山形県鍋料理ランキング★地元民おすすめ10選

山形県へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!

山形県では、寒い冬を越すための鍋物が豊富にあるのをご存知ですか?主に具沢山の汁物系が鍋としてふるまわれているんですよ!

あさひなペコ
あさひなペコ

それでは、本記事では「山形県鍋料理ランキング★地元民おすすめ10選」をご紹介いたします!

山形県鍋料理ランキング①「冬季限定!山形の冬の家庭の味!納豆汁」

山形の冬(12月~ 2月)にしか出回らないとされているのが、この納豆汁!

納豆を鍋に入れて汁ものとして味わう、一風変わった山形県の、特に最上地方の冬の風物詩です。

1月7日の七草の日や、12月9日の大黒様のお歳夜(お祭り)の他、お祝いの席で出されることが多いんだとか。

芋がら(サトイモの茎を干したもの)、キノコ、山菜、セリなどの野菜などが入ったみそ汁に、すりつぶした納豆を加えて味つけ!

実は、店舗でも提供している場所が少なく、味わえるお店も限られています。

山形県鍋料理ランキング②「ネーミングが面白い!べろべろ餅汁」

View this post on Instagram

ジビエな夜 #鹿肉 #イノシシ #べろべろ餅

A post shared by 瑛乃 (@akinopiiya) on

べろべろ餅を使った鍋。おもに山形県鶴岡市の温海地域に伝わる郷土鍋です。

べろべろ餅という面白いネーミングですよね。べろべろ餅は、うるち米で作る棒状の餅で、専用の機械で出来上がった餅がひも状に出てくる様子から命名されたんだとか。

べろべろ餅は、普通の餅と違いすぐ柔らかくなりますが、煮ても形が崩れない!

鶏むね肉、野菜、椎茸、べろべろ餅を食べやすい大きさに切った鍋料理として愛されています!

山形県鍋料理ランキング③「山形と言ったらやっぱりコレしかない!芋煮鍋」

View this post on Instagram

“World’s Largest Imoni Pot” Imoni is a type of taro and meat soup eaten traditionally in the autumn in the Tōhoku region of Japan. (From Wikipedia) For its 30th annual Japan’s biggest Imoni festival, the festival challenged on a Guinness World Record for “how many imoni can be served for 8 hours” As a result, 12,695 soups were served during that day and a world record was born (I was also took part of this challenge) —————————————— #yamagata #imoni #guniessworldrecord #japan #japaneseculture #instagramjapan #unknownjapan #far_eastphotography #explorejpn #ig_japan #cooljapan #tokyocameraclub #japan_of_insta #light_nikon #nikonasia #nikon1v2 #nikonphotography #photoshopexpress #visit_photo_club #山形 #山形市 #日本一の芋煮会フェスティバル #ギネス #日本文化 #ミラーレス一眼 #ファインダー越しの私の世界 #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい

A post shared by Louie (@aus_dish_travels) on

View this post on Instagram

2018.9.16(日)-1- #日本一の芋煮会フェスティバル 2018-1- 今年もやってきました#日本一の芋煮会 いつの間にか抜かれていた#芋煮鍋 新たに作り#日本一の芋煮鍋 に!! 今日も朝っぱらからやってきた 並んでいる隣の親子の非常識さが何とも言えず、調子にのる父親、段々気まづくなる子供、黙ったままの母親 気分悪いね😟 整理券配布前に鍋を見に行ったら火の勢いの凄まじいこと!! 横からガンガン出てるよ、炎🔥 焼けないか心配でしたよ しばらくすると#じゅっきー 登場👏👏 #ハサミを持ちチャッキーと化すじゅっきー じゅっきーからのお言葉 #ちゃんと手洗え ←大事 #芋煮マン #里子ちゃん も登場👏👏 整理券配布も開始し、オープニングセレモニーも開始 開始したらじゅっきーは反対側のブースへ・・・ #芋煮会#鍋太郎#馬見ケ崎川原#馬見ケ崎河川敷#芋煮#山形グルメ#郷土料理#山形の味#山形市は醤油と牛肉#ゆるキャラ#じゅっきーくん#樹氷家族

A post shared by 339ミミック339 (@run_kids_run326) on

山形を語るうえで、山形のソウルフード・芋煮は外せません!

芋煮は家庭料理として広く山形県で愛されており、山形の鍋の郷土料理扱いになります。

名前のとおり、鍋のメインは里芋!そこに野菜をたっぷり入れて味わいます。

地区によって味付けが異なり、醤油味のときは牛肉を、味噌味のときには豚肉を使うのが一般的です。

秋になると県内各地の河川敷などで、鍋を囲む風景がよくみられますよ ♪また、毎年9月の第1日曜に、馬見ヶ崎川河川敷で「日本一の芋煮会フェスティバル」が開催!巨大な鍋で作られた芋煮をあなたも食べに行こう!

photo by 日本一の芋煮会フェスティバル

山形県鍋料理ランキング④「地域色が出る山の恵みを存分に!山菜鍋」

山形は山の幸の宝庫でもあります。

そんな山の名産、山菜を存分に味わえるのが、この山菜鍋。

採れたて新鮮な山菜とキノコをふんだんに使い、鶏肉が加えられる一品!場所によっては、ウサギやクマの肉を使うこともあるとか!

