山形県B級グルメランキング★地元民おすすめ10選

山形県へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!

山形県は食の宝庫!是非、その目で、その舌で、山形ご当地のB級グルメの味を味わいに出かけてみてくださいね!

それでは、本記事では「山形県B級グルメランキング★地元民おすすめ10選」をご紹介いたします!

山形県B級グルメランキング①山形B級グルメの名詞!芋煮(全域)

山形と言えば芋煮です!この芋煮自体は、東北地方全域で広く食べられていますが、山形の芋煮は、醤油味ベースのダシと牛肉を使っているのが特徴!

基本的な具材は「里芋」「牛肉」「ネギ」「こんにゃく」の4つで、醤油、砂糖、お酒で味付けしています。ネイティブ東京の筆者ですが、山形出身の母の芋煮でこっそり味の餌付けをされていたこともあって、芋煮が自然と作れるようになっています(笑)

毎年、芋煮会なる集まりが山形県各所の河原で繰り広げられていまして、それだけ芋煮は山形県民に愛されています!

筆者の母も、毎年、同窓会という名の芋煮会の参加案内を受け取っていたのを思い出します(笑)

毎年9月の第1日曜に馬見ヶ崎川河川敷で「日本一の芋煮会フェスティバル」が開催されたら、それは山形県民にとっての芋煮シーズンが始まったとも言えます。是非、その味を堪能しに芋煮会へ足を運んでみてはいかがでしょうか!?

山形県B級グルメランキング①山形B級グルメの名詞!芋煮(全域)

参照:日本一の芋煮会フェスティバル|Facebook

山形県B級グルメランキング②え?!あのお魚を食べるの?!鯉料理(米沢市)

これぞB級と言ってもいいでしょう。山形県米沢市では、鯉をたべるんですよ!

なんでも、上杉家十代藩主、上杉鷹山が推奨したと言われています。

米沢は水産資源に乏しい土地で、蛋白源の補給のために米沢城の濠で育てたのが、鯉を食す由来となったようです。今では、米沢のABC(舘山林檎、米沢牛、鯉)と言われているくらいの名産品となっています。

鯉を食べるなんて、他都道府県の皆さんからしたら驚きの事態でしょう。ですが、三才鯉を使用し、清流と冬の寒さで川魚特有の臭みが出にくいのが特徴!鯉こく、鯉丼などの食べ方で米沢市民には愛されています。

筆者の祖母はネイティブ山形。毎年お歳暮、お祝い事があった時に鯉こくをわが家に送ってくれました。

骨は多いけど、本当に臭みもなく、とても美味しいですよ♪

↓ここで食べられます!

  • 【住所】山形県米沢市東1-8-18
  • 【アクセス】JR米沢駅から徒歩12分
  • 【地図】米沢鯉 六十里の地図

山形県B級グルメランキング③全国の味噌をブレンド!赤湯からみそラーメン(南陽市)

View this post on Instagram

仙台発山本譲二を聴きながら🎶二泊三日のみちのくひとり旅最終日‼️早朝6時から蔵王温泉大露天♨️(3枚目・4枚目)に入浴♨️→お釜を目指しますが濃霧の為断念😣→上山温泉で温泉饅頭の朝食😋→道の駅鮎と紬の里しらたか(5枚目)で豆腐田楽(6枚目)を堪能‼️→いよいよ本日のメインイベント‼️山形県南陽市の龍上海赤湯本店(2枚目)でランチ‼️さすがに全国区の人気店、開店時並びは30人超えでした‼️おいらは15分前に到着して13人目でした👍もちろん赤湯からみそラーメン🍜を注文‼️着丼(1枚目)想像以上に美味しかったです👹😋横浜ラー博にも出店しているとのことなので今度行ってみます😆→仙台を目指して七ヶ宿街道→やまびこ吊り橋(7枚目)→薬湯鎌先温泉木村旅館♨️で2度目の立ち寄り湯(8枚目)→村田町蔵の街並み(9枚目)→仙台大観音(10枚目)→竜泉寺の湯で3度目の立ち寄り湯♨️☺️これからレンタカー返却して今回の旅は終了です👍😃とても充実した二泊三日のみちのくひとり旅でしたー😆 #山形 #蔵王 #蔵王温泉 #蔵王温泉大露天風呂 #上山温泉 #秘湯を守る会 #道の駅 #鮎と紬の里しらたか #豆腐田楽 #南陽市 #赤湯 #龍上海本店 #赤湯からみそラーメン #超 #美味い #なまら #なまらうまい #鎌先温泉 #秘湯 #温泉 #湯治 #村田 #蔵の街並み #仙台大観音 #ラーメン #ラーメン部 #ラーメンインスタグラマー #ラーメン好きな人と繋がりたい #麺スタグラム #無言フォロー大歓迎

