これぞ宮城県の名物グルメ★現地で食うべきおすすめ10選

宮城県へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!

宮城県には名物やグルメがたくさんあります!2、3日の滞在ではとても食べ尽くすことができないくらいです。宮城といえばあれ!という定番のものから、知る人ぞ知るご当地メニューまで、ちょっと長めの旅行でも決して飽きることはないでしょう。

それでは、本記事では「これぞ宮城県の名物グルメ★現地で食うべきおすすめ10選」をご紹介いたします!

宮城名物グルメ①スタミナ補給!大定番の牛タン定食

photo by 牛たん炭焼利久

仙台を訪れたなら、定番のこれがなければ始まりません。いくつものお店が牛タン定食を提供していますが、麦飯とテールスープ、ピリ辛の南蛮味噌漬けという組み合わせはほぼ変わりません。牛タンの味付けは、塩、味噌、特製タレと選べる場合が多いのでお好みで。牛タンそのものの味わいを楽しみたいならシンプルに塩がおすすめです。腹ごしらえなら牛タン定食で、スタミナをつけて、仙台の街や観光地にくり出して下さいね。

宮城名物グルメ②松島の名産!カキ料理

View this post on Instagram

夏季長期休暇4日目その1。2年前にも行った仙台へ。目的は牡蠣と牛タン。まず牡蠣。2年前にも行ったあのお店へ。相変わらずの低価格でめっちゃうまかった。これで3850円とか。生牡蠣1つ300円の衝撃。都会で食べたら3倍弱してもおかしくないと思う。ちなみに松島、2年前に比べて街並みがすごい綺麗になってました。ぜひ一度は。#仙台 #松島 #焼がきハウス #デラックスセット #焼き牡蠣3つに焼き小あわびに焼きつぶ貝と牡蠣飯と牡蠣味噌汁 #これで1800円 #生牡蠣 #1つ300円 #ほや刺し #350円 #初めてほやを生で食べたけど想像以上に美味しかった #まさかの生ビール #400円 #毎年来ようかなここ #これは昼飯 #この後から牛タン屋巡り開始 #3軒予定 #夏季長期休暇4日目

A post shared by Yuki Sugiyama (@dekapooon) on

宮城県は三陸の名物といえば、カキです。震災により打撃を被りましたが、やはりカキといえば宮城産か広島産、双璧をなす片方であるのは否めません。松島など太平洋沿岸の観光地でなら、気軽にカキ料理が楽しめます。冬はカキ鍋もいいですね。松島を周遊したしめくくりにいかがでしょうか。

宮城名物グルメ③手軽に食べられる!玉こんにゃく

お団子状のこんにゃくをじっくり煮たものです。醤油の味が中までしみていて、好みでからしをつけて食べるとおいしいです。冬はこれ一本だけでも、ちょっと体が温まった心地がしますよ。元は山形の郷土料理なのですが、宮城でも観光スポットに店が出ていることがあります。常設とは限らないので、出会えたらラッキー。一本100~200円程度とお手頃なので、迷わず試してみて下さい。

宮城名物グルメ④白石市のご当地グルメ!白石温麺(うーめん)

白石温麺は、片倉小十郎の城下町、白石市のご当地グルメです。油を使わないで製造された麺は、舌触りがよく胃にもやさしいのが特徴です。市内には、白石温麺を提供するお店が何軒もあります。天ぷらとのセットが定番ですが、カレー麺にしたりラーメン風になっていたりバリエーションに富んだメニューもあります。白石や仙南エリアを観光するなら、お食事は温麺で決まりですね。

宮城名物グルメ⑤魚介類をあれこれぜいたくに!仙台づけ丼

仙台づけ丼とは、宮城県沖で獲れた海の幸に宮城県産米を合わせた、魚介づけ丼のことです。新鮮な魚介類をあれこれぜいたくに味わえるのはここだからこそです。仙台市内のみならず、宮城県内各地でそれぞれの味わいやバリエーションがあるのが特徴です。ぜひお好みの一杯を見つけて下さいね。

宮城名物グルメ⑥定番おやつはこれ!ずんだもち

宮城名物グルメ⑥定番おやつはこれ!ずんだもちphoto by もちべえ

宮城でおやつ、お菓子といえば、ずんだです。枝豆をすりつぶして作ったあんは、適度な甘さと素朴な味わいが魅力。お土産にも良いのですが、やはりここは作りたてを食べてみたいところですよね。JR仙台駅を通るなら、「もちべえ」がおすすめです。香り高いずんだと、柔らかいもち、お土産ではなかなかこの鮮度で食べることはできませんよ。