山菜も、場所によってさまざまな物が入り込んでくるため、同じ山形でもまた違った味わいを楽しめるかも?!

  • 【HP】山菜料理 出羽屋
  • 【住所】山形県西村山郡西川町間沢58
  • 【アクセス】山形自動車道の西川インターから車で約4分、山形自動車道の月山インターから車で約18分
  • 【地図】出羽屋の地図

山形県鍋料理ランキング⑤「なんだかかわいいネーミング♡芋っこぼた餅鍋」

なんだか地元特有の雰囲気がする鍋ですね!

「芋っこぼた餅」とは、山形県鶴岡市松ヶ岡産の里芋と米を一緒に炊いたものをすり潰し、丸めた団子のことを言います。

何と江戸時代から伝わっている、伝統の食べ物なんです!

そんな芋っこぼた餅をお鍋に入れて食べるのが、芋っこぼた餅鍋です♪

きりたんぽよりもモッチリ、里芋とお米のコラボレーションがたまらない逸品です。

ここで買えます!

山形県鍋料理ランキング⑥「酒の名産地が生んだ!山形県の粕汁」

View this post on Instagram

鮭の粕汁鍋 Salmon's Kasujiru – Nabe (a hot-pot dish) ・ 久しぶりに粕汁鍋。今季は柔らかめの純酒粕袋入を使ってます。(前は福光屋さんのペースト状を時短使用)煮込む時、出汁で溶いてから使うんですが香りも旨味もよりよい感じで美味😋 サーモンは仕事場レストランから譲ってもらったタスマニア鮭のアラ🐟。 他には、白菜、玉ねぎ、舞茸、白滝。 ・ さて〜昨日ストーリーズに載せた「ちりすき鍋」。家族の失効間際のTポイントを使い、SALE品を見つけてポチッとした鍋です。欲しかったモノは丁寧に扱っちゃいますよね〜。次はうどんすきをリクエストされたけど私は蟹すき🦀がしたい😋鍋より高くつくな〜〜🤣😂 ・ ・ #鍋生活 #ちりすき鍋 #日本製 #サーモスのフライパンほしい

A post shared by yumi.nbk (@yumi.nbk) on

山形県と言えば、酒どころでもあります。そんな酒どころ山形県の上質な酒粕を利用したのが、この粕汁!

鍋物としても愛されている卿土鍋料理です。

大根と打ち豆を酒粕で煮込み、塩じゃけが加えられるという、体が心から温まりそうなメニュー♪

地元山形県で社、「借りものをしないで、かす(粕)ことができるように」というような、縁起を担いだ料理としても親しまれています。

山形県鍋料理ランキング⑦「夏の珍しい風物詩、塩くじら汁」

山形県は、クジラを使った料理があるのをご存知ですか?今は世界的にも物議を醸しているせいか、見かることが減っており、高価な食べ物になっているそうですが、

こちらの塩クジラ汁も鍋物として、昔から親しまれているんです。

クジラの皮を塩漬けにしたものを、じゃがいもや大根と煮込み、酒粕で味をつけ、味噌や醤油で味付けを施します。

くじらは豊漁のシンボルとも言われ、その肉を使うことから、縁起ものとして正月や結婚式に振舞われることも多いのだそうです。

北海道や広く東北地方に伝わる塩くじら汁は、冬に食されるのが一般的ですが、山形では夏バテ防止の鍋物として大活躍!

山形県鍋料理ランキング⑧「採れたてのタケノコを贅沢に!孟宗汁」

View this post on Instagram

お疲れ様デス𖠚ᐝ * ツツジ綺麗な時期❀✿❀✿ 時期といえば…… どこ行ってもだいたい孟宗系出るよね💦 * 知り合いの家に行って、有難く孟宗.。o○ * ご近所さんから有難く孟宗.。o○ * お客様から有難く孟宗.。o○ * ついでに農家の人からコンテナで孟宗が玄関に置いてあった😂🙌 * 負けじと!知り合いや友達にお裾分け~って行ったら……あいやぁ~⤴⤴さっき貰ったばっかりだなやぁ~(笑)って( ;´ω`)チーン * 田舎あるある゚・*:.。❁ * 最近、収穫場所で孟宗の食べ比べが分かるようになってきた‪𐤔‪𐤔(≧∇≦*)👏✨ * * #お疲れ様デス𖠚ᐝ #ツツジ #白ツツジ #田舎あるある #孟宗 #孟宗汁 #たけのこご飯 #筍ご飯 #酒粕 #野菜パラダイス #蠍座満月 #ウエサク満月 #過去の傷を癒す #浄化作用 #真実を知る #明確になる #陰と陽 #光と闇 #プラスとマイナス #☆★smile★☆Happy #今日も命にありがとう

A post shared by 成澤 ゆき子 (@yukikomama618) on

山形の春~初夏の郷土料理としてポピュラーなのが、孟宗汁!

