秩父グルメ&名物⑦幻の岩魚!秩父岩魚

埼玉県秩父市はグルメの宝庫・・・なんですが、そのことは意外と県外の観光客には知られていない様です。ネットで検索していても「秩父って美味しい食べ物あるの?」と質問している方が結構います。

そんな方たちのために、今回は地元民が秩父で食べるべきおすすめの名物グルメをご紹介します!

 

埼玉県は秩父の名物&グルメ★地元民おすすめ10選

 


秩父グルメ&名物①雪の様な氷で締め上げた!雪割りそば

秩父グルメ&名物①雪の様な氷で締め上げた!雪割りそば参照http://www.nagatoro.or.jp/kaiin/members/uchida
「そば処 うちだ」の6月~9月の看板メニュー「雪割りそば」。天然氷のカキ氷で有名な阿佐美冷蔵の純氷をのせたおそばです。雪の様にふわふわとした氷とゴマだれの相性は超抜群!細めの麺が氷の冷たさでキュッと引き締まっています。デザートの蕨餅もさっぱりしていて美味です。

(所在地:「そば処 うちだ」 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1503)

秩父グルメ&名物②必ず食べろ!みそぽてと

埼玉のB級グルメ④ポテチより美味しい「みそポテト」

参照http://www.sainokuni-kanko.jp/?page_id=1339
最近、有名になりつつある「秩父みそぽてと」です。じゃがいもの天ぷらに味噌だれをかけただけというシンプルな食べ物なのですが、これがホクホクしっとりで美味しいのです。みそぽてとは、秩父の観光スポットであればどこでも購入出来ます。2015年のゴールデンウィーク時は、羊山公園へ向かう山道の途中にも、みそぽてとの屋台がいくつか出店されていました。

口のまわりや手がベタベタになる可能性があるので、食べる前にティッシュを出しておくことをおすすめします。

秩父グルメ&名物③給食にも出た!しゃくし菜漬け

秩父グルメ&名物③給食にも出た!しゃくし菜漬け参照http://www.shakushina.com/story/index.htm
秩父では「しゃくし菜」という野菜の栽培が盛んです。正式には「雪白体菜(せっぱくたいさい)」という名前の野菜らしいのですが、その形がしゃもじによく似ていることから、県内では「しゃくし菜」の名で呼ばれ親しまれています。

私もよく学校給食でしゃくし菜を食べていました。しゃくし菜漬けは塩っ気よりも酸味が強い漬物です。我が家ではそのまま食べる以外に、マヨネーズ和えにすることが多いですね。しゃくし菜の酸味とマヨネーズのマイルド感がマッチして良いおかずになります。

秩父グルメ&名物④散策後のスタミナ補給に!豚ホルモン&豚味噌丼

秩父グルメ&名物④散策後のスタミナ補給に!豚ホルモン&豚味噌丼参照http://www.butamisodon.jp/butamiso/#pos01
秩父にはスタミナ満点な豚グルメ店がたくさんあります。「ホルモン」と言えば牛ですが、秩父では牛ではなく豚のホルモンが一般的。秩父ホルモンの代名詞とまで言われる老舗店「高砂ホルモン」は、遠方からのリピーターも多い超人気店です。

また、秩父の美味しい味噌を使った豚味噌丼も人気の豚グルメの1つ。豚味噌丼で有名な「豚みそ丼本舗 野さか」の店前にはいつでも行列が出来ています。

所在地
「高砂ホルモン」埼玉県秩父市東町30-3
「豚みそ丼本舗 野さか」埼玉県秩父市野坂町1丁目13−11

秩父グルメ&名物⑤吉高由里子がCMで食べてた!わらじかつ丼

西武鉄道のCMで吉高由里子さん達が一生懸命大きなかつを頬張っているのを見て、この「わらじかつ丼」の存在を知った人は多いはず。人の足のサイズ程ある大判カツが2枚のっている巨大カツ丼です。カツに染みこんでいるタレはさっぱり味なので、食べ飽きることなくあっさり完食出来ます。西武秩父駅構内や観光スポット、各種観光イベント会場で食べられます。

秩父グルメ&名物⑥茹でながら食う!ずりあげうどん

秩父グルメ&名物⑥茹でながら食う!ずりあげうどん参照http://www.nagatoro.com/menu/index.htm
ずりあげうどんは秩父の郷土料理。鍋で茹で上げられている真っ最中のうどんを掬い上げ、それに醤油や薬味をかけて食べます。鍋からうどんを取る際、鍋の縁から麺をずり上げる様に器にとることから、「ずりあげうどん」という名前になったと伝えられています。

