山形県の紅葉名所&見ごろ時期★地元民おすすめ10選

あさひなペコ
あさひなペコ

山形県へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!

気が付けば、季節は秋へ突き進んでいますね。山形県の紅葉のピークは、寒い地方ならでは、ちょっと早めの9月下旬からです。

早く紅葉を見たい、せっかちさんのあなたは必見ですよ!

本記事では「山形県の紅葉名所&見ごろ時期★地元民おすすめ10選」をご紹介いたします!

山形県の紅葉名所①「よそ見注意の県内屈指の紅葉スポット!月山花笠ライン(西村馬郡西川町)」

出羽三山の一帯、国道112号の愛称が、月山花笠ラインと言います。

こちらは、「日本の道100選」にも選ばれている国道で、ドライブしながらの紅葉を鑑賞するのにはとてもおススメです♪

ただし、よそ見運転には気をつけましょうね。

山形県の紅葉名所②「リフトにも乗ってみよう!早めに紅葉に触れるなら、蔵王エコーライン山形県側(上山市)」

View this post on Instagram

蔵王の紅葉🍁 今年は台風の影響とかで、 紅葉が中々見れなかった けど、ここは素晴らしかったw 0——————————-0 Location : 蔵王エコーライン D  a  t  a : 2018/11/10 Camera : CanonEOS5Dmark4 0——————————-0 #蔵王 #紅葉 #紅葉狩り #週末探検家 #週末カメラマン #tokyocameraclub #東京カメラ部 #カメラ #一眼レフ #写真 #photo #photo_shorttrip #photographer #photo_jpn #photo_travelers #pics_jp #japan_of_insta #art_of_japan_ #ig_japan #jp_gallery #ig_fotografdiyari #canon #eos5dmark4 #eos_my_photo #mycanon #teamcanon #カメラ好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界

A post shared by Mitsuki Nakano (@mtk_photogram) on

全長およそ26キロにも及ぶ蔵王エコーラインは、山形県上山市と宮城県蔵王町を結んでいます。

山形県側は樹木が多く、落葉樹が多いことから、赤や黄に染まった山肌の紅葉を見ることができますよ。

こちらもドライブにおススメですが、刈田リフトと呼ばれるリフトも乗ることができますので、ゆっくり紅葉を鑑賞しましょう。

例年、早めの色づきとなっているのが特徴ですので、事前情報の確認を!

  • 【住所】山形県上山市蔵王
  • 【アクセス】山形自動車道山形蔵王ICから国道286号・西蔵王高原ライン・県道21号・53号を経由し、県道12号を宮城県方面へ車で36km(刈田駐車場)。<無料>駐車場あり(80台)。
  • 【地図】蔵王エコーライン山形県側の地図
  • 【紅葉の見ごろ】9月下旬から10月中旬ごろ

山形県の紅葉名所③「秋の舟下りは紅葉と一緒に♪最上峡(戸沢村)」

最上川の下流域を、最上峡といいます。

こちらは、紅葉もさることながら、樹齢500年以上の天然杉の巨木が点在していることでも有名!山形県内の5本指に入る、紅葉スポットとなっています。

ドライブでももちろん楽しめますが、筆者おススメは、船頭さんの舟歌を聞きながら眺める紅葉!か普段味わうことのできない、紅葉をゆったり楽しめます。

  • 【HP】とざわを旅する。最上川舟下りの里 戸沢村
  • 【住所】山形県最上郡戸沢村最上川河畔
  • 【アクセス】・公共交通機関:JR陸羽西線古口駅から徒歩5分(古口船番所)・車で:東北中央自動車道東根ICから国道287号・13号を経由し、国道47号を酒田方面へ車で65km(古口船番所)。<無料>駐車場あり(200台)。
  • 【地図】最上峡の地図
  • 【紅葉の見ごろ】10月下旬~11月上旬

山形県の紅葉名所④「弘法大使伝説の残る紅葉スポット、梵字川渓谷(鶴岡市)」

神秘的な山奥の紅葉を楽しみたいあなたにうってつけなのは、梵字川渓谷の紅葉です。

あの弘法大使の伝説が残っているとされているこの場所では、紅葉祭りも開催されています。

また、遊歩道もあるので、紅葉を眺めながらのゆっくりお散歩も楽しめますよ♪

  • 【HP】やまがた庄内観光サイト
  • 【住所】山形県鶴岡市越中山字名平3-1
  • 【アクセス】庄内あさひICより国道112号線利用 約5分。<無料>駐車場あり。
  • 【地図】梵字川渓谷の地図
  • 【紅葉の見ごろ】10月下旬ごろ

