かわいい宮城弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選東北一の都市、仙台がある宮城県、標準語に押されてしまっているのでは、と思われるかもしれませんが、方言は健在です。さすがに若い年代は方言を敬遠気味のところがありますが、中には「標準語かな」と思って使われているフレーズも。

何年か前に方言の告白というものがブームになりましたが、宮城弁にもぐっとくるセリフが多数あります。密かに、言われてみたい、と思ってしまうフレーズもあるかもしれませんね。今回は、宮城弁のかわいい告白セリフをご紹介いたします。

 

かわいい宮城弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選

 

宮城弁の告白①好きだっちゃ

方言の意味:(好きです)

ストレートに、好きだという告白ですね。「~っちゃ」という語尾は、宮城弁、特に仙台エリアの定番といえるでしょう。実際は「~じゃー」「~っじゃ」に聞こえますが。ラムちゃん語というやつですね。文字にすると、かわいらしさは否めません。

宮城弁の告白②付き合ってけさいん

方言の意味:(付き合ってください)

「~してください」が訛って「~してけさいん」となるのも宮城弁の定番です。来てください、食べてください、が「来てけさいん」「食べてけさいん」といった調子になります。観光案内やちょっとしたお土産にも書いてあるフレーズなので、知っていたという方も多いのではないでしょうか。

宮城弁の告白③おめぇのこと好ぎたから、付き合ってけろ

方言の意味:(あなたのことが好きだから、付き合って)

何かしてほしい時に「~してけろ」というのもおなじみの宮城弁です。標準語でいうと「~してくれ」といったところでしょうか。東北の他県でも使っているはずです。筆者は子供のころ「なんか田舎のカエルって感じでイヤだなぁ」と使わないようにしていましたが、宮城を離れるとなんだか温かみさえ感じます。

宮城弁の告白④おだづなよ!そんだことすっから、好きになったじゃー

方言の意味:(ふざけないでよ!そんなことするから、好きになったよ)

「おだづな」は、ふざけるな、という意味です。ちょっとしたケンカの時やふざけ合っている時などによく使います。何か変なことをされて、逆に惚れてしまうということもありますよね。

他にも、負けるな、頑張れ、といったニュアンスもあり。震災の後に、「おだづな、東北」という謎のフレーズを目に、あるいは耳にした方もいらっしゃるはずです。

宮城弁の告白⑤あどのけえり、話があっけんども…

方言の意味:(帰り道に、話があるんだけれど)

「あどのけえり」は後の帰り、が訛ったのでしょうか、帰り、あるいはその帰り道という意味です。告白といえば、学生時代なら放課後、帰り道というのが定番ですね。あどのけえり、帰りに、ということを言われただけで、「あっ、もしかしたら」と察してしまう、それもまた青春の甘酸っぱい一コマかもしれませんね。

宮城弁の告白⑥あぶなぐおめぇに惚れっとこだったじゃー

方言の意味:(あやうくあなたに惚れるところだったよ)

「あぶなく」は危うく、うっかり、といった意味です。惚れっとこだった、なんて言うということは、ちょっとは惚れてしまっているということですよね。あと一押しで本命になることも期待できそうな、微妙な距離感の告白です。

宮城弁の告白⑦あんだのこと、いぎなし好きになったっちゃ

方言の意味:(あなたのこと、すごく好きになったよ)

「いきなり」「いきなし」は、宮城弁ではとても、たくさんという意味になります。他地域の人が聞いて混乱してしまうフレーズの一つです。会話の中で「いきなり」を連発する人もいるので、なんでそんなにいろんなことが突然起こっているの?宮城ではそんな魔法がかかっているの?と不思議な気持ちになってしまうかもしれませんね。ここでは、突然好きになったという意味ではなく、とても、すごく好きという表現になります。

宮城弁の告白⑧さっき好きっつったの、うそんこでねぇがらな!

方言の意味:(さっき好きって言ったの、嘘じゃないからね!)

「うそんこ」は、嘘、遊びという意味です。何か賭けてゲームをして負けてしまった時、苦しまぎれに「今のはうそんこだから!次が本番だかんね」と言うのが子供時代の遊びで定番の一コマでした。何かを試しにやること、冗談、そういったニュアンスがあります。

宮城弁の告白⑨んだから、あんだのこと好きだって言ってっべっちゃ!

方言の意味:(だから、あなたのこと好きだって言ってるんだからね!)

大事なことなので、念を押しているといった感じですね。「~べ」「~っちゃ」は宮城弁ではおなじみの語尾ですが、「~べっちゃ」も使われます。子供のころ、夜に祖母が寝室へ戻る際「寝んべっちゃ」とよく言っていました。「寝よう」とか、私に対して「寝るからね」と念を押しているような、そんなニュアンスでしょう。

宮城弁の告白⑩しゃねっぷりしねーで、あんだの気持ちおしぇーてけろ!

方言の意味:(知らないふりしないで、あなたの気持ち教えてよ!)

「しゃねっぷり」は、知らんぷりという意味です。宮城弁では「知らない」を「しゃーねえ」「しゃーない」と言います。関西方言の「仕方ない」と似ていると思われるかもしれませんが、独特の尻上がりアクセントになるので別物なのははっきりわかるはずです。

 

最後に

宮城弁の告白、ぐっとくるセリフは見つかりましたか?田舎くささは否めないけれど、どこか可愛らしさや温かみがある、それが宮城弁の良さです。告白されるとは限りませんが、実際の喋りを聞きに、ぜひ宮城へ遊びに来てみてはいかがでしょうか。

かわいい宮城弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選
①「好きだっちゃ」
②「付き合ってけさいん」
③「おめぇのこと好ぎたから、付き合ってけろ」
④「おだづなよ!そんだことすっから、好きになったじゃー」
⑤「あどのけえり、話があっけんども…」
⑥「あぶなぐおめぇに惚れっとこだったじゃー」
⑦「あんだのこと、いぎなし好きになったっちゃ」
⑧「さっき好きっつったの、うそんこでねぇがらな!」
⑨「んだから、あんだのこと好きだって言ってっべっちゃ!」
⑩「しゃねっぷりしねーで、あんだの気持ちおしぇーてけろ!」