函館名物グルメ1.海鮮丼屋を集めた「函館朝市・どんぶり横丁」参照:朝市食堂 函館ぶっかけ
函館はフレンチもイタリアンもそしてスイーツも!本当にとても美味しいんです。でも今回は函館の名物グルメです。今回は函館でしか食べられない函館の名物グルメを10選ご紹介いたします。美味しいものがた〜くさんある函館。この10選には本当に悩みました!

 

これぞ北海道は函館の名物グルメ★地元民おすすめ10選

 

函館名物グルメ1.海鮮丼屋を集めた「函館朝市・どんぶり横丁」

函館市 若松町9-15/JR「函館」駅

函館といえば海産物です。中でもすぐに思い浮かぶのは「海鮮丼」。函館朝市は、その玄関に「どんぶり横丁」なるものをかまえています。函館で人気の丼専門店がずらりと並び、どれもこれも美味しそう!ちなみに毎月第4火曜日は全てのお店が500円どんぶりを提供!これを見逃す手はありません!トップの写真は「朝市食堂・函館ぶっかけ」さんの「大名盛」です。

他、GLAYのTERUさん、HISASHIさんごひいきの「茶夢」も人気。また「どんぶり横丁」の中に一軒だけあるお寿司屋さん「すしの鮮昇」では人気の戸井産マグロが食べられます。

函館名物グルメ2.一回で二度美味しい「イカ釣り体験」

函館市若松町9-19/JR「函館」駅

最近人気急上昇の函館名物「元祖 活いか釣堀」!ここではイカ釣り体験が楽しめます。さらに自分で釣ったそのイカをその場でさばいてもらって、その場で食べちゃうという一回で二度美味しい体験。

場所はやはり朝市内です。甘くて固いコリコリのイカは美味しくてびっくりしますよ。このイカを食べてしまうと、もうよそでは食べられなくなってしまうかも!

函館名物グルメ3. 日本一の駅弁!?みかどの「鰊みがき弁当」

函館名物グルメ3. 日本一の駅弁!?みかどの「鰊みがき弁当」参照(http://www.ekiben.or.jp/mikado/type/2014/06/001733.html)

函館市若松町12-13/JR「函館」駅

何年か前。発車時刻ギリギリに駆け込み、もうどれでもいいからある物を買おうとキヨスクで適当に買ったお弁当。それがこの「鰊みがき弁当」との出会いでした。列車に乗って一息ついて、食べてみてびっくり!これで880円でいいの?!といいたくなるような美味しさだったのです。深い味わいの鰊(にしん)におおぶりの数の子。

あとで調べてみると、創業昭和11年の老舗の駅弁屋さんでした。食べたことのある人はその美味しさを知っていて、「日本全国、駅弁ではこれが一番!」という口コミもあります。

函館名物グルメ4. 五島軒の「イギリス風ビーフカレー」

函館市末広町4-5/市電「十字街」電停

明治12年創業の老舗の洋食店です。今上天皇夫妻が函館に訪れたときには、ここで昼食を召し上がったとの記事もあり、一歩足を踏み入れると優雅な空間が広がります。

なんといってもテーブルナプキンや銀食器が並べられるカレーライスなんて、他で見たことがありません。まろやかで上品なカレーが食べられますよ!大泉洋さんらTEAM NACSの皆さんも5人そろって来ていました。

函館名物グルメ5. ラッキーピエロの「チャイニーズチキンバーガー」

函館名物グルメ5. ハンバーガー愛好会で金賞受賞!ラッキーピエロの「チャイニーズチキンバーガー」photo by 
函館市末広町23-18/市電「十字街」電停

「ハンバーガー愛好会」で金賞を受賞したご当地バーガーです。道南地区以外への出展依頼を固く断り、市内に17店舗を展開しました。それぞれがテーマを持つ個性的な空間になっているのであちこち覗いてみるも面白いですよ!

