かわいい大阪弁一覧★関東人にモテる方言の言葉10選

女の子に方言を喋られるとたまらない、なんて声がよく聞かれますよね。その中でもなかなか評判が高いのが、大阪弁。関東人からすると、標準語や関東弁にはない独特のやわらかさ、温かみにキュンとくるそうです。

筆者も関東出身ですが、「こんなことサラッと言える大阪の女の子はトクだよな~」と羨ましく思ったことも。今回は、かわいい大阪弁一覧をご紹介いたします!

 

かわいい大阪弁一覧★関東人にモテる方言の言葉10選

 


かわいい大阪弁一覧①「めっちゃ好きや」

方言の意味:すごく好きです

これぞ方言の告白。ストレートにこう言われたら、キュンときてしまうのでは?告白ではなくても、「これめっちゃ好きやー」と自分の選んだプレゼントや食事に喜んでもらえたら、すごく嬉しいですよね。

かわいい大阪弁一覧②「えー、そんなんあかん」

方言の意味:えー、それはダメ

大阪の女の子が「あかん」と言うのが、他地域の男性からするとたまらないようです。関東弁や標準語で「やだ」「ダメ」と言われると、はっきりと拒絶された気分になってしまうことも多いですが、「あかん」にはどこか優しく受け止めるような響きがありますね。

とはいえ、嫌がっているのを無理強いするのは禁物!本当に拒絶されてしまいますよ。

かわいい大阪弁一覧③「今日会える言うてたやん、なんでなん?」

方言の意味:今日会えるって言ってたじゃない、どうして?

「なんでなん?」もかわいい大阪弁としてランクイン。急な仕事の用事などどうしても外せない時に彼女に問い詰められるのは辛いものですが、「なんでなん?」とかわいく拗ねられると許せる気持ちになるみたいです。どうにかしてでも会いたい、そんな気分にさせられるフレーズですね。

かわいい大阪弁一覧④「付き合うてるの、誰にも言うたらあかんで」

方言の意味:付き合ってるの、誰にも言ったらダメだよ

「言うたらあかんで」と秘密を共有するのも、ワクワクのシチュエーションですね。ちょっとした特ダネ情報や噂話だったとしても、「この子が自分だけに言ってくれたんだ」と思うとドキドキしてしまう人も多いのでは?

とはいえ、そんな話に限って周りはみんな知っていたりするものですが…。

かわいい大阪弁一覧⑤「今夜あんたん家行ってかめへん?」

方言の意味:今夜あなたの家に行って大丈夫?

「かめへん」は「かまへん」と発音することも。「構わない」という意味です。「~してもいい?」と聞く時によく使われます。かしこまらずにサラッと聞けてしまえるリズム感がいいですよね。


かわいい大阪弁一覧⑥「あの子とはなーんもなかったって、ホンマなん?」

方言の意味:あの子とは何にもなかったって、本当なの?

誰か他の女の子と一緒にいるところを目撃されてしまって誤解され、彼女に問い詰められる。そんな場面を経験したことのある男性も多いはず。本当に何もなかったのにあれこれ言われるのはしんどいですよね。

でも本心は彼氏を責めたいのではなく、彼女が不安なだけ。だから「ホンマなん?」って切なげに言われたら、別に悪いことをしてなくてもなんだか申し訳なくなってしまいそうですね。

かわいい大阪弁一覧⑦「何言うてんの、そんなん言わんといて!」

方言の意味:何言ってるの、そんなこと言わないでよ!

気になる女の子と喋っていて、ついついプライベートなことを聞いてしまったり、下ネタを話してしまったりすることってありますよね。他の地域だと変な顔をされてしまったり、後で嫌われてしまったりということが少なくないですが、その場で突っ込めるのが大阪人のいいところ。

「そんなん言わんといて!」と笑いながら言われたら、ちょっとマズかったなと思いつつも悪い気はしませんね。

かわいい大阪弁一覧⑧「そんなん、ようやらんわー」

方言の意味:そんなこと、できないよ

大阪弁で「よう~~んわ」は「できない」という意味です。「ようせんわー」ともよく耳にします。ちょっと無理そうなお願いをしてやっぱり断られる、というシチュエーションはよくあるかと思いますが、「ようやらんわー」と言われたら「やっぱりそうだよな」と納得。

そして何かしらギャグで返してくれるので、気まずくならないのが大阪人の魅力です。

かわいい大阪弁一覧⑨(会話の途中で)「やんなぁ?」

方言の意味:「だよね?」

「~やんなぁ?」は、「でしょ?」や「だよね?」といった、念を押したり確かめたりする時に使われる大阪弁です。このソフトな響きが心地いいと、大阪弁にハマってしまう関東人も少なくないはず。

標準語だとたまに「いちいち聞くなよ」とイライラしてしまうこともあるかもしれませんが、これだとイラッとしない、という声も聞きます。

かわいい大阪弁一覧⑩「また後でなー」

方言の意味:また後でねー

大阪弁で語尾が「~な」になるのがかわいらしい、そんな女子が好き、という関東人もいるようです。語尾が「な」になるのは関東だと男言葉のイメージがありますが、大阪で女の子が自然に使っているのを聞くと、かっこよさというか、独特の魅力を感じます。

ポイントは「なぁ」とちょっと伸ばすところ。関東の「な」とは違い、「この子たち、男言葉でしゃべってる」といったキツさはありません。


 

最後に

かわいい大阪弁、いかがでしたでしょうか。このさりげなさ、大阪人はトクだな、と思うフレーズも多々あります。が、関東人が中途半端に大阪弁を喋るのは禁物!発音や使い方の微妙な間違いにイラッとしてしまうそうです。自分の言葉で喋りながらでも、彼らのノリについていくことは十分に可能ですよ。

かわいい大阪弁一覧★関東人にモテる方言の言葉10選

①「めっちゃ好きやー」
②「えー、そんなんあかん」
③「今日会える言うてたやん、なんでなん?」
④「付き合うてるの、誰にも言うたらあかんで」
⑤「今夜あんたん家行ってかめへん?」
⑥「あの子とはなーんもなかったって、ホンマなん?」
⑦「何言うてんの、そんなん言わんといて!」
⑧「そんなん、ようやらんわー」
⑨(会話の途中で)「やんなぁ?」
⑩「また後でなー」