山形県イルミネーションランキング★地元民おすすめ10選

山形県へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!

今やイルミネーションは全国どこでも見ることが出来ますが、山形のイルミネーションは、雪と自然とライトのコラボレーションが本当に素敵!

本記事では「山形県イルミネーションランキング★地元民おすすめ10選」をご紹介いたします!

山形県イルミネーションランキング①「世界の平和を願って灯される雪のイベント、上杉雪灯籠まつり(米沢市)」

上杉雪灯篭まつりでは、冬の雪で真っ白の染まった上杉神社で毎年開催されるイルミネーションを見ることが出来ます。

電飾だけではなく、雪灯篭と雪ぼんぼりといった、幻想的なライトアップが中心となっています。

雪に“美”と“詩情の幻想”を、戦没者の御霊に献灯して、『命の尊さと世界平和を次世代に伝えたい』という想いが込められた、イルミネーションテーマとなっています。

会場では、演奏やダンスといったステージイベントをはじめ、米沢のご当地料理を味わうこともできますよ!

photo by 山形県米沢市《上杉雪灯篭まつり》公式ホームページ

山形県イルミネーションランキング②「イルミネーションイベントでは若手!ひがしねウィンターフェスティバル(山形市)」

View this post on Instagram

やっと行けた! ひがしねWINTERFESTIVAL❄ . パパにはフル装備に着込んでもらって 寒いけどいつもより寒くないから行けたよ . パパにチュッ😘するアンジェロ ママにはしない😭 . 水泳部パーカー着てったら雪中水泳してるアンジェロ😂 さぞかし気持ちよかったことでしょう🏊‍♂️ . 14日までだったから、その前に氷点下にならない夜があってよかった💛 * * #ゴールデンレトリバー #アンジェロ #ぴーすっ子 #ぴーすファミリー #ひがしねウィンターフェスティバル #まなびあテラス #1/14まで #雪上で溺れてる犬 #満足気 #わんすたぐらむ

A post shared by Youmico ◡̈*♡.°⑅ (@youmico_angel) on

東根市の「まなびあテラス」を中心に開催されているイルミネーションイベントです。

実は、開催は2018年-2019年で2年目という、最近開催されたイルミネーションイベントなんです。

また開催期間の12月の週末は、ドイツ発祥のクリスマスマーケットも同時に開催していて、イルミネーション以外にも、温かい飲み物やグルメ、雑貨などの出店も!

山形県イルミネーションランキング③「『雪の降る街を』がテーマのイルミネーション、鶴岡冬まつり(鶴岡市)」

鶴岡市にある、致道博物館(旧西田川郡役所)、大宝館(鶴岡公園内)を中心に開催されるイルミネーションイベント。

これは名曲「雪の降る街を」にちなんだイベントで、鶴岡冬まつりの1つとして毎年開催されています。

雪景色の中にライトアップされた明治、大正時代に建てられた白亜の洋風建築物は、なんとも幻想的な雰囲気を醸し出しています。

  • 【住所】山形県鶴岡市馬場町4
  • 【アクセス】鶴岡駅より車で約10分
  • 【地図】鶴岡冬まつりの地図
  • 【開催時期】12月下旬~2下旬頃

山形県イルミネーションランキング④「夜の幻想的なアイスモンスターを見よう!樹氷ライトアップ(山形市)」

蔵王連峰の樹氷は、「アイスモンスター」という名称で、世界でも大変有名なものとなりました。

蔵王の樹氷は、日中だけが素晴らしいだけではありません。なんと樹氷が期間限定でライトアップされる期間があるんです!

日中の樹氷の姿とは別の表情を見せてくれる、夜の樹氷のライトアップは、まるで幻想的で別の空間にタイムスリップしたような気分にさせてくれます。

  • 【HP】樹氷ライトアップ | 蔵王ロープウェイ
  • 【住所】山形県山形市蔵王温泉
  • 【アクセス】JR「山形駅」からバス約40分「蔵王温泉バスターミナル」下車、または山形自動車道「山形蔵王IC」から西蔵王高原ライン経由で車約30分
  • 【地図】蔵王の樹氷の地図
  • 【開催時期】例年12月下旬~3月上旬

山形県イルミネーションランキング⑤「光のイベントで商店街も大盛り上がり!光のプロムナード(山形市)」

光のプロムナードでは、十日町角から七日町、文翔館までの距離を、イルミネーションが照らします。

その距離は、約1.5kmに及びます。

七日町商店街ではなんと、壁にもイルミネーションを行っていて、期間中はいつも以上に活気にあふれていますよ!

  • 【HP】七日町ほっとなる通信
  • 【住所】山形県山形市七日町 十日町角~七日町・文翔館 七日町大通り
  • 【アクセス】JR山形駅から徒歩10分(十日町角)
  • 【地図】山形市七日町の地図
  • 【開催時期】11月下旬~1月上旬頃

山形県イルミネーションランキング⑥「一か所で二度美味しいイルミネーションイベント開催!霞城セントラル(山形市)」

山形市のランドマークである「霞城セントラル」でも、イルミネーションイベントが毎年開催されます。

1階アトリウムに、ライトアップされた、高さ約20mのピンクとホワイトのツリーやサンタクロースのオブジェが登場!なんと、ツリーは中に入ることができるのです!

また24階展望ロビーでも、星空をイメージしたイルミネーションを見ることが出来ます。市内の夜景や星空との美しいコラボレーションで、心も穏やかになります。

山形県イルミネーションランキング⑦「規模も期間も山形最大規模!やまがた雪フェスティバル(寒河江市)」

View this post on Instagram

だいちゃんの!鶴の一声で!やったね! 第4回 #やまがた雪フェスティバル 2019 ⊂( ^-^)⊃! 大にぎわい!…かかか、完全に考え甘かったぜ…!(苦笑) そして… ねぇ!?ウサヒ!!ウサヒはどごさ居だな…?!涙 (んでも!12月に三川イオンで参加した時の塗り絵を発見でぎだよ⊂( ^-^)⊃遠ぐがらでもパワフルしょこたんがめんこがったよ⊂( ^-^)⊃) 行がいでおもしぇっけよー!もっけだ( ^-^)☆ . #山形県 #寒河江市 #最上川ふるさと総合公園 #朝日町 #桃色ウサヒ #mokeke #モケケ (…鶴の一声って…なんだ…?)←

A post shared by ヅラじゃないモケケだ。山形モケケだ。 (@0114ramg) on

最上川ふるさと総合公園で開催される、「やまがた雪フェスティバル」の一環として、山形県内最大規模を誇る、イルミネーションを鑑賞することが出来ます。

期間も長期間で、昨年度はクリスマスからお正月、バレンタインまでの約80日を光が包んでくれました。

山形県イルミネーションランキング⑧「長井市民の手作り溢れるホッコリイベント!ながい雪灯り回廊まつり(長井市)」

毎年2月第1土曜日に開催されるこちらのイルミネーションイベントは、なんと長井市の市民が手作りした雪灯りが街中に灯るんです!

毎年、イベントのために市民が手作りを行っているところから、ランタンの種類も毎年様変わり!

雪国ならではの遊や催し物なども開催されるので、ぜひ足を運んでみてください!

山形県イルミネーションランキング⑨「3mの“幻想雪回廊”があなたを導く!おおくら雪ものがたり(大蔵村・肘折温泉)」

「おおくら雪ものがたり」は、肘折温泉の冬の風物詩。

肘折トンネルから会場まで、3mもの雪壁に穴をあけ、ろうそくを灯した「幻想雪回廊」というイルミネーションから始まり、会場では、名物の巨大雪だるまが私達を迎えてくれます。

会場では、冬の花火も打ち上げられます!

甘酒・玉こんにゃくのサービスなどもあり、全力で訪れた人を迎えてくれますよ。

山形県イルミネーションランキング⑩「初秋の癒しイルミネーション!宝珠山ライトアップ・光のロード」(山形市)」

松尾芭蕉が句を詠んだことで有名な山寺こと、宝珠山立石寺五大堂と開山堂が、秋の夜にライトアップされます。

山肌に映し出されるライトアップは、なんとも幻想的。日中と違った表情を私たちに見せてくれますよ♪

  • 【HP】山寺観光協会
  • 【住所】山形県山形市大字山寺4456-1
  • 【アクセス】JR仙山線「山寺駅」から徒歩7分
  • 【地図】山寺周辺の地図
  • 【開催時期】10月下旬~11月上旬頃

最後に

イルミネーションと言えば、冬に多いですが、山形では山寺の様に、夏のライトアップも楽しめるんです!あなたの訪問するタイミングに合ったイルミネーションイベントに、足を運んでみてくださいね♪

山形県イルミネーションランキング★地元民おすすめ10選

  • ①世界の平和を願って灯される雪のイベント、上杉雪灯籠まつり(米沢市)
  • ②イルミネーションイベントでは若手!ひがしねウィンターフェスティバル(山形市)
  • ③「雪の降る街を」がテーマのイルミネーション、鶴岡冬まつり(鶴岡市)
  • ④夜の幻想的なアイスモンスターを見よう!樹氷ライトアップ(山形市)
  • ⑤光のイベントで商店街も大盛り上がり!光のプロムナード(山形市)
  • ⑥一か所で二度美味しいイルミネーションイベント開催!霞城セントラル(山形市)
  • ⑦規模も期間も山形最大規模!やまがた雪フェスティバル(寒河江市)
  • ⑧長井市民の手作り溢れるホッコリイベント!ながい雪灯り回廊まつり(長井市)
  • ⑨3mの“幻想雪回廊”があなたを導く!おおくら雪ものがたり(大蔵村・肘折温泉)
  • ⑩夏の癒しイルミネーション!宝珠山ライトアップ・光のロード」(山形市)

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。


山形観光スポット
この記事を書いた人
あさひなペコ

東京生まれの東京育ち、第二言語がドイツ語のオタク。ネイティブ山形の母・ネイティブ長野の父の間に生まれる。
旅行業界、貿易事務を経て、フリーのオタクライターとして活動中。
山形/米沢、長野県にゆかりのある上杉謙信公・直江兼続公・前田慶次を応援している、日本史オタクでもある。
現在は自身の経験を活かし、ドイツ語を楽しく学べるサイトを立ち上げながら、アメコミ映画レビューからLEGOに関する記事の他、こちらでは母の故郷である山形に関する記事を執筆している。

あさひなペコをフォローする
大日本観光新聞
タイトルとURLをコピーしました