孟宗とは、タケノコの仲間のこと。実は孟宗筍の産地としては、日本全国で一番最後に収穫できるのが、山形県は庄内地方なんですよ!

こちらも鍋物として山形県内で親しまれていて、特に庄内地方でよく食されています。

孟宗筍は採れたてが命!入手したらすぐに調理を開始するそうです。タケノコの歯ごたえと素朴な風味がたまらない♡

ここで食べれます!

池田食堂

  • 【住所】山形県鶴岡市本町3-9-6
  • 【アクセス】鶴岡駅から127m
  • 【地図】池田食堂の地図

山形県鍋料理ランキング⑨「冬の外でたくさんの人と囲みたい♪寒鱈汁」

寒鱈汁は、鱈汁、寒だら汁、どんがら汁といろんな名称で親しまれている山形庄内地方を代表する鍋料理!

「鱈汁」は一年を通して食べられます。しかし、特に冬の産卵期を迎えるタラは美味いことから「寒ダラ」と呼ばれているんですよ。

そんなわけで、こちらも納豆汁に並び、12-2月の冬の風物詩です。

重さは7~10キロにもなるという大きな「タラ」をまるごと汁に入れて味わう豪快な鍋をみんなで囲みながら味わう鍋は、庄内地方に住む人たちの

冬の楽しみの一つとなっています♪

ここで食べれます!

料理・宿 坂本屋(日帰り宴会プランがあります!)

  • 【HP】料理・宿 坂本屋
  • 【住所】山形県鶴岡市三瀬己91
  • 【アクセス】JR羽越本線 新潟駅から温海駅まで特急で1時間30分。温海から普通に乗り換え三瀬駅まで15分。鶴岡駅からは25分。三瀬駅より徒歩5分。
  • 【地図】料理・宿 坂本屋の地図

山形県鍋料理ランキング⑩「消えた郷土鍋料理が復活!にぎりばっと」

また珍しい名前の鍋料理が登場!”にぎりばっと”とは、そば団子の一種。

昔はそばが大変な高級品。庶民は今の私たちが食べているような蕎麦を味わうことが禁じられていたため、自分たちで収穫した蕎麦を食べるために握って食べたことがルーツ。にぎりばっとの”ばっと”とは、ご法度(はっと)が訛って、ばっとと呼ばれるようになり、できた名称なんですよ!

時が流れ、庶民が堂々と麺状の蕎麦を食べれるようになってからは、”にぎりばっと”の姿は消え去っていきました。

山形県の北村山郡大石田町が全国に誇る「そば」で地域おこしするプロジェクトで、消滅したこの料理が復活を遂げました!

大石田名産のそば粉を水で延ばし、打ち粉をつけて茹でたそば団子。この時についた握った跡が、まさに“にぎりばっと”の”にぎり”という名称の由来だそうです。

にぎりばっとのそば団子汁には、醤油ベースの汁に、鶏肉や野菜などを入れて味わいます。

今ではテレビでも話題を集め、当時の姿とは一味違い、具だくさんとなった”にぎりばっと”汁、山形県でしか味わえない逸品です!

  • 【HP】そば吉峰
  • 【住所】山形県北村山郡大石田町駒籠116-3
  • 【アクセス】北大石田駅から2,711m
  • 【地図】そば吉峰の地図

最後に

あさひなペコ
あさひなペコ

広い山形県。定番の家庭の味から、消えた郷土料理の再興まで、山形は鍋大国でもありました。あなた好みの鍋を探しに出かけてみませんか?

山形県鍋料理ランキング★地元民おすすめ10選

  • ①冬季限定!山形の冬の家庭の味!納豆汁
  • ②ネーミングが面白い!べろべろ餅汁
  • ③山形と言ったらやっぱりコレしかない!芋煮鍋
  • ④地域色が出る山の恵みを存分に!山菜鍋
  • ⑤なんだかかわいいネーミング♡芋っこぼた餅鍋
  • ⑥酒の名産地が生んだ!山形県の粕汁
  • ⑦夏の珍しい風物詩、塩くじら汁
  • ⑧採れたてのタケノコを贅沢に!孟宗汁
  • ⑨冬の外でたくさんの人と囲みたい♪寒鱈汁
  • ⑩消えた郷土鍋料理が復活!にぎりばっと
あさひなペコ
あさひなペコ

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。


山形
この記事を書いた人
あさひなペコ

東京生まれの東京育ち、第二言語がドイツ語のオタク。ネイティブ山形の母・ネイティブ長野の父の間に生まれる。
旅行業界、貿易事務を経て、フリーのオタクライターとして活動中。
山形/米沢、長野県にゆかりのある上杉謙信公・直江兼続公・前田慶次を応援している、日本史オタクでもある。
現在は自身の経験を活かし、ドイツ語を楽しく学べるサイトを立ち上げながら、アメコミ映画レビューからLEGOに関する記事の他、こちらでは母の故郷である山形に関する記事を執筆している。

あさひなペコをフォローする
大日本観光新聞
タイトルとURLをコピーしました