岩手県人が方言で怒ってる!超危険な岩手弁10選

岩手県人が方言で怒ってる!超危険な岩手弁10選岩手県出身の知り合いがいたり、岩手県へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!

地方に行ったりすると、方言で話している人をよく見ますよね。「何を言っているんだろう」と思った事はありませんか?方言は、地方によって様々な特徴があります。岩手の方言は、一見穏やかにも聞こえますが、よく聞くと実は怒っている!?という方言があるんです。

それでは、本記事では「岩手県人が方言で怒ってる!超危険な岩手弁10選」をご紹介いたします!

超危険な岩手弁①「おめえ。いいくれえにしろ!」

方言の意味:おまえ。いい加減にしろよ!

「いいくれえ」は「いい加減」の意味です。沿岸部ではよく聞かれる言葉です。特に浜っこ、漁師なんかは短気な人が多いので、喧嘩の時なんかはよく聞かれますね。浜っこは怒らせない方が無難!?気を付けて下さいね。

超危険な岩手弁②「おらが何すたって」

方言の意味:私が何をしたというんだ 

「何すたって」は「何をしたというのだ」や「どうしたって」の意味があります。何か文句を言われた時などにぼろっと出る言葉。ボロッと出る割には、口調がきついのが特徴。言い返すときに出る言葉です。

超危険な岩手弁③「のさばんなよ!」

方言の意味:デカい態度をとるなよ!

「のさばる」は「態度が大きい」や「図々しい」の意味があります。意味の通り、態度が大きい人に怒り口調で話します。粋がっていると、すぐに言われちゃうかも。

超危険な岩手弁④「のらすなよ!」

方言の意味:なめんなよ

馬鹿にされた時や調子に乗った言い方をされた時に言う言葉。結構頻繁に聞かれます。

超危険な岩手弁⑤「かばすぐねえ」

方言の意味:生意気だ。

子供が反抗期だったり、言う事を聞かなかったりした時に「あ~もう、かばすぐねえ」とボロッと出てしまう言葉です。

超危険な岩手弁⑥「ざあ。何すった!」

方言の意味:もう。何をしてるんだ。

余計な事をしてしまった時などに、相手に対して言います。怒るというよりは、呆れて言う感じです。

超危険な岩手弁⑦「なんたら、えれえさまだ」

方言の意味:どれだけ、偉い人なんだか。

「えれえさま」は「偉い人」の意味です。口ばかりで動かない人や、俺様的な人に対して皮肉たっぷりに言います。言葉通りに受け取ってはいけません。あくまでも、皮肉の言葉です。

超危険な岩手弁⑧「おだづなよ」

方言の意味:調子に乗るなよ。

子供がふざけている時などに「おだづな」と注意します。小学校の低学年の子などよく言われているのを聞きますね。

超危険な岩手弁⑨「おもっさぐねえなあ」

方言の意味:面白くないな。

嫌な事があった時や、不満が溜まっている時などに思わず出てしまいます。この言葉が出た時は、かなり不満が溜まってるかもしれないので、息抜きをさせるのが必要かも。

超危険な岩手弁⑩「がためがすな!」

方言の意味:がたがた言うな!

あれやこれやと理由を付けて、言い訳をしたりする人などに言うセリフ。「がためがさね~で仕事しろ」等と言ったりします。

 

最後に


意味がわからないと、怒っているかどうかさえ分からない言葉もあったのではないでしょうか。「かばすぐねえ」なんて、そのまんま聞くと「カバが少ないの?」「動物園の話?」と思ってしまいそうですよね。でも、この言葉が出たら、本人かなり怒っているので注意が必要です。

岩手県人が方言で怒ってる!超危険な岩手弁10選

  • ①「おめえ。いいくれえにしろ!」 おまえ。いい加減にしろよ!
  • ②「おらが何すたって」 私が何をしたというんだ。
  • ③「のさばんなよ!」 デカい態度をとるなよ!
  • ④「のらすなよ」 なめんなよ。
  • ⑤「かばすぐねえ」 生意気だ。
  • ⑥「ざあ。何すった」 もう。何をしてるんだ。
  • ⑦「なんたら、えれえさまだ」 どれだけ、偉い人なんだか。
  • ⑧「おだづなよ」 調子に乗るなよ。
  • ⑨「おもっさぐねえなあ」 面白くないな。
  • ⑩「がためがすな!」 がたがた言うな!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました