埼玉県秩父神社③埼玉一の秩父夜祭!1年前から宿泊予約を!

秩父夜祭 photo by 冬哭
程よく田舎・程よく都会な埼玉県のお祭りは、自然を楽しむものからアクティブなフェスティバルまで、多種多様!今回は地元民が特に食いつく、地元民が大好きなお祭りをご紹介していきます!

 

埼玉県の超楽しいお祭り★地元民大好きおすすめ10選

 


①首都圏最大級のよさこいの祭典「坂戸よさこい」

全国各地からよさこいチームが集まるよさこい祭り。参加チームの多さは首都圏最大で、毎年100チーム以上が参加しています。その中には、よさこいの本場・高知市の大会で上位に入る強豪チームも。

「よさこいってお婆ちゃんの踊りでしょ?地味そう」と思っている方こそ、一度坂戸のよさこい祭りを見に行くべきです!みんなを扇動して祭りを盛り上げているのは、ギャル風の子や爽やか系イケメンなど、若い人たちばかり。このお祭りを見て、よさこいにハマッた学生さんも多いんですよ。

開催地:坂戸市文化会館大駐車場(埼玉県坂戸市元町17−1)
開催時期:10月初旬(2014年までは8月開催でしたが、2015年より10月開催に変更されました)

②約500万本の花!「巾着田曼珠沙華まつり」

巾着田は野生の曼珠沙華(彼岸花)の群生地。毎年秋になると約500万本の花が河川敷一面に咲き乱れます。「人の手を加えない」ことをモットーとしており、花のコンディションをコントロールする様なことは一切していません。そのため、祭りの開催期間中なのにあまり花が咲いていない、ということもよくあります。

猛暑日の後、寒い日が続くと曼珠沙華は一気に花開きます。その時期を目安に出かけると良いでしょう。

開催地:巾着田曼珠沙華公園内(埼玉県日高市大字高麗本郷125−2)
開催時期:9月中旬~10月上旬(開花状況により毎年変更されます)

③毎年80万人以上の人出!「川越まつり」

関東三大祭りの一つである川越祭り。川越を代表する一大イベントです。祭り期間中の2日間だけで、毎年80万人以上の人出を数えています。

川越祭りの面白いところは、メイン通りから一本路地に入ったところでもぎっしりと出店が並んでいることです。しかも定番物の出店ではなく、アジアン料理や珈琲屋さん、卵かけご飯屋のお店など、風変わりなものばかり。メイン通りの混雑も回避出来るので、路地裏探検はおすすめですよ。

開催地:西武新宿線 本川越駅付近
開催時期:10月第3日曜日とその前日の土曜日

④紅葉の美しさは関東屈指!「奥秩父大滝紅葉まつり」

秩父地方の清流と紅葉を背景に、秩父路の秋を満喫するお祭りです。紅葉の美しさは関東屈指とまで言われています。

お祭りでは、郷土芸能の演舞や特産品市なども開かれます。一番の見所は、メイン会場である三峰神社周辺で行われるカエデのライトアップ!昼間の紅葉とは一味違った、幻想的な世界を見ることが出来ますよ。

開催地:三峯神社、三峰など。(埼玉県秩父市三峰298-1)
開催時期:10月中旬~11月中旬

★三峰神社の詳細はこちらをチェック!
埼玉県は秩父のそばランキング★地元民おすすめ10選

⑤埼玉一の6日間にわたる大祭!「秩父夜祭」

パワースポットとして有名な秩父神社の例大祭。日本三大美祭・日本三大曳山祭の一つに数えられています。12月2日が宵宮、3日が大祭となっており、山車の曳きまわしや本格的な花火大会が行われます。

お祭りイベントで是非おすすめしたいのが、この花火大会です!真冬の花火大会自体がそもそも珍しいのですが、尺玉やスターマインなど、かなり規模の大きい花火を見ることが出来ます。煌びやかな山車と花火の競演は一見の価値がありますよ。

