奈良県観光スポットランキング★地元民おすすめ10選

奈良県観光スポットランキング⑥有名なお寺がふたつもあるって!?「西ノ京」

近鉄の西ノ京駅は静かな、コンビニも何もない駅です。しかしここには世界遺産「薬師寺」「唐招提寺」があるのです!これさえあれば他に何も要りません。そう言い切ってしまえるほど、このふたつのお寺の存在感と価値は奈良にとって重要です。

薬師寺の明るい雰囲気の中で風に吹かれながら日光・月光菩薩を見上げたら、鑑真ゆかりの唐招提寺でドンとヘビーな仏たちに圧倒されてください。ふたつのお寺は、いい雰囲気の小道で徒歩約10分。どちらかだけ、というのはもったいないですよ。

★薬師寺

  • 【HP】薬師寺
  • 【住所】〒630-8563 奈良県奈良市西ノ京町457
  • 【アクセス】近鉄「西ノ京」から徒歩約3分
  • 【地図】薬師寺 の地図

★唐招提寺

  • 【HP】唐招提寺
  • 【住所】〒630-8032 奈良県奈良市五条町13−46
  • 【アクセス】近鉄「西ノ京」から徒歩約13分
  • 【地図】唐招提寺 の地図

奈良県観光スポットランキング⑦奈良県のパワースポットと言えば「大神神社」

奈良県桜井市にある大神(おおみわ)神社。この古い神社の大きな鳥居をくぐると、そこはもう神様の結界の中です。

この神社のすごいところは、ご神体が「モノ」ではないところ。何と、神社の背後にそびえる三輪山こそがご神体なのです。そんな、どうして良いかわからないくらい古いこの神社は奈良県屈指のパワースポットでもあります。鳥居近辺に強いパワーが集まっていると言いますから、ぜひ身を清めて神様に会いに行ってみてください。結界の中には確かに「すっ」と涼しい風が吹いていますよ。

奈良県観光スポットランキング⑧今日だけはセレブ気分でお茶を「奈良ホテル」

奈良ホテルは、もとは迎賓館として建てられた重厚な造りの皇室御用達ホテルです。迎賓館だけあって、アインシュタインからオードリー・ヘップバーンまで様々な有名人や国賓が宿泊してきました。

そんな歴史あるホテルを気軽に楽しむには、ティールームがおすすめ。緑の揺れるお庭を眺めながら繊細で美味しいケーキとお紅茶などをいただき、セレブ気分を味わいましょう。奈良公園観光のついでに建物を見に行くだけでも価値がありますよ。

  • 【HP】奈良ホテル
  • 【住所】〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1096
  • 【アクセス】近鉄奈良駅から徒歩約15分
  • 【地図】奈良ホテル の地図

奈良県観光スポットランキング⑨大人だからこそもう一度「法隆寺と中宮寺」

昔修学旅行で法隆寺に行った、という人にこそ再度行って欲しいスポットです。大人になってからの法隆寺は格別です。青い空と黒い伽藍。聖徳太子が歩いた境内を踏みしめて、ゆっくりと参拝をしましょう。キレイになった宝物館で出会う仏像たちにも「久しぶり」と挨拶を。2度目の大人の修学旅行は法隆寺で決まりです。

そして、法隆寺の端にある中宮寺にも必ず寄りましょう。小さなお寺ですが、頭をズガンとやられてしまいそうなほど美しい弥勒菩薩に会うことができますよ。これまた、大人にしかわからない魅力満載。たっぷり時間を使って楽しんでください。

奈良県世界遺産ランキング★地元民おすすめ10選 法隆寺

★中宮寺

  • 【HP】中宮寺
  • 【住所】〒636-0111 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北1丁目1−2
  • 【地図】中宮寺 の地図

★法隆寺

  • 【HP】法隆寺
  • 【住所】〒636-0115 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1−1−1
  • 【アクセス】JR「法隆寺」から徒歩約25分
    駅から遠いため、近鉄奈良駅・近鉄大和郡山駅などからバス推奨
  • 【地図】法隆寺 の地図

奈良県観光スポットランキング⑩ほんまにここ無料!?「奈良国立博物館の地下フリーゾーン」

秋は正倉院展で賑わう奈良博ですが、実はおすすめは地下のフリーゾーンです。チケットを買わなくても入ることができる地下には広々したカフェや、ミュージアムショップが。そしてたくさんベンチが並び、キレイなお手洗いも使い放題という奈良公園観光のオアシスとも言えるスポットなのです。

筆者おすすめは充実のミュージアムショップ。中でも「元気の出る仏像シリーズ」というキャラクターのグッズはもちろん奈良博でしか買えません。クスッと癒される仏像シールやマグカップをお土産にしてみてくださいね。奈良公園で歩き疲れたら、博物館の地下でぜひ休憩を!

奈良国立博物館

最後に

奈良に行こうかな、でも奈良公園しか知らないなというあなた。まだまだ奈良には素晴らしい観光スポットがたくさんありますよ。混雑スポットだけではなく、静かな隠れ家スポットにもご案内したく思います。ハイシーズンをはずして、ぜひ奈良を独り占めしに来てくださいね。

タイトルとURLをコピーしました