑨わの好きな人しかへでけら。なだよ

方言の意味:私の好きな人教えてあげる。あなただよ

「教える」が「しかへる」になります。最後の一文字しか合っていないほど変形してます。これが津軽弁の脅威です。言葉がまったく原型をとどめないものがたくさん存在します。

ここで挙げている例文はある程度若者が使うような言葉なので理解できますが、お年を召した人になると、早口できつい津軽弁なので津軽に住んでいる若い人でもまったく理解できない人もいます。

津軽弁告白⑩わの好きな人なだばって、なもわの事好き?

方言の意味:私の好きな人あなただけど、あなたも私のこと好き?

上記で出てきた単語を組み合わせました。しあかし途中で「なもわの事・・・」と続けて「な」と「わ」がくると、1文字の単語が続いていてそれが1つの単語だと思ってしまうので聞いているほうは混乱するかもしれません。ひとつひとつ理解できれば、津軽弁で会話ができる日もそう遠くはありません。


 

最後に

津軽弁は本当に短い単語に訳されます。濁音も多くて、聞いている方は異国語だと思ってしまうのも無理はないですね。しかし、津軽弁を話している人たちは津軽弁を誇りに思っています。津軽弁だからこそ伝わる気持ちがあり、それを標準語に直すと同じ意味でも「なんだかニュアンスが違う」と皆言います。もしも津軽弁を話す機会があれば、標準語には訳せない津軽弁だからこそ伝わる気持ちを理解できる日が来ると思います。

青森は津軽弁の男らしい方言告白のセリフ10選

①わ、なのこと好ぎだはんで付き合ってけねが?
②好きなんだばって、わのことどうもっちゃ?
③わ、なのこと好きなんず
④なのこと好きなんだばって、どせばいい
⑤けやぐでねぐて、付き合いたいんだばって
⑥なのこと、たげめごいど思ってらんだいな
⑦なの笑った笑顔がめごすぎで大好きだじゃ
⑧せばだば、わど付き合ってみねが
⑨わの好きな人しかへでけら。なだよ
⑩わの好きな人なだばって、なもわの事好き?