山形県の紅葉名所⑤「米沢を造った歴代偉人と紅葉のコラボレーションを。米沢城址周辺(松が岬公園)(米沢市)」

米沢城址周辺も、紅葉スポットとなっています。

赤や黄色に染まった園内と、偉人・上杉謙信公や上杉鷹山公、直江兼続公の像と紅葉が美しい絵を私たちに見せてくれます。

米沢城址の周辺には、上杉博物館や上杉城史苑、宝物殿などがあり、紅葉以外にも楽しみどころが満載となっています。

  • 【HP】上杉の城下町 米沢
  • 【住所】山形県米沢市丸の内1-4-13
  • 【アクセス】・公共交通機関: JR山形新幹線米沢駅から市街地循環バス右回りで10分、上杉神社前下車すぐ ・東北中央自動車道米沢八幡原ICから国道13号を経由し、県道232号を・車で: 米沢市街方面へ車で5km。<無料>駐車場あり(300台)。
  • 【地図】米沢城址周辺(松が岬公園)の地図
  • 【紅葉の見ごろ】11月上旬~11月下旬ごろ

山形県の紅葉名所⑥「赤色に色づくもみじは忘れられなくなる、もみじ公園(宝憧寺/ほうどうじ)(山形市)」

もみじ公園と呼ばれているこちらは、真言宗のお寺・宝憧寺の庭園でした。その名の通り、秋のもみじの美しさが県内随一で、もみじの赤色の紅葉が美しく、その目に焼き付いて離れなくなります。

photo by 山形市観光協会公式ウェブサイト web山形十二花月

山形県の紅葉名所⑦「車がなくても行けちゃう渓谷の紅葉スポット!赤芝峡(小国町)」

渓谷と紅葉のコラボレーションを見るなら、こちらもおすすめです。壮大な滝と、紅葉が美しい。

30分ほどで歩ける遊歩道もあるので、ドライブの途中休憩に紅葉鑑賞も楽しめます。

また、電車でも行くことができる峡谷ですので、ドライバーでないあなたも安心アクセス♪

  • 【HP】小国町観光協会
  • 【住所】山形県西置賜郡小国町小渡
  • 【アクセス】・公共交通機関: JR米坂線小国駅から町営バス梅花皮荘行きで15分、赤芝峡下車すぐ ・車: 日本海東北自動車道荒川胎内ICから国道113号を小国方面へ車で34km。<無料>駐車場あり(20台)。
  • 【地図】赤芝峡の地図
  • 【紅葉の見ごろ】10月下旬から11月上旬ごろ

山形県の紅葉名所⑧「ハイキング好きにオススメ!紅葉散策なら面白山(おもしろやま)紅葉川渓谷(山形市)」

ハイキングやトレッキングが好きなあなたは、面白山へ!トレッキングコースもあるので、紅葉に囲まれながらのハイキングは癒され効果MAX!

駅からすぐのアクセスできれいな紅葉を楽しめるので、ハイカーでないあなたもOK!

アクセス抜群の紅葉の名所、堪能してみましょう♪

  • 【HP】山形県観光情報ポータル やまがたへの旅
  • 【住所】山形県山形市大字山寺面白山紅葉川渓谷
  • 【アクセス】・公共交通機関: JR仙山線面白山高原駅下車、徒歩約2分 ・車: 山形自動車道山形北ICから約30分。駐車場あり。
  • 【地図】面白山紅葉川渓谷の地図
  • 【紅葉の見ごろ】10月下旬から11月上旬ごろ

