男らしい宮城弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選 相手がさりげなく口にした方言にキュンとくる、そんなシチュエーションにドキドキしてしまう方も多いのではないでしょうか。素朴な雰囲気だけれどよく見たらイケメン、接してみるとオトコマエ、そんな男性が宮城には多いと、個人的には思っています。

今回は、そんな宮城男子から言われたらクラッときてしまいそうな、方言の告白を集めてみました。妄想の中だけでも、宮城弁を楽しんでいただけたら幸いです。

 

男らしい宮城弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選

 

男らしい宮城弁①「おれと付き合ってけろ!」

方言の意味:(俺と付き合ってくれ!)

付き合ってほしいと、たまらない気持ちをぶつけられた形ですね。~してほしい、は宮城弁で「~してけろ」となります。「食ってけろ」「このゴミなげて(捨てて)けろ」など、身近なあらゆる場面で耳にする表現です。

男らしい宮城弁②「あんだのこと好ぢだ!」

方言の意味:(あなたのこと好きです!)

ストレートな告白ですね。宮城弁は「キ」が「チ」に近い音になるのが特徴です。NHKの「やっぺぇ!たいそう」を歌っている仙台貨物のイガグリ千葉さんは「好ぢ」と、この音を「ヂ」と表記していて、なるほどそうも聞こえるな、と倣ってみました。余談ですが、「やっぺぇ!たいそう」、なかなか元気が出ますよ!

男らしい宮城弁③「おめぇのこと考えすぎてあんつことごしゃげるっちゃ」

方言の意味:(お前のことを考えすぎて心配しすぎてイライラしてしまう)

「あんつこと」は心配事のこと。好きだからこそあれこれ考えてやきもきしてしまう感じですね。ここまで言われてしまうと「大丈夫なの?」と思ってしまうかもしれないですが、たまにはこんなに想われるというシチュエーションも女子なら嬉しいはず。黙ってそっと手を握ってあげましょう。

男らしい宮城弁④「あんだのアドレス教えてけさいん」

方言の意味:(あなたのアドレス教えて下さい)

「~して下さい」を宮城弁では「~してけさいん」と言います。「~してけろ」よりはもっと丁寧なニュアンスです。合コンでちょっと気が合うかな、とお互い思うようになった、そんなタイミングで言われたいセリフですね。

男らしい宮城弁⑤「二人っきりになるっつーのは、おしょすいごだ」

方言の意味:(二人っきりになるというのは、恥ずかしいことだ)

「おしょすい」は、恥ずかしいの意。エッチな話ばかりしていると「おしょすいことばり言って~」と責められてしまいますよ。

逆に誰かが下ネタばかりくり出していたら、このフレーズで封じてしまいましょう。ちょっと気恥ずかしいな、という時にも使います。さりげなく二人きりになって、相手が照れ始めたら脈ありかもしれませんね。

男らしい宮城弁⑥「あんだの歌が一番いがったなや」

方言の意味:(あなたの歌が一番よかったなぁ)

良かった、を宮城弁では「いがった」と表現します。みんなでカラオケをした後に意中の人からこう言われたら、たまりませんよね。特に、他に上手い人もいたのに自分?という状況なら、彼はもうあなただけを意識しているはず。

男らしい宮城弁⑦「おだづなよ!おれの気持ちしゃねっぷりすんなず」

方言の意味:(ふざけるなよ!俺の気持ち知らないふりするなよ)

「おだづな」はふざけるな、という意味。知らない、を宮城弁では「しゃーねえ」と言うので、知らないふりは「しゃねっぷり」です。お互いに好きだという気持ちに気づいているのに、何かを失うのが怖くて「しゃねっぷり」してしまうことってありますよね。でも、それでは前に進めません。こんな風に相手がリードしてきてくれたら、キュンとなるのは必至ですね。

男らしい宮城弁⑧「おめぇ、おもしぇーやつだな」

方言の意味:(お前、面白いやつだな)

面白い、を宮城弁では「おもしぇー」「おもっしぇー」と言います。相手に好きになってもらうには、まずは面白い人だと思ってもらうことから、かもしれません。話がウケていれば「ウケる~!」と言ってくれるのは、東京弁と同じです。

男らしい宮城弁⑨「おめぇといぎあってたまげたじゃー」

方言の意味:(お前とばったり会ってびっくりしたよ)

「いぎあう」は行き会う、ばったり会うことです。「たまげる」は標準語でも使いますよね。びっくりすることです。偶然会ってびっくりされてしまうのは、もしかしたらこちらに気があるのかも。ちょっと期待していいシチュエーションかもしれませんね。

ただ、何か相手がやましいことをしていた場合も考えられます。「いぎあった」ことは他の人には「しゃねっぷり」しておきましょう。

男らしい宮城弁⑩「ばんかけしねぇが?」

方言の意味:(デートしようよ)

デートのことを宮城弁では「ばんかけ」といいます。若い人たちは使わないようですが、ある年齢層から上の人たちは日常的に使っていたそうです。会社で「今夜はばんかけあっから残業できねぇんだ」といった感じで。仙台駅周辺ならばんかけのスポットに事欠きません。が、全てがここに集中しているので、知り合いに目撃されやすいのが困ったところです。

 

最後に

宮城弁の告白、いかがでしたでしょうか。今の若い人はこんな風には言わないよ~、という表現が混じっているのは確かです。が、独特の温かみがあるのが宮城弁のいいところ。その雰囲気だけでも味わっていただけたのなら幸いです。

男らしい宮城弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選
①「おれと付き合ってけろ!」(俺と付き合ってくれ!)
②「あんだのこと好ぢだ!」(あなたのこと好きです!)
③「おめぇのこと考えすぎてあんつことごしゃげるっちゃ」(お前のことを考えすぎて心配しすぎてイライラしてしまう)
④「あんだのアドレス教えてけさいん」(あなたのアドレス教えて下さい)
⑤「二人っきりになるっつーのは、おしょすいごだ」(二人っきりになるというのは、恥ずかしいことだ)
⑥「あんだの歌が一番いがったなや」(あなたの歌が一番よかったなぁ)
⑦「おだづなよ!おれの気持ちしゃねっぷりすんなず」(ふざけるなよ!俺の気持ち知らないふりするなよ)
⑧「おめぇ、おもしぇーやつだな」(お前、面白いやつだな)
⑨「おめぇといぎあってたまげたじゃー」(お前とばったり会ってびっくりしたよ)
⑩「ばんかけしねぇが?」(デートしようよ)