A post shared by yoshiyuki-takeda (@yoshiyuki79839417) on

山形はラーメン大国でもあります!その中でも、未だ行列の絶えない赤湯からみそラーメンは、中央にトッピングされた「辛味噌」が特徴の味噌ラーメン!

全国各地の様々な味噌をブレンドした味噌だれス-プに、モチモチしこしこの太めの平打麺の、なんとも言えないコンビネーションは絶妙!辛味噌を溶かしながら食べるラーメンは、他のラーメンにはない美味しさ!

有難いことに、辛さを調節しながら食べられるのも特徴!

↓ここで食べられます!

山形県B級グルメランキング④冷やして食べちゃうの?!冷やしラーメン(全域)

ラーメン大国山形県では、季節に合わせたラーメンがご賞味いただけます!なんと、冷やしラーメンなるものがラーメン屋さんに当然の如くならんでおり、夏の風物詩となっているんです!

その発祥は山形市の栄屋本店さんと言われており、60年以上も前から地元で食べられている定番グルメ!

どうしてかというと、山形のその地形に関係があります!

夏の山形は物凄く暑く、日本一を記録したこともあるほど!お客さんの「冷やし蕎麦があるんだから、冷たいラーメンが食べてみたい!」というヒントから考案されたそう!以来、夏は山形のいたるところで様々な冷やしラーメンが販売され、色々な味を楽しむことができます。

筆者も久々に米沢帰省の際、この冷やしラーメンを堪能しました。

↓ここで食べられます!

  • 【HP】栄屋本店
  • 【住所】山形県山形市本町2-3-21
  • 【アクセス】JR山形駅徒歩20分
  • 【地図】栄屋本店の地図

山形県B級グルメランキング⑤みんな大好き!おしどりミルクケーキ(全域)

View this post on Instagram

明日、長野の親戚一家が来るので、 あちらの姉妹にお土産を用意✨まだ来てないけど💦 山形名物 🐄 おしどりミルクケーキ 🐄 名前にケーキが付いていますが🍰ケーキではなく、厚さ3mm位の短冊状のキャンディみたいな物です。 とても硬いので、折って小さくして舐めるか、頑張ってガリガリ噛んで食べます。カルシウムが豊富👍 定番の🐮練乳のようなミルク味をベースとした、色んな味を選んでみました。 4つずつ可愛い袋にラッピングして🎀渡そうと思います。 他にももっと、味の種類があるんですよ? アンテナショップや道の駅などで見掛けられましたら、ぜひ食べてみて下さいね。 #山形土産 #山形みやげ #山形土産におしどりミルクケーキ #おしどりミルクケーキ

A post shared by かずみん (@kazumin0611) on

山形を代表するお土産品として長く愛され続けているお菓子があります。それが、おしどりミルクケーキ!

乳由来のたんぱく質やカルシウムが豊富に含まれているため、「食べる牛乳」として、今なお愛されています。

筆者も、山形に行ったときは毎回のように大量に買って帰ってきます(笑)

最近では、さくらんぼやラフランスと言った、ご当地のフレーバーも展開されており、更にはハイキング、登山等の携帯食として人気を博しています!

ただし、とても固いので、食べるときは気を付けて!

山形県内のお土産屋さんであれば割とどこでも見かけます!

