青森県最強危険心霊スポット★行ってはいけない10選 恐山 記念碑恐山 記念碑

青森県は本州最果ての地です。そして伝説と歴史に彩られた、とってもミステリアスな地でもあるのです。

そんな青森県に、ハードな心霊スポットが無いわけはありません。聞いたことのあるあそこや、初めて聞く名前まで、今夜は一気に青森県の最強危険心霊スポットをご紹介します。怖がりの方は、夜に読んではいけません・・・。

 

青森県最強危険心霊スポット★行ってはいけない10選

 


青森県最強危険心霊スポット①誰もが知っているあの山「恐山」

日本三大霊場としてその名をとどろかせる恐山。名前からしてすでにおどろおどろしいですね。死者の霊が訪れる山として有名で、下北半島の人は「死んだらお山さ行ぐ」と言いこの山を信仰してきました。霊感のある人には数万のあの世の人の姿が見えると言います。特に冬季の閉山期間の心霊体験が多いです。

また死者を呼ぶ「イタコ」も、本当に力のある人は人の前には姿を現さないとか・・・。観光で行った人も、決して三途の川の石を持ち帰ってはいけません。確実に霊がついてきます。この世とあの世をつなぐ霊界のボーダー恐山は、生半可な心霊スポットではありません。

JR「下北」駅から下北交通バス恐山行き
(11月~4月の冬季は運休)

青森県最強危険心霊スポット②岩木山麓の有名廃墟「スペース21」

恐山に続いては岩木山です。青森県屈指の霊峰でもある岩木山麓は、信仰の対象であると同時に心霊スポットが多いエリア。

中でも有名なのが、岩木山環状線沿いにある廃墟「スペース21」です。中途半端に取り壊された館内は、心霊現象が多くこれ以上手が付けられないとか。自殺したオーナーの怨念に引きずられた人の霊魂が渦巻いていると言う、最恐の廃墟です。

青森県弘前市大字百沢
岩木山環状線沿いの看板が目印

青森県最強危険心霊スポット③引きずり込まれないよう注意「城ヶ倉大橋」

絶景で知られ、多くの観光客で賑わう城ヶ倉大橋。しかしこの大きな橋の高さは122mあり、自殺者が絶えないという不吉な橋です。夜中にこの橋から下をのぞき込むと、自殺者の霊に引きずり込まれてしまうと言う評判で、地元民も夜には近寄らないとか。

そして、この橋ができる前にも土地的に「不吉な出来事」が多く起きていたと言うことなので、場所の気自体が良くないのかも知れません。安易に橋の下を覗き込まず、まずは地元の人に話を聞いてみてはどうでしょうか。

青森県青森市荒川南荒川山
国道349号線

青森県最強危険心霊スポット④見た目のインパクト最強「カローラ山荘」

東北屈指のディープスポットに潜ってきました #廃墟 #カローラ山荘 #八戸

A post shared by しーぶーやー (@shibuya1969) on

マニアには有名な、八戸市の「カローラ山荘」はかつて精神病患者の隔離施設であり、亡くなった患者たちの霊が彷徨っている場所と言われます。名前はインドの「加楼羅」から来ているらしく、山荘の周りには首なし地蔵や異国の神々の像などが散乱しているとか。

現在は所有者によって管理されており、近くまでは行けないこともあるようですが、夜の雰囲気はまさに最強で最恐。不用意に行くことの無いようにしてください。

青森県八戸市大久保大山

青森県最強危険心霊スポット⑤有名観光地に潜む霊たち「十和田湖」

風光明媚な観光地でもある十和田湖ですが、かつてダイナマイト心中があったことから心霊スポットとしても有名になりました。霊感の強い人は湖面に女性の顔や目玉を見ることが多いとか。また自殺者の死体は決して浮き上がって来ないとも言います。

そして、心霊現象はあの有名な乙女の像の近辺で見る人が多いというのも驚きです。また、近くにある十和田神社は恐山並みのパワーを持つ霊場であり心霊体験に事欠かない場所でもあります。

