男がキュンとくる甲州弁告白!気持ちが伝わるTOP10

「日本一汚い方言」として名高い山梨の方言、甲州弁。「おら、田中ちゃんの愛人っつーこんずら」・・・「月曜から夜ふかし」で取り上げられて話題となった甲州弁のフレーズです。意味は「私は田中さんの愛人です」と紹介されていましたが、どちらかと言うと「愛人ってことなんでしょ!」という方が近いニュアンスでしょうか。

今回は甲州弁でのちょっと笑っちゃうかわいいキュンとくる方言告白を紹介していきます。

 

山梨は甲州弁のかわいい方言告白のセリフ10選

 


かわいい甲州弁告白①ほのいちらなおまんが大好きじゃん

方言の意味:そのままのあなたが大好きです

「いちら」とは「〜のまま」という意味です。「ほのいちら」で「そのまま」となります。「そのままのあなたが良いんです」と言いたい場合は「ほのいちらなおまんがええじゃん」と言いましょう。

語尾に「じゃん」が付くので、「いや、『じゃん』って同意を求められても困るんだけど・・・」と思うかもしれませんが、共通語と甲州弁の「じゃん」は意味が違うのです。

共通語では「〜じゃん」=「〜だよね」「〜ですよね」という意味ですが、甲州弁では「〜しよう」「〜だよ」という意味で使われます。「〜だよね」など、ちょっと意味を強めたいのであれば、「〜ずら」を使います。

かわいい甲州弁告白②私の傍にいろし、結婚してくりょう

方言の意味:私の傍にいて。結婚してください

甲州弁では「〜しなさい」と言うとき、「〜し」と言います。「〜してください」と何かをお願いする場合は「〜くりょう」を使います。

例えば、「待て」は「待てし」、「待ってください」は「待ってくりょう」となるのです。この「くりょう」は響きが柔らかで可愛らしいですね。甲州弁で告白するときは、「くりょう」を使えば可愛い印象になるかもしれません。

かわいい甲州弁告白③私とえべしってくりょう

方言の意味:私と付き合ってください

告白は分かりやすくストレートに。青春ですね。ところでこの「えべし」。何だこの単語は?と思われたかもしれません。「えべ」は共通語の「行く」に相当し、「さ、えべ!」で「さぁ、行こう!」という意味になります。

ここから転じて、「行きます」→「お付き合いします」→「(男女が)付き合う」という意味になったと言われています。山梨では本当にこの変な方言で告白しています!

かわいい甲州弁告白④おめっさら抱いてくれ!

方言の意味:思い切り抱いて!

少し大人な愛情表現です。力強く、でも少し切なげに言ってみましょう。きっと男性もキュンとくるはずです。共通語の「思い切り」は「おめっさら」となります。「おめっさま」と言うときもあります。この「おめっさら」には「お前様」という意味もある方言です。

かわいい甲州弁告白⑤おらげ一緒に住むじゃん

方言の意味:私の家で一緒に住もう

「おらげ」は「私の家」という意味です。「おらげ」と同義の単語に「うちんち」という単語があります。こちらの方がよく使われているかもしれません。「〜んち」で「〜の家」という意味です。

ところで、実は筆者はたった今、「うちんち」が山梨の方言であったことを知りました。ずっと「どうしてちゃんと変換されないんだろう」とパソコンのせいにしていました…。


かわいい甲州弁告白⑥おまんに一生ついてくずら

方言の意味:あなたに一生ついていくね

「ずら」のせいで語感があまり可愛くないかもしれません。声の高さと仕草でカバーしましょう。「おまん」は「お前」です。この「おまん」を使用した「おまんち」(お前のうち)と、上で紹介した「うちんち」。

理由は言わずとも分かると思いますが、甲州弁が分からない人の前で「うちんち来る?」「おまんち行く!」という会話をすると、もの凄く変な目で見られます(笑)ちょっと下ネタに聞こえちゃうので気を付けましょう!

かわいい甲州弁告白⑦寒いから一緒にねえるじゃん

方言の意味:寒いから一緒に寝よ

無邪気に可愛らしく言いましょう。これで男性はキュンとくるでしょう!一緒にねえるしかありません。

甲州弁の「ねえる」には2つの意味があります。1つはこの「寝る」という意味。もう1つは「煮える」という意味です。「今夜は早くねえるだ」は「今夜は早く寝よう」、「でえこんがねえる」は「大根が煮える」を意味します。

かわいい甲州弁告白⑧二人でねえればあったかいじゃん

方言の意味:二人で寝ればあたたかいよ

上のフレーズに続けて言えば、さらに告白の成功率アップ間違いなし!男性も「うんうん」と頷くしかありません。山梨は冬が寒いです。男性に寄り添って言ってみましょう。

かわいい甲州弁告白⑨いつまであの子をまちょう・・・?

方言の意味:いつまであの子を待つの・・・?

これはまた響きが可愛らしいですね。促音など、小さい文字が混ざっていると女の子らしい印象になると思います。巷で可愛らしいと言われている甲州弁に「こぴっと」(しっかり)、「てっ!」(わぁ!)がありますが、やはり跳ねるような小さな文字が入っています。

「まちょう」は「待つ」「待って」という意味です。この方言は強い口調ではなく、切ない感じで言いましょう。きっと男性は戸惑いながらもキュンとくるでしょう!

かわいい甲州弁告白⑩おまんのことが好きだ

方言の意味:あなたのことが好きだ

最後は王道、ストレートな方言告白です。やはり真っ直ぐな気持ちと言葉に勝るものはありません。これに上で紹介している他の方言も合わせればもう完璧でしょう。

「おまんのことが好きだ。一生ついてくずら」なんて良いのではないでしょうか?逆に「好きだ、おまんいせきにこうし」(好きだ、婿養子に来い)というのも悪くないかもしれません。

★甲州弁特集!!まだまだあります日本一汚い方言
山梨県人が方言で怒ってる!超危険な甲州弁10選
絶対伝わらない山梨の甲州弁★意味不明な方言10選
山梨の方言★甲州弁の男らしい告白のセリフ10選
山梨の甲州弁は日本一汚い★面白い方言のセリフ10選


 

最後に

他県の人が山梨県に来て甲州弁の会話を聞くと「喧嘩をしている」と思うそうです。中には「あの人っていつも怒ってるよね」と勘違いされている、ちょっとかわいそうな人も。それだけ甲州弁は語調が強い方言なので、普通に喋っているとかなり荒々しい印象になってしまうのです。

甲州弁で告白する時は、ちょっとやりすぎかなと思うくらい、「無邪気に可愛らしく♥」を心掛けて頑張りましょう。

山梨は甲州弁のかわいい方言告白のセリフ10選

①「ほのいちらなおまんが大好きじゃん」
 (そのままのあなたが大好きです)
②「私の傍にいろし、結婚してくりょう」
 (私の傍にいて。結婚してください)
③「私とえべしってくりょう」
 (私と付き合ってください)
④「おめっさら抱いてくれ!」
 (思い切り抱いて!)
⑤「おらげ一緒に住むじゃん」
 (私の家で一緒に住もう)
⑥「おまんに一生ついてくずら」
 (あなたに一生ついていくね)
⑦「寒いから一緒にねえるじゃん」
 (寒いから一緒に寝るじゃん)
⑧「二人でねえればあったかいじゃんね」
 (二人で寝れば温かいよね)
⑨「いつまであの子をまちょう・・・?」
 (いつまであの子を待つの・・・?)
⑩「おまんのことが好きだ」
 (あなたのことが好きだ)