山形県B級グルメランキング⑥その味を求めて県外からも!!谷内の肉そば(河北町)

View this post on Instagram

☆ 勤務条件が変わってしまい今月からお断りしたはずの仕事に、頭を下げられ連れ戻されてしまった😭 そんなに早く行けませんてば💦 仕事内容自体は自分の最も得意な分野でやっぱりやり甲斐あって楽しかった💖これからどうしようかなー なんだかとても大切にされ、談笑する中で蕎麦の話が✨ ということで、無性に食べたくなった山形の#冷たい肉そば をランチに♫ さっぱりした鳥のお出汁と硬めの田舎蕎麦が朝抜きの空っぽのお腹に染み渡りました😊💕 量もこの後のデザートにちょうどです😅 #山形麺紀行してみたい💖 #眠いやっぱりそんなに早く行けません💦 #冷ったい肉そば #河北や #小川町 #美土代町 #肉そば #そば #蕎麦 #蕎麦好き

A post shared by wakko (@wakko_2016) on

山形空港の西に広がる、河北町(かほくちょう)の谷地(やち)エリアの名物そば。それが、谷内の肉そばです!通称「冷たい肉そば」。

ラーメン大国でもあり、蕎麦大国の山形県。香り豊かな冷たいダシ汁の田舎そばに、鶏肉が乗ったものです。

冷たい肉そばと言ったら、夏を想像しますが、河北町では通年提供されていて、冬場でもオーダーする方が多い人気メニューだとか!

山形県B級グルメランキング⑦お手軽!どこでも食べられる!玉こんにゃく(全域)

View this post on Instagram

【玉こんにゃくでほっこり・・・♡】 朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね(>_<) あったかいものが心と体に沁みます・・・ 山形の名物といえば「玉こんにゃく」!まぁるいこんにゃくに醤油味が中までしみておいしいんです(*^∀^*) 季節を問わず売っていますが、寒い時期は特におススメ! 昔から山形はこんにゃく芋の産地で、家庭で手作りしたこんにゃくの名残りとして伝えられてきたといいます。玉こんにゃくは山形限定だとか。(一般的には板こんにゃくや糸こんにゃく) ぜひ山形の郷土の味を感じてくださいね♪ #山形県 #山形 #yamagata #玉こんにゃく #こんにゃく #秋の行楽 #土曜日の小旅行

A post shared by 山形県 (@pref_yamagata) on

山形県は、こんにゃくでも有名なこと、ご存知でしょうか?

何と、意外や意外、山形県はこんにゃくの消費量日本一!そんな山形の名産が玉こんにゃく。

直径3~4cmの玉状のこんにゃくで、串に刺したものを醤油で煮込みます。食べるときは、カラシや味噌などをつけるのが一般的♪

その食べやすさ、気軽さから、特に県外からの旅行客は、ドライブインなどで必ず食べるとも言われる人気の商品だそうです!

山形県B級グルメランキング⑧もはやA級グルメ!米沢牛ハンバーガー(米沢市)

View this post on Instagram

こんにちは〜〜😊 当店看板メニューの 米沢牛🐂ハンバーガー🍔‼️ 近々バージョンアップにて 登場〜😆 150gの米沢牛パテは そのままの美味しさ! サンドする玉ねぎは 甘さたっぷり あの有名な淡路玉ねぎを 淡路島より直送‼️ ベーコンは 高級生ベーコン🥓 パンチェッタを使用 しました! 日本一バーガー🍔 を目指しまっしぐら〜👍 #米沢#山形#ハンバーガー#グルメバーガー#贅沢バーガー#バーガー日本一#洋食屋#米沢牛バーガー#米沢牛#淡路玉ねぎ#生ベーコン#パンチェッタ#hamburger #目指せ日本一#最高峰#飛行船#バージョンアップ

A post shared by 米澤ステーキ&ビストロ飛行船 (@yonezawasteakhikousen) on

松阪牛、神戸牛と並ぶ日本三大和牛のひとつ米沢牛。

何と、米沢牛を贅沢に使ったのが、この米沢牛ハンバーガー!

三大和牛の米沢和牛が使われたこのハンバーガー、もはやBではなくA級グルメですね?!

その風貌は、もはや贅沢の極み!!米沢牛を新たなスタイルで味わってみては如何でしょうか?!