とてもシンプルなうどんですが、あつあつなので冬場は体が温まります。じんわりと汗が出てくる程です。さっぱり味なので、食欲が落ちている時でもつるつると食べられます。上長瀞にある古沢園のずりあげうどんが有名です。

(所在地:「長瀞 古沢園」埼玉県秩父郡長瀞町井戸511-1)

秩父グルメ&名物⑦幻の岩魚!秩父岩魚

秩父グルメ&名物⑦幻の岩魚!秩父岩魚参照http://www.nagatoro.or.jp/kaiin/members/matubaya
秩父には、5000年以上前から秩父のみに生息しているといわれる幻の岩魚がいます。そんな幻級の秩父岩魚を惜しげも無く食べさせてくれるお店が、長瀞駅近くにある「松ばや」。写真は松ばやの看板メニュー「秩父イワナ釜めし」(1500円)です。

釜めしも美味しいのですが、私のおすすめはイワナの塩焼き(1本500円)。炭火でじっくりと焼き上げた本格的な塩焼きは、食べ歩きに丁度良いですよ。

(所在地:「松ばや」埼玉県秩父郡長瀞町長瀞481-1)

秩父グルメ&名物⑧店員さんのコスプレが凄い「あの蒸しパン」

秩父と言えばアニメ。秩父アニメと言えば「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」ですね。西武秩父駅構内には、「あの花」タイアップ商品がたくさん売られています。その中でもファン歓喜の商品が「あの蒸しパン」。

主人公じんたんの亡き母親が作っていたあの蒸しパン。ヒロインめんまがその再現に苦労していたあの蒸しパン。あの蒸しパンがアニメそのままの形で販売されているのです!しかも週末には店員さんがめんまのコスプレをして売っています!(月2回程度だそうです)

店員さんは元々コスプレイヤーとしても活動されていたそうで、そのめんまっぷりは安心・安定のクオリティーの高さですよ。

秩父グルメ&名物⑨子供は食べちゃダメ!秩父ワインゼリー

秩父グルメ&名物⑨子供は食べちゃダメ!秩父ワインゼリー参照http://yahataya.shop-pro.jp/?pid=44314354
秩父には色々な種類のワインがあります。特に有名なのが源作印の秩父ワイン。1940年(昭和15年)に誕生した、埼玉県最初のワイナリーとしても知られています。創業者である浅見源作の名を冠した「源作印ワイン」は、県内のスーパーで手軽に購入出来ます。そんな県民に親しまれている源作印ワインを使ったゼリーが、この「秩父ワインゼリー」です。味はワインそのもの。お酒に弱い方は、これを食べただけでも酔ってしまうかもしれません。でも、上品な味わいとツルンとした舌触りが最高に美味しいゼリーですよ。

(取扱い店:「八幡屋本店」埼玉県秩父市番場町 8 – 18)

秩父グルメ&名物⑩お土産に最適!秩父彩りぽてと

秩父グルメ&名物⑩お土産に最適!秩父彩りぽてと参照http://www.rakuten.co.jp/chichibuan/
色とりどりの包装と多彩な味が嬉しい、秩父発のスイートポテトです。特に女性に人気です。何度か池袋の西武デパ地下で売られているのを見かけたことがあります。その時も出店のまわりは女性のお客さんでとても賑わっていましたね。

彩りぽてとの味は全10種類。薩摩芋の風味が強いプレーン味や、ブルーベリーの香り漂うブルーベリー味など多種多様です。私はチーズぽてと味が一番好きです。

大きさは手のひらサイズで食べやすく、可愛い包み紙で個包装されています。職場で配るお土産に最適ですよ。

(取扱い店:「秩父庵玉木家」埼玉県 秩父市 番場町 9-5 )


 

最後に

秩父は年中見どころのある観光地ですが、グルメ旅をするのなら断然夏をおすすめします。今回ご紹介した雪割りそばは真夏にしか食べられませんし、豚味噌丼も夏のスタミナが落ちている時にこそ食べて頂きたい一杯です。川魚も夏が一番美味しいですしね。今年の夏は秩父へグルメツアーへ出かけましょう!

埼玉県は秩父の名物&グルメ★地元民おすすめ10選
①雪割りそば
②秩父 みそぽてと
③しゃくし菜漬け」
④豚ホルモン&豚味噌丼
⑤わらじかつ丼
⑥ずりあげうどん
⑦秩父岩魚
⑧あの蒸しパン
⑨秩父ワインゼリー
⑩秩父彩りぽてと