田舎の風景しか知らなかった昔の筆者は、東京には高層ビルしかないと思い込んでいました。しかし、実際に都内を歩いてみると高層ビル群のある街というのはごく一部で、中心街から少し外れると昭和レトロな建物が軒を連ねているということが分かりました。今回は、昭和のかほり満載なおすすめ東京下町散歩スポットをご紹介します。

 

情緒ある東京下町散歩スポット★地元民おすすめ10選

 

東京下町散歩スポット①小説の世界を体験!鳩の街通り商店街

昭和の文学作品が好きな方に断然お勧めの商店街です。鳩の街商店街は、約90年の歴史を持つ商店街。東武線曳舟駅から水戸街道に出て、信号を渡った所にあります。

かつてはいわゆる「カフェー街」「特飲街」でしたが、昭和33年に売春防止法が施行されたことで全業者が廃業。現在のような健全な商店街になりました。しかし今でも、当時の面影は残っています。

色タイルを貼ったモダンな建物や、いかにも綺麗なお姉様が立っていそうなドア、妙に多い質屋や料亭。永井荷風や吉行淳之介の小説の世界を体験出来ます。

東京都墨田区向島
(最寄り駅:東武線曳舟駅)

東京下町散歩スポット②ドラマでよく撮影されている キラキラ橘商店街

「下町人情 キラキラ橘商店街」。正式名称は「向島橘銀座商店街協同組合」なのですが、地元の人たちは大抵「キラキラ橘」と呼んでいます。

こちらの商店街もかなり昭和テイスト。いかにも「下町の商店街」という風景が広がっています。そのためかドラマのロケ地となることも多く、「東京バンドワゴン」や「若者たち2014」、「主に泣いてます」はこの商店街で撮影されました。9月には商店街のお祭りもあり、近所の小学生達で賑わいます。

東京都墨田区京島
(最寄り駅:京成曳舟駅)

東京下町散歩スポット③昔ながらの果物屋 町保商店(キラキラ橘商店街内)

キラキラ橘商店街 町保参照:http://kirakira-tachibana.jp/shop/b-11.html

創業約80年。老舗の果物屋さんです。ここのお店の一押し商品は、季節の果物を使ったシャーベット。メロンやバナナ、ストロベリーなどの定番商品から、イチジクや柿など季節限定のものなど、色々なアイスが揃っています。

一口食べると果物の味がダイレクトに口の中に広がります。しかも着色料や保存料を使用していない無添加アイスなので、身体にも優しいです。通販・全国発送にも対応しています。贈答用としても利用出来ますよ。

墨田区京島3-20-1
(最寄り駅:京成曳舟駅)

東京下町散歩スポット④昔ながらのパン屋 ハト屋パン店(キラキラ橘商店街内)

ハト屋パン店(キラキラ橘商店街内)参照:http://kirakira-tachibana.jp/shop/c-15.html

創業大正元年、昔ながらの味を大切に守っているコッペパンのお店です。古いガス窯で焼かれたコッペパンはふっくらふわふわ。ここのコッペパンは、あなたが今まで食べてきたコッペパンとは一味違いますよ!プラス料金で、イチゴジャムかピーナッツバターを塗ってもらえます。

墨田区京島3-23-10
(最寄り駅:京成曳舟駅)

東京下町散歩スポット⑤向島百花園

江戸時代、商人 佐原鞠塢が開設し、多くの文化人に愛されてきた庭園です。昭和53年には、国の史跡・名勝にも指定され、文化財として保護されています。見所は早春の梅と秋の萩。そして、園内の大きな池。
向島百花園2上の写真の様に、ちょうど東京スカイツリーが木々の間から顔を出すスポットがあります。ちょっと風情のあるスカイツリー写真を撮りたい方におすすめの撮影スポットです。園内には、庭園を眺めながらお茶をいただける「茶亭さはら」もあります。

東京都墨田区 東向島3丁目
(最寄り駅:東武線向島駅)

東京下町散歩スポット⑥ドラマでおなじみ 京島南公園

地元民は「マンモス公園」と呼んでいます。ドラマ「若者たち2014」、「主に泣いてます」でも登場した公園です。この公園の名物は、上の写真に写っている巨大なマンモス滑り台。

この写真では見えませんが、滑り台の後方には東京スカイツリーがそびえ立っており、スカイツリー撮影スポットとしても優秀な場所です。

ただしこの公園、入り組んだ路地裏にあるのでかなり分かりにくいです。行く時は必ず地図をチェックしましょう。ちなみに筆者は、この公園から家に帰れなくなったことがあります。

墨田区 京島 2-20-17
(最寄り駅:京成曳舟駅)

東京下町散歩スポット⑦桜の名所 桜橋

桜橋は隅田川にかかる歩行者専用の大きな橋です。川の両岸には桜の名所として有名な隅田公園があり、この橋が公園を繋ぐための園路になっています。

やはりここもドラマのロケ地となることが多く、「主に泣いてます」では毎回の様に登場していました。また、アニメ「逮捕しちゃうぞ」の映画版では、この橋が真っ先に爆破されてしまいました。

東京下町散歩スポット⑧伝法院通り

こちらは、江戸の風情と下町の風情、両方を併せ持った商店街です。約200m続く商店街は、伝統工芸品や下町グルメのお店でいっぱい。

可愛い彼女とデートで行くのなら、「よのや櫛舗」へ寄ってみましょう。よのや櫛舗は古くから代々続く、櫛とかんざしの老舗店。約30年間寝かせた本つげに、職人が手作業で一本一本本櫛目を入れて作り上げています。お値段は決して安くはありませんが、彼女へのプレゼントにいかがでしょうか。

東京都台東区浅草1−39−9
(最寄り駅:地下鉄浅草駅)

東京下町散歩スポット⑨かっぱ橋道具街

全長約800m・店舗数約170店の、日本最大規模の道具街です。この街には食器や包丁のなどの調理器具はもちろん、厨房備品や食品サンプル専門店まで揃っています。特に食品サンプル専門店「サトウサンプル」は外国人観光客にも人気のお店です。

(最寄り駅:地下鉄田原駅)

東京下町散歩スポット⑩隅田川花火大会・・・の日の両国駅周辺

夏の東京名物、隅田川花火大会。花火大会当日は、会場である隅田公園付近は散策など出来る状況ではありません。そこで、少しだけ足を延ばして両国まで行ってみましょう。

両国駅周辺でもちょっと賑やかなお祭りをしています。実は両国には、花火大会の超穴場スポットがたくさんあるのです。一番お手軽なのが、両国駅総武線のホーム。改札を出なくてもよく見えます。次にお勧めなのが、駅を出てすぐの江戸東京博物館の踊り場(外)です。この2地点の間は屋台村の様になっているので、食べ歩きながら悠々と花火を眺めることが出来ます。

 

最後に

東京の下町には、実にゆったりとした時間が流れています。商店街のおばちゃん達はマイペースですし、野良猫たちものほほんとした顔でゴロゴロ昼寝しています。お仕事や恋愛に疲れたときは、フラッと下町散策に出かけてみてはいかがでしょうか。

情緒ある東京下町散歩スポット★地元民おすすめ10選
①鳩の街通り商店街
②キラキラ橘商店街
③果実 町保商店(キラキラ橘商店街内)
④ハト屋パン店(キラキラ橘商店街内)
⑤向島百花園
⑥京島南公園
⑦桜橋
⑧伝法院通り
⑨かっぱ橋道具街
⑩隅田川花火大会・・・の日の両国駅周辺