数々の芸能人や有名人、かつての紀宮様も訪れています。一番人気は「チャイニーズチキンバーガー」。各店舗にしかない特別メニューもありますので要チェックです。お隣「ハセガワストア」の「焼き鳥弁当」も有名な名物商品ですので是非、覗いてみてください。

函館名物グルメ6. はこだてミルク工房の「ホームメイドポテトチップス」

函館名物グルメ6. はこだてミルク工房の「ホームメイドポテトチップス」参照:函館市公式観光情報
函館市豊川町11-15/市電「十字街」電停

こちらはあまり知られていないのですが、筆者イチオシの商品です。「はこだてミルク工房」といえば、一般的には「赤レンガソフト」で有名ですが、実はここのサイドメニューに「ホームメイドポテトチップス」というのがあり、これが絶品なのです。

注文を受けてから、生のジャガイモがその場で揚げられ、サッと味付けされて出てきます。少し時間はかかりますが、北海道産のジャガイモで作った揚げたてポテトチップス!美味しくないわけがありません。

函館名物グルメ7. えん楽の「がごめ昆布塩焼きそば」

函館名物グルメ7. えん楽の「がごめ昆布塩焼きそば」参照:がごめ昆布ねばねば本舗
函館市末広町24-6 西波止場1F/市電「十字街」電停

塩ラーメンで有名な「えん楽」さんが、がごめ昆布に挑戦しました。がごめ昆布とは、日本広しと言えど北海道はこの函館近郊の南茅部でしか採れない貴重な昆布のことをいいます。特徴は粘りととろみで、このネバネバパワーが体に効く!と最近注目を浴びています。

その昆布の特徴を上手に生かした一品がこの「がごめ昆布塩焼きそば」。これは想像するよりはるかに美味しいです!

函館名物グルメ8.胃袋の宣教師カール・レイモンの「焼きソーセージセット」

函館市元町30-3/市電「十字街」電停

1924年。一人のドイツ人がドイツのソーセージを広めるために日本にやってきました。自らを「胃袋の宣教師」と呼ぶカール・レイモン。当時の製法を守り抜いた味が今まだここに続いています。

元町店にはイートインコーナーが併設されていて、その場でソーセージを食べることができます。ホットドックはテイクアウトもできるので、元町散策のお供にも最適です。

函館名物グルメ9. グルメ回転寿司「函太郎」宇賀浦本店

函館名物グルメ9. グルメ回転寿司「函太郎」宇賀浦本店参照(http://www.hakobura.jp/db/db-food/2013/01/post-252.html)
函館市宇賀浦町14-4/市バス「宇賀浦町」バス停

美味しいお寿司屋さんはたくさんあるけれど、ここはなんといってもロケーションが最高です。窓ガラスいっぱいに広がる水平線と、次々に運ばれてくる新鮮なお寿司。函館話題のスポットとして数々の取材も受けていますので、函館まで来たなら一度は寄ってみてください。

大島優子さんも訪れていましたよ。場所は啄木小公園のすぐそばです。観光ついでに寄れますね!

函館名物グルメ10.うにむらかみの「無添加生うに丼」

函館市大手町22-1/JR「函館」駅

うにといえば「むらかみ」というぐらい有名なお店です。ふっくらとした甘みのあるうには絶品。こだわりぬいた味を一度ご賞味ください。

自慢の「うに丼」の他に、うにを含む魚介の天ぷらをのせた「うに入り天丼」や、贅沢にもうにをお茶漬けにした「うに茶漬け」などなど。

他に、(本当は誰にも教えたくない)“形がちょっと悪い訳あり「生うにB定食」1800円”というのもあります。こちらは数量限定なのでお早めに!

 

最後に

今回の10選は何度も選びなおしました。どれを抜かすかでとても悩みました。最後まで「函館の味」にこだわりつつ、定番はおさえつつ、あまり知られていないものも幾つか入れ、ようやっと以上のように10選が決まりました。函館は美味しいものでいっぱいです。

これぞ北海道は函館の名物グルメ★地元民おすすめ10選
1 海鮮丼
2 活イカ
3 鰊みがき弁当
4 五島軒のカレー
5 チャイニーズチキンバーガー
6 ホームメイドポテトチップス
7 がごめ昆布塩焼きそば
8 レイモンの焼きソーセージセット
9 グルメ回転寿司「函太郎」
10無添加生うに丼