↓ここで食べられます!

山形県B級グルメランキング⑨実は北海道発祥ではなかった?!蔵王ジンギスカン(山形市)

今から意外な真実をお伝えします。

何と、蔵王がジンギスカン発祥の地と言われているんです!!ジンギスカンといえば北海道と思われている方が殆どですよね?

発祥の地については諸説あり、本当かよ!とお思いの方もいるでしょう。

ですが、真ん中が膨らんだ兜型の丸い鍋は、山形の伝統工芸、山形鋳物の工房に制作を依頼したのが始まりと言われています。

更に、昭和初期に蔵王出身の日本綿羊協会の会長がモンゴルを訪れた際、現地民が鉄兜で羊を焼いて食べるのを見て、地元の蔵王温泉の名物料理にできないかと試行錯誤の末、誕生しましたと言われています。

新鮮な羊肉は、何度食べても飽きることなく、特製タレに付けて食べるその味は絶品!蔵王温泉を訪れの際は、元祖ジンギスカンの味に思いをはせてみてはどうでしょうか?

↓ここで食べられます!

  • 【HP】ろばた
  • 【住所】山形県山形市蔵王温泉字川原42-5
  • 【アクセス】山形新幹線JR山形駅東口バス45分
  • 【地図】ろばたの地図

山形県B級グルメランキング⑩スプーンで食べられる?!むきそば(酒田市)

最後に紹介するのは、むきそばという蕎麦!

殻をむいた蕎麦の実をそのまま茹でて、薄味の冷たいダシ汁をかけて食べるという、一風変わった酒田地方の夏の名物です。

何とこちら、蕎麦の原型とも言われる料理!関西の寺院で食べられていた精進料理が、江戸時代の中期に北前船で酒田に伝わったと言われています。さすがは港町酒田!

ゴロゴロと入った蕎麦の実をすするように食べるのですが、スプーンで食べるのもアリなくらい!

軽い薬味でいただくこともあれば、まいたけ、ネギ、海苔など具材を乗せて食べるタイプもあるので、あなた好みの味にチャレンジできます!

↓ここで食べられます!

  • 【HP】料亭 香梅咲
  • 【住所】山形県酒田市日吉町1丁目3-16
  • 【アクセス】連絡バス(庄内空港-酒田)酒田駅徒歩5分
  • 【地図】料亭 香梅咲の地図

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂きありがとうございます。

山形県はB級グルメの宝庫!正直、10選を選ぶのにも大変苦戦しました(笑)メジャーなものからマイナーなものまで抜粋させていただきました。

山形県B級グルメランキング★地元民おすすめ10選

  • ①山形B級グルメの名詞!芋煮(全域)
  • ②え?!あのお魚を食べるの?!鯉料理(米沢市)
  • ③全国の味噌をブレンド!赤湯からみそラーメン(南陽市)
  • ④冷やして食べちゃうの?!冷やしラーメン(全域)
  • ⑤みんな大好き!おしどりミルクケーキ(全域)
  • ⑥その味を求めて県外からも!!谷内の肉そば(河北町)
  • ⑦お手軽!どこでも食べられる!玉こんにゃく(全域)
  • ⑧もはやA級グルメ!米沢牛ハンバーガー(米沢市)
  • ⑨実は北海道発祥ではなかった?!蔵王ジンギスカン(山形市)
  • ⑩スプーンで食べられる?!むきそば(酒田市)

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。


山形B級グルメ
この記事を書いた人
あさひなペコ

東京生まれの東京育ち、第二言語がドイツ語のオタク。ネイティブ山形の母・ネイティブ長野の父の間に生まれる。
旅行業界、貿易事務を経て、フリーのオタクライターとして活動中。
山形/米沢、長野県にゆかりのある上杉謙信公・直江兼続公・前田慶次を応援している、日本史オタクでもある。
現在は自身の経験を活かし、ドイツ語を楽しく学べるサイトを立ち上げながら、アメコミ映画レビューからLEGOに関する記事の他、こちらでは母の故郷である山形に関する記事を執筆している。

あさひなペコをフォローする
大日本観光新聞
タイトルとURLをコピーしました