函館最強危険心霊スポット⑦自殺の名所「立待岬」立待岬
北海道の函館へ旅行やお仕事でいらっしゃる方へ。

歴史が浅い北海道の中でも歴史がある地域が道南・函館エリアです。アイヌ民族との闘いの歴史、松前藩、鎖国後すぐに西洋文化がはいってくるなど文化歴史の面での心霊スポットも多いところです。函館に起こしの際には以下の場所は危険ですので、軽はずみに近付かないようにして下さい。

本記事では北海道函館最強危険心霊スポット★行ってはいけない10選をご紹介いたします。

 

北海道函館最強危険心霊スポット★行ってはいけない10選

 

函館最強危険心霊スポット①その文字読めたらアブナイです「赤墓さん」

船見町の奥に外国人墓地として知られる一角に、赤い墓があり赤墓サント地元の人は昔から読んでいます。裏も表も全部真っ赤で、それだけでも通常の墓と違い不気味なのですが、地元の人には昔から言われている噂が一つあり心霊スポットとして人気です。墓に書かれた文字は全部漢字で書かれており、その文字を読めたら死んでしまうという話なのです。

赤墓
函館市船見町23
高龍寺下車 徒歩数分。

函館最強危険心霊スポット②母子の怨念「夜泣き石」

船見町似あるお寺「実行寺」は、歴史の長い寺です。一時はロシア領事館としても使われたことがあるここでは、敷地内に変わった石が存在します。その石は、夜泣き石と呼ばれています。自然石が函館山から発掘された時に、このお寺で預かったものなのですが、夜な夜な石が泣くということで知られています。母子の怨念だとか言われています。また、箱館戦争でなくなった会津の藩士を祀っている寺でもあるのでそのような話が絶えないのでしょう。

実行寺境内夜泣き石
函館市船見町18-18
称名寺通下車、徒歩五分ほど

函館最強危険心霊スポット③いまだに兵士がでるといわれる戊辰戦争最後の地「四陵郭」

函館市民でもあまりいくことがないのが「四稜郭」は、史跡五稜郭を援護するためにつくられたものです。戦争がおわってしまったのもあり、史跡の工事も途中で終わっています。広大な土地がのこっているのですが、戊辰戦争で最後に追い詰められた兵士たちが散った地でもあるということからいまでも兵士が出ると噂されています。

四稜郭
函館市陣川町
JR五稜郭駅より車で15分ほど

函館最強危険心霊スポット④不思議な現象がおこるというビビリ神社とよばれる正一位石倉稲荷神社

場所も辺鄙なところですので、昼間でもなんとなく気持ちが悪いのですが、夜は余計怖さが増す場所にあるのがビビリ神社と地元の人に呼ばれている正一位石倉稲荷神社です。京都伏見稲荷の分霊を受けた神社で、周囲は函館市緑樹保全指定にもなっている緑豊かなところです。松前神楽なども奉納される神社ですが、色んな霊が見えると噂は絶えません。

正一位石倉稲荷神社
函館市石倉町102-7
函館空港から車で15分ほど

函館最強危険心霊スポット⑤旧幕府軍の戦死者を祀った碧血碑

明治八年に建立された函館山に登る手前あたりにある碧血碑(戊辰戦争、箱館戦争の旧幕府軍の戦死者を記念する慰霊碑)です。わかりにくい場所と木々が生い茂っているのもあり、ひっそりとしていて墓や碑が立っていなくてもすこし不気味な場所です。莊子の言葉が碑にきざまれているのですが、戊辰戦争でなくなった人を祀るためにできた慰霊碑です。800名ほどの旧幕府軍の死人がでたということもあり、いまでも呪いがなんて言われています。5月になると戦没者の供養がこちらで行われます。

碧血碑
函館市谷地頭1
谷地頭電停下車徒歩20分ほど

函館最強危険心霊スポット⑥絶対に行ってはいけないと地元で言われ続けている隠れキリシタンの墓「上磯ハリストス正教会野崎墓地」

桜の名所と知られる清川エリアに隠れキリシタンの墓があり心霊スポットとして有名です。とにかくココは出るで有名で、近づいてはイケないということになっています。正式名所は上磯ハリストス正教会です。函館と近郊はクリスチャンが多いので、隠れキリシタンにまつわるエピソードが各地で残っています。

上磯ハリストス正教会野崎墓地
北斗市野崎100-3
新函館北斗駅より車で15分ほど

函館最強危険心霊スポット⑦自殺の名所「立待岬」

函館山の麓、市電谷地頭そばにある立待岬は絶景スポットでもありますが、自殺の名所として知られている悲しい場所です。行く途中には与謝野晶子の碑や石川啄木の一族の墓などがあります。海をきれいに見渡せる場所で、周辺ははまなす公園として整備されています。

立待岬
函館市住吉町
市電谷地頭電停下車して徒歩15分ほど

函館最強危険心霊スポット⑧かつての要塞「函館山」

戦時中は要塞として使われていた函館山。いまでも立入禁止の要塞が整備されないまま残っています。一部は見学も可能です。要塞として使われたというヤミ歴史から色んな噂が絶えません。

函館山要塞
函館山ロープウェイ山頂駅より徒歩10分

函館最強危険心霊スポット⑨廃村となった函館山の裏側「寒川集落跡」

函館の穴澗の海岸からトンネルをぬけてかつてはいくことができた寒川という廃村が函館山の裏手にあります。今は船をつかうか、山を超えていくしかできませんが、集落は人がすんでいたころのままそっくり残り風化しています。墓があるので、お参りに行く人も年に一度ぐらいいるのですが、かつて暮らしていた人だけでなく廃墟好きがおとずれる不気味なスポットとしても人気が高いです。、

寒川集落
函館山の裏

函館最強危険心霊スポット⑩絶景をみることができる所だけど夜はこわすぎ「外国人墓地」

海水浴や近くには海が見えることを歌ったカフェなどもあり、昼間はとても美しい風景が広がる外国人墓地エリアですが、夜となるとそこは外国人の墓地、日本人の墓地が乱立しているだけの単なる墓。穴澗の海岸へ向かう途中にある外国人墓地への入口は狭く、そこもどことなく不気味。その狭い入口側に地蔵が数体並んでいて、実際の数より多く見えたり、少なくみえたりするなんて噂も絶えません。

外国人墓地
函館市船見町23
市電函館どつく下車か駅前からバスで高龍寺前下車。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂きありがとうございます。まだまだ色んな心霊スポットもあったのですが、建物系は取り壊されたり、焼失にあったりして現存している心霊スポットは少なくなってしまいました。以上、北海道函館最強危険心霊スポット★行ってはいけない10選でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

北海道函館最強危険心霊スポット★行ってはいけない10選

  • ①赤墓
  • ②夜泣き石
  • ③四稜郭
  • ④正一位石倉稲荷神社
  • ⑤碧血碑
  • ⑥上磯ハリストス正教会野崎墓地
  • ⑦立待岬
  • ⑧函館山要塞
  • ⑨寒川集落
  • ⑩外国人墓地