青森県十和田市大字奥瀬

青森県最強危険心霊スポット⑥危険度がかなり高いと噂「鬼屋敷」

八戸市から五戸市に向かう道の途中にある、かなり危険度の高い廃墟です。行った人は必ず体調を崩したり、事故に遭うという不吉な場所。敷地内は広く、人を寄せ付けないような雰囲気が漂います。

最恐なのは、壁いっぱいに貼られたお札です。これを見ただけで霊感のある人は失神してしまうとか・・・。また、以前この廃墟のお風呂で住民が自殺をしたということです。お風呂場には絶対に近寄ってはいけませんよ。

青森県八戸市大久保大山101

青森県最強危険心霊スポット⑦近寄るだけで怖い「三戸トンネル」

三戸トンネルの正式名称は「手倉橋隧道」と言い、全長144mの古いトンネルです。以前このトンネルで暴走族に暴行された女性が、近くの神社で自殺をしたという噂があり、女性の霊の目撃情報が後を絶ちません。

そのいわくつきの神社も近くにあり、知らずに立ち寄った人でもその異様な雰囲気に背中が寒くなってしまうとか・・・。トンネルの中で女性の霊が急に現れ事故が起きるトンネルです。注意しましょう。

青森県三戸郡五戸町大字手倉橋

青森県最強危険心霊スポット⑧楽園とは名ばかりの「喜和楽園温泉」

喜和楽園温泉は、八戸市にあった温泉施設です。県道134号線を走っているとオレンジ色の看板が目に付くことと思います。そこが目印。しかし管理者の見回りもあり、現在は内部までは入ることができません。

とは言え、放火で焼け落ちて放置され、ホームレスの遺体が見つかった、自殺のメッカである、などの不穏な噂は絶えず、近くまで行くだけでも背中が凍るスポットです。女性の姿が見えると言いますから、決してこの廃墟の窓から中を覗いてはいけません・・・。

青森県八戸市櫛引大吹張
県道134号線

青森県最強危険心霊スポット⑨雪の中の悲しい歴史「八甲田山」

八甲田山の雪の行軍の話はお聞きになったことはあるでしょうか。1902年に起きた、陸軍の歩兵隊が猛吹雪に巻かれ210名中199名が死亡した大参事です。その遺体は県道40号線沿いの雪中行軍安置所に安置されていました。そして雪中行軍の銅像の近くで心霊現象が起こりやすいとか。霊に憑かれた女性がいまだに入院していると言います。

その事件が無くても、そもそも八甲田山は霊山。遊び半分で行くと大変なことが起きるかも知れません。

青森県青森市荒川八甲田ゴールドライン

青森県最強危険心霊スポット⑩日本一恐ろしい廃病院「野内病院」

浅虫温泉近くのこの廃病院で一番恐ろしくインパクトがあるのは、何と言っても入口に放置された廃バスです。この中には無数の霊が漂っており、面白半分で乗ると精神が犯されるとか・・・。

病院の内部では老婆や少女の霊の目撃情報が多く、とにかく体中に押し寄せる不吉な視線がありえないほど恐ろしい心霊スポットです。今や、草木に覆われて人の立ち入りを拒むこの廃病院、決して近寄ってはいけません・・・。

青森県青森市野内浦島


 

最後に

いかがでしたか。青森県にはたくさんの霊山があり、昔からあの世とこの世の境目とされてきました。そのため霊が集まるスポットも多く、見るからに恐怖心をあおるような廃墟もたくさんあります。勇敢な人は行きたくなってしまうかも知れませんが、何かあってからでは取り返しがききませんよ。半端な気持ちで近づくことの無いようにしてくださいね。

青森県最強危険心霊スポット★行ってはいけない10選

①恐山
②スペース21
③城ヶ倉大橋
④カローラ山荘
⑤十和田湖
⑥鬼屋敷
⑦三沢トンネル
⑧喜和楽園温泉
⑨八甲田山
⑩野内病院