埼玉県は秩父の橋立鍾乳洞をMAX楽しむ10のことby Masanori Nakano
大自然の中のアクティビティが人気の埼玉県は秩父の長瀞。今回は秩父地方の人気観光スポットのひとつ橋立鍾乳洞をご紹介します。鍾乳洞内はまるでRPGのダンジョン!童心に返って、思い切り楽しんじゃいましょう♪

それでは埼玉県は秩父の橋立鍾乳洞をMAX楽しみために知っておいて欲しいことをご紹介致します。

 

埼玉県は秩父の橋立鍾乳洞をMAX楽しむ10のこと

 


①橋立鍾乳洞とは

橋立鍾乳洞は、秩父三十四個所のひとつ「石籠山橋立洞」の後ろにあります。洞内の大部分が竪穴となっている非常に珍しい鍾乳洞で、その高低差は最大33m!平坦な通路はほとんど無く、ひたすら階段やはしごをのぼって探索します。洞内は鍾乳洞というより、洞窟に近いイメージです。鍾乳石はあまり見られません。

②橋立鍾乳洞へのアクセスと駐車場

所在地:埼玉県秩父市上影森675

電車で行く場合は、秩父鉄道「浦山口駅」で下車してください。バスなどはありませんが、徒歩10分~15分程度で鍾乳洞に到着します。

鍾乳洞で管理している駐車場があるので、車でのアクセスもOK。関越自動車道花園ICから国道140号線を秩父方面へ向かって走ると、橋立鍾乳洞の案内板が見えてくるはずです。鍾乳洞より奥にある駐車場は無料ですが、手前側にあるものは有料なので注意してください。

③営業期間と営業時間に要注意!

橋立鍾乳洞は営業期間が決まっており、毎年3月~12月上旬まで開いています。期間中は無休ですが、期間外にあたる真冬は中を覗くことすら出来ないので要注意。

営業時間は8時30分~16時30分です。

④橋立鍾乳洞は埼玉県で唯一の歩ける鍾乳洞

埼玉県内、主に秩父地方には数多くの鍾乳洞が存在します。白沢第一鍾乳洞や小桜鍾乳洞、根古谷鍾乳洞、そして今回ご紹介している橋立鍾乳洞など…、実にたくさんの鍾乳洞が点在している土地なんです。しかし、橋立鍾乳洞以外の鍾乳洞は、石灰石の採石場となっているため、いずれも一般客は足を踏み入れることが出来ません。

橋立鍾乳洞は、県内で唯一探索OKな鍾乳洞なんです。

⑤橋立鍾乳洞の見どころ

橋立鍾乳洞の中は見どころいっぱい。洞内全てが見どころと言っても過言ではありませんが、特に見逃さないで欲しいポイントが3つあります。

▼1つ目は、炭酸カルシウムがまるで石のタケノコのように堆積して出来た石筍(せきじゅん)
▼2つ目が、石筍と鍾乳石が融合した石柱
▼3つ目が、石灰岩によって造りだされた「弘法大師の後姿」です。弘法大師の後姿

by t-mizo

⑥おすすめの服装

洞内はとても狭くて滑りやすいです。服装は動きやすく、汚れても構わないものを着て行きましょう。また、靴はハイヒールなどのアンバランスなものは厳禁。スニーカーなどの履き慣れた靴で歩いてください。

鍾乳洞の入り口でヘルメットをレンタルしています。帽子を持っていない人は、怪我防止のためにヘルメットを着用しましょう。

⑦荷物は受付に預けましょう

入り口の受付付近に荷物置き場があります。鍵が付いているわけではないので、ちょっと不用心な印象があるかもしれませんが、大きな荷物はこちらに置いていくことをおすすめします。洞内は本当に狭くて、場所によっては子供ですらギリギリの所もあります。

貴重品だけ身に付けて、リュックなどは受付に預けましょう。

⑧橋立鍾乳洞のルート

受付を済ませた後、すぐに鍾乳洞に入れるわけではありません。急な坂道を下って行った先に、小さな穴が見えてきます。それが橋立鍾乳洞の入り口です。洞内は基本的に階段と上り坂ばかり。鍾乳洞の上の方へ向かって進んでいきます。

鍾乳洞の最上地点が出口。下り坂を進むと受付が見えてきます。再入洞したい場合は、再度受付で入場料を支払ってください。受付のお婆ちゃんが見張っているので、そーっと入洞しようとしてもバレますよ!

⑨洞内はフラッシュ撮影厳禁!

橋立鍾乳洞内はフラッシュ撮影禁止です。昔は写真撮影自体が禁止でしたが、現在は少しだけ規制が緩くなりました。

最近のデジカメやスマホのカメラは自動でフラッシュを焚く機能がありますから、鍾乳洞に入る前にフラッシュ設定をオフに切り替えておきましょう。

⑩探検後はカフェ「JURIN‘s GEO」で一休み

⑩探検後はカフェ「JURIN‘s GEO」で一休み参照(http://jurinsgeo.jimdo.com/photo/)
鍾乳洞のお隣にはお洒落なカフェ「JURIN‘s GEO(ジュリンズ・ジオ)」があります。鍾乳洞探検後の休憩に丁度良いスポットです。

人里離れた山間部にあるカフェだからと言って侮ってはいけません。極上の豆から作られたコーヒーと、店主お手製の絶品スイーツを求め、わざわざ県外から訪れる常連客もいるほどの人気店なんです!

旅の思い出の締めくくりにぴったりの素敵なお店ですよ。


 

最後に

橋立鍾乳洞の中は、夏はひんやり、冬はポカポカとしています。体温調節のしやすい恰好で行くと便利です。

埼玉県は秩父の橋立鍾乳洞をMAX楽しむ10のこと

①橋立鍾乳洞とは
②アクセスと駐車場
③営業期間と営業時間に要注意!
④埼玉県で唯一の歩ける鍾乳洞
⑤橋立鍾乳洞の見どころ
⑥おすすめの服装
⑦荷物は受付に預けましょう
⑧橋立鍾乳洞のルート
⑨洞内はフラッシュ撮影厳禁!
⑩探検後はカフェ「JURIN‘s GEO」で一休み