宮城名物グルメ⑦鮭の旨みが染み込んだ「はらこめし」

はらこめしは、鮭の炊き込みご飯にイクラを散らしたものです。ごはんには鮭のうまみがしみ込んでいて、そこにイクラがとても合います。宮城の郷土料理で、家庭で作られることが多いのですが、駅弁でも食べることができますし、県内の海鮮料理店で味わうこともできます。

宮城名物グルメ⑧登米市のご当地グルメ!油麩丼(あぶらふどん)

View this post on Instagram

#宮城県 #登米市 で仕事でした☺️ 昼メシは街全体の#推しメニュー 😄 #油麩丼 🍚 前と違う店で食ってみた☺️ #味処もん 実は個人的にはここ何度か来てて #昔ながら チックな#味 #見栄え が気に入ってます😉👍 一見#カツ丼 と見まごうてしまいかねませんが、カツではなく#麩 です‼️味がしっかりしみて抜群に美味い😋 一緒に#はっと汁 も頂きました。 まあ、すいとんみたいなやつです☺️ ちなみにいつ行っても、お昼なのに、客、俺らだけ😄💦 まあ、逆にそれもお気に入りポイントなんですけどね😆 美味いのになぁ〜〜。 夜の#デザート は#セブン の#塩ちんすこうレアチーズ 。 一口目でかなりの濃厚感があったかと思えば、食うほどにしょっぱさが増していく💦不思議な#スイーツ でした😄💦 #スイーツ男子 #コンビニスイーツ

A post shared by H.Miyasaka (@piropiroreborn) on

宮城には、仙台麩といわれる太くて大きな麩があるのですが、これを使用した油麩丼というご当地メニューがあります。ひとめぼれの名産地、登米市を中心に油麩丼をお店で食べることができます。玉子丼や親子丼みたいな味で、仙台麩を卵でとじた丼だといえばイメージしやすいでしょうか。麩とはいっても、なかなかのボリュームで食べ応えありですよ。

  • 【HP】味処もん
  • 【住所】宮城県登米市登米町寺池桜小路91
  • 【アクセス】仙台駅より高速バス「とよま総合支所」行き、バス停「とよま明治村」より徒歩1分
  • 【地図】味処もんの地図

宮城名物グルメ⑨スーパーのお惣菜が名物に!秋保おはぎ

秋保温泉で、知る人ぞ知る新名物があります。それが、秋保おはぎです。「主婦の店さいち」というスーパーで売っている手作りのおはぎなのですが、他県からわざわざ買いに来るリピーターも多いとか。甘すぎない餡が特徴で、食べ飽きないのが人気の秘密だといいます。秋保温泉に行くのなら、ぜひこのお店まで足を伸ばしてみて下さいね。売り切れてしまうかもしれないので、お早めにどうぞ。

  • 【住所】仙台市太白区秋保町湯元字薬師27
  • 【アクセス】仙台南ICより車で西へ約20分
  • 【地図】主婦の店さいちの地図

宮城名物グルメ⑩あっさり味わいの郷土料理!おくずかけ

おくずかけは、宮城の郷土料理です。野菜や油揚げなどをあんかけでとじた汁料理で、家庭で作られる事が多いです。先に紹介した白石温麺を入れるバリエーションもあります。

旅行客にも食べられるように、仙台ではおたま茶やで提供されています。伊達家の御霊屋「瑞鳳殿」のすぐ近くにお店があります。観光のついでに気軽に寄れるのがいいですね。

 

最後に

おすすめ宮城名物グルメ、いかがでしたでしょうか。ざっと見たところヘルシーなメニューが多めなのが宮城名物の特徴といったところでしょうか。帰宅後に体重計に乗るのが怖い、なんて心配も不要かもしれませんね。さあ、宮城でお腹いっぱいになって下さいね!

これぞ宮城県の名物グルメ★現地で食うべきおすすめ10選

  • ①スタミナ補給!牛タン定食
  • ②松島に来たら味わいたい、カキ料理
  • ③体の温まる一本、玉こんにゃく
  • ④白石を訪れたらこれ!白石温麺(うーめん
  • ⑤海の幸いろいろ、仙台づけ丼
  • ⑥定番おやつはこれ!ずんだもち
  • ⑦鮭とイクラのうまみ、はらこめし
  • ⑧登米市のご当地グルメ!油麩丼(あぶらふどん)
  • ⑨スーパーのお惣菜が名物に?!秋保おはぎ
  • ⑩あっさり味わいの郷土料理、おくずかけ

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。


宮城名物
この記事を書いた人
chie

宮城県生まれ、茨城県育ち、大阪府在住です。図書館司書、イベント業を経て現在フリーライター。宮城の松島へは高校時代以来、数年ごとに訪れてパワーチャージしています。読者のみなさまの旅が何倍も楽しめるような記事を書いていきたいです。

chieをフォローする
大日本観光新聞
タイトルとURLをコピーしました