山形県の紅葉名所⑨「温泉を楽しみながら紅葉を見よう!滑川温泉(米沢市)」

View this post on Instagram

#0514每日一問 大家有泡過混湯的經驗嗎? 日本有所謂的「#混浴文化」,為300年前江戶時代留下的傳統,當時男女可以一起泡湯。而到了明治時代,受西方觀念影響下,逐漸禁止混浴。 現代混浴已不容易見到,一般飯店都是男士進「男湯、殿湯」,女士進「女湯、姬湯」,目前僅有少數歷史較悠久的溫泉旅館或溪邊的河原風呂仍保留此項文化。 就老師的觀察,愈是鄉下、深山的地方就愈容易見到,例如我曾去過的青森縣酸湯溫泉「#千人大浴場」、群馬縣四万溫泉積善館、都非常很知名。 #返璞歸真的感覺 #每次泡混湯都只有我一個人 #不必害羞也不要亂看融入大自然

A post shared by 勝軍老師 (@mutakenta) on

滑川温泉では、全体が紅葉のスポット!そのため、温泉につかりながら、紅葉を楽しめるという、何とも言えない贅沢をすることができるのです!

こちらにある、滑川大滝は、「日本の滝100選」にも選ばれているので、ぜひ足を運んでみてください!滝と紅葉の組み合わせが美しいですよ。

  • 【HP】姥湯温泉・滑川温泉 — 山形県ホームページ
  • 【住所】山形県米沢市大字大沢滑川温泉
  • 【アクセス】・公共交通機関: JR奥羽本線 峠駅より車で10分 ・車: 国道13号(山形・福島県境)から板谷駅方面へ 山道約10km。
  • 【地図】滑川温泉の地図
  • 【紅葉の見ごろ】10月中旬から10月下旬ごろ

山形県の紅葉名所⑩「県内第一位の紅葉スポット!山寺立石寺(山形市)」

View this post on Instagram

もうじき秋ということで🍁

A post shared by K (@k__eeeei) on

松尾芭蕉が句を詠んだことで有名な山寺こと、宝珠山立石寺は、紅葉スポット県内第一位!

1,100年の歴史を持つ立石寺は、紅葉とお寺の美しいコラボレーションをはじめ、紅葉のライトアップも!

朝から晩まで、紅葉をいろんな形で楽しめる大人気スポットです。

  • 【HP】山寺観光協会
  • 【住所】山形県山形市大字山寺4456-1
  • 【アクセス】JR仙山線「山寺駅」から徒歩7分
  • 【地図】山寺周辺の地図
  • 【紅葉の見ごろ】10月下旬~11月上旬頃

最後に

あさひなペコ
あさひなペコ

山形は、山に囲まれた田園風景がきれいに色づき、私たちに自然の美をたくさん見せてくれます。

あなたのお気に入りは見つかりましたか?秋のお出かけは、これで決まりですね!

山形県の紅葉名所&見ごろ時期★地元民おすすめ10選

  • ①よそ見注意の県内屈指の紅葉スポット!月山花笠ライン
  • ②リフトにも乗ってみよう!早めに紅葉に触れるなら、蔵王エコーライン
  • ③秋の舟下りは紅葉と一緒に♪最上峡
  • ④弘法大使伝説の残る紅葉スポット、梵字川渓谷
  • ⑤米沢を造った歴代偉人と紅葉のコラボレーションを。米沢城址周辺(松が岬公園)
  • ⑥赤色に色づくもみじは忘れられなくなる、もみじ公園(宝憧寺/ほうどうじ)
  • ⑦車がなくても行けちゃう渓谷の紅葉スポット!赤芝峡
  • ⑧ハイキング好きにオススメ!紅葉散策なら面白山(おもしろやま)紅葉川渓谷
  • ⑨温泉を楽しみながら紅葉を見よう!滑川温泉
  • ⑩県内第一位の紅葉スポット!山寺立石寺
あさひなペコ
あさひなペコ

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。


山形紅葉
この記事を書いた人
あさひなペコ

東京生まれの東京育ち、第二言語がドイツ語のオタク。ネイティブ山形の母・ネイティブ長野の父の間に生まれる。
旅行業界、貿易事務を経て、フリーのオタクライターとして活動中。
山形/米沢、長野県にゆかりのある上杉謙信公・直江兼続公・前田慶次を応援している、日本史オタクでもある。
現在は自身の経験を活かし、ドイツ語を楽しく学べるサイトを立ち上げながら、アメコミ映画レビューからLEGOに関する記事の他、こちらでは母の故郷である山形に関する記事を執筆している。

あさひなペコをフォローする
大日本観光新聞
タイトルとURLをコピーしました