男らしい茨城弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選茨城弁の告白なんてダサいでしょ、なんて思っていませんか?

方言を使う女の子に萌える、と何年か前にちょっとしたブームになりましたが、男が方言を使ってもドキッとするシチュエーションはあります。どこか押しの強そうな雰囲気があるのが茨城弁の特徴です。これは言われてみたい、というフレーズがあるかもしれませんね。

今回は、こんなこと言われたら女性が惚れてしまいそうな、キュンとくる男らしい茨城弁の方言告白をご紹介いたします。

 

男らしい茨城弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選

 

茨城弁の告白①あいつよりおれげの方がいがっぺ?

方言の意味:あいつより俺の方がいいだろ?

「おれげ」は一人称です。茨城弁の定番ともいえる「いがっぺ」は、いいでしょう、の意味。いがっぺな、いがっぺよ、と口々に交わす様は、茨城に来ると珍しい光景ではありません。

茨城弁の告白②うちげに遊びに来ねぇか?

方言の意味:私の家に遊びに来ませんか?

「~げ」は、~の家という意味にもなります。「おめげ」なら、あなたの家です。似たニュアンスで、「うちげに寄ってったらいがっぺ」は、私の家に寄っていったらいいでしょう、と提案する感じです。

茨城弁の告白③おめのことうんと好きだ!

方言の意味:お前のことがとても好きだ!

これぞストレートな告白ですね。「うんと」もよく使われる茨城弁で、とても、ずっと、たくさんといった意味があります。とても気持ちがこもっている感じがしますね。一度はされてみたい告白、といったところでしょうか。

茨城弁の告白④おめー、おもしーおんなっこだっぺな!

方言の意味:お前、面白い女の子だな!

「おもしい」は面白い、「おんなっこ」は女の子という意味です。標準語で使われている言葉の語尾がちょっと変わるのも茨城弁にありがちな特徴で、他地域から来た人にもわかりやすいのではないでしょうか。

茨城弁の告白⑤こんだ、一緒にごっつぉー食わねぇか?

方言の意味:今度、一緒にごちそう食べませんか?

食事デートのお誘いですね。「こんだ」は今度、「ごっつぉー」はごちそうという意味です。まだ告白までは遠いかもしれないけれどどうにかお近づきになりたい、そんな時は食事に誘うのが基本ですね。ごっつぉーに誘われたら、かなり脈ありですよ。

茨城弁の告白⑥おめのこと好きすぎてしまつなんねぇな

方言の意味:お前のことが好きすぎてどうしようもないな

相手のことが好きすぎて何も手につかない、その人のことしか考えられない、そんな体験がおありかと思います。カップルだったらその気持ちをストレートにぶつければ、意外に相手も喜んでくれるもの。言わなくてもわかるだろう、と愛情表現をサボるのは禁物です。

さて、茨城弁の「始末ならない」はどうしようもないという意味です。いい意味だけでなく悪いニュアンスの時でも使える表現です。

茨城弁の告白⑦おれの気持ちしんねっぷりすんなよ

方言の意味:俺の気持ち知らないふりするなよ

お互いに好きだということはわかっているのに、素直に表せないことってありますよね。ただの友達同士だったはずで周りの目が気になるとか、それぞれ彼氏彼女がいるとか、その障壁はさまざまです。「しんねっぷり」は知らないふりという意味です。こんな風に詰め寄られたら、もうお互い素直に好きという気持ちを告白するしかないですね。

茨城弁の告白⑧おめが笑ってくれっから、のぼせちったっぺよ

方言の意味:お前が笑ってくれるから、調子に乗ってしまったよ

何か面白いことを言ったら、周りからの反応が欲しいもの。好きな人からの笑顔だったらなおさら嬉しいものですよね。好きな人からいい反応があって、調子に乗ってあれこれ喋りまくってしまうという経験、誰しもがあるのでは?茨城弁では調子に乗ることを「のぼせる」といいます。テストでいい点を取ったり部活の試合に勝ったりして浮かれていると、「のぼせてんじゃねぇっかんな!」と先生から声が飛んできたものです。

茨城弁の告白⑨おれの気持ちおめにはわがんめ?

方言の意味:俺の気持ち、お前にはわからないだろう?

自分が相手を好きだと思うほどに、相手が自分を好きでいてくれているとは限りません。恋愛において、そこがもどかしかったりする時がありますよね。それでついつい相手に詰め寄ってしまう一コマもあるのでは?茨城弁では「~ないだろう」を「~んめ」と表現します。「あるまい」が訛ったのではないかと想像します。

茨城弁の告白⑩あいつとくっちゃべってっから、やっかんじまったっぺよ

方言の意味:あいつと喋っているから、うらやましくなってしまったよ

好きな異性が誰か同性と喋っていると、何となく不安になってしまいますよね。逆にそれを素直に打ち明けることで距離が縮まることもあります。やっかみすぎは禁物ですが。「やっかむ」はうらやましがる、の意です。標準語でも時折使いますね。

 

最後に

男らしい茨城弁の告白、いかがでしたでしょうか?意外にこれはキュンとくる、というフレーズを見つけていただけたなら幸いです。茨城弁はヤンキーっぽいとよく言われますが、ノリの良さや押しの強さがちょっと男らしく感じられるのが特徴的です。茨城出身の好きな芸能人のセリフとして妄想してみるのも楽しいかもしれませんね。

男らしい茨城弁の告白♥キュンとくる方言のセリフ10選
①「あいつよりおれげの方がいがっぺ?」(あいつより俺の方がいいだろ?)
②「うちげに遊びに来ねぇか?」(私の家に遊びに来ませんか?)
③「おめのことうんと好きだ!」(お前のことがとても好きだ!)
④「おめー、おもしーおんなっこだっぺな!」(お前、面白い女の子だな!)
⑤「こんだ、一緒にごっつぉー食わねぇか?」(今度、一緒にごちそう食べませんか?)
⑥「おめのこと好きすぎてしまつなんねぇな」(お前のことが好きすぎてどうしようもないな)
⑦「おれの気持ちしんねっぷりすんなよ」(俺の気持ち知らないふりするなよ)
⑧「おめが笑ってくれっから、のぼせちったっぺよ」(お前が笑ってくれるから、調子に乗ってしまったよ)
⑨「おれの気持ちおめにはわがんめ?」(俺の気持ち、お前にはわからないだろう?)
⑩「あいつとくっちゃべってっから、やっかんじまったっぺよ」(あいつと喋っているから、うらやましくなってしまったよ)