開催地:秩父神社付近。(埼玉県秩父市番場町1-3)
開催時期:12月1日~12月6日

★秩父夜祭の詳細はこちらをチェック!
埼玉県の秩父夜祭をMAX楽しむ為の10のこと

★秩父神社の詳細はこちらをチェック!
埼玉県の秩父神社★お参り前に知っておきたい10のこと

⑥昼は熱く夜は厳か!「川越百万灯夏まつり」

川越市街地が無数の提灯で彩られる、川越伝統の夏祭りです。かつて川越藩主だった松平斉典の遺徳を偲ぶ祭りで、現代では川越の夏の風物詩の一つとなっています。

おすすめはオリエンテーリングです。子供のためのイベントかと思いきや、抽選で当たる景品は大型テレビやデジカメなど、大人向けのものばかり。子供より大人の方が必死になってチェックポイントをまわっています。

開催地:西武新宿線 本川越駅付近
開催時期:7月最後の土曜日とその翌日の日曜日

⑦約2haの大規模梅林!「越生梅林 梅まつり」

関東三大梅林の一つ、越生梅林。園内には樹齢650歳の古木や白加賀、越生野梅、紅梅など、約1000本の梅が植えられています。

お土産には是非、梅を使った特産品を買っていきましょう。梅干やしば梅、梅ジュースなどの定番品も良いのですが、やはり一押しは甘露梅(かんろばい)。お茶請けに最適で、地元民にとても人気のある梅菓子です。

開催地:越生梅林(埼玉県入間郡越生町堂山113)
開催時期:2月中旬~3月中旬

⑧7haの園内に広がる冬桜!「城峯公園冬桜まつり」

城峯公園は、日本国内でも珍しい秋の夜桜見物が出来るスポットとして有名です。園内の冬桜は「十月桜」という品種で、秋から初冬、春に花を咲かせます。お祭り期間中は周りの木々も紅葉で色づいているため、紅葉と桜の2つを同時に楽しむことが出来ます。

冬桜まつりのメインは夜。冬桜のライトアップやイルミネーションによる演出は情緒たっぷりです。

開催地:城峯公園(埼玉県児玉郡神川町矢納1277)
開催時期:10月下旬

⑨最大規模の防空基地!最大規模の航空ショー!「入間航空祭」

航空自衛隊の基地で開催される、日本最大の航空祭。基地に配備されているC-1輸送機やF-15の展示、ブルーインパルスのアクロバット飛行などが行われます。

誰でも参加出来る人気イベントですが、入場時のセキュリティチェックはかなり厳しいです。手荷物検査と金属探知機による身体検査があります。撮影用の脚立や三脚なども危険物とみなされ、入場不可となるので要注意。

開催地:航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市稲荷山2丁目3)
開催時期:11月3日(雨天決行)

⑩長蛇の列必死!「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」

埼玉にはたくさんのご当地グルメがあります。市町村1つにつき、最低1つのB級グルメがあると言っても過言ではありません。そんな数あるB級グルメの中から埼玉No.1を決めようではないか、というのがこの大会の趣旨。

人気グルメの出店は50人超えの長蛇の列が出来ていることも。昼過ぎには完売してしまうこともあるので、出来るだけ開演と同時に入場した方が良いです。

開催地:年度毎に異なります。
開催時期:年1回、不定期開催


 

最後に

埼玉県民が好きなお祭りをご紹介致しました。今回載せたお祭りは、他県の方でも気兼ねなく参加頂けるものばかりです。この機会に是非、埼玉まで足を運んでみてくださいね!

埼玉県の超楽しいお祭り★地元民大好きおすすめ10選
①「坂戸よさこい」
②「巾着田曼珠沙華まつり」
③「川越まつり」
④「奥秩父大滝紅葉まつり」
⑤「秩父夜祭」
⑥「川越百万灯夏まつり」
⑦「越生梅林 梅まつり」
⑧「城峯公園冬桜まつり」
⑨「入間航空祭」
⑩「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」