新潟県は上越の観光スポットランキング★地元民おすすめ10選 高田公園高田公園 by トリグラフ
新潟県の南西に広がる上越地方。長野県・富山県と接しており両県とも交流が深く、歴史的にも戦国武将・上杉謙信を輩出した、新潟県でも独自の文化を有するエリアです。また、自然豊かで海の幸や山の幸、お酒、お米も美味しいです。

今回は新潟県は上越の地元民おすすめ観光スポットランキングをご紹介します!

 

新潟県は上越の観光スポットランキング★地元民おすすめ10選

 


上越観光スポットランキング①ウォータースライダーがある道の駅「うみてらす名立」

うみてらす名立は、新潟県から富山県、石川県などの北陸地方への大動脈・国道8号沿いにあり、かつ日本海を見渡せる海沿いにある道の駅です。

とは言ってもただの道の駅ではありません。夏季限定ではありますが、なんとプールがあるのです。しかもウォータースライダーなどがある本格的なプールです。他にもスーパー銭湯施設や新鮮な日本海の海の幸が楽しめる飲食店があったりと、もう目的地がここでもいいくらいに充実していますので、みなさんも存分に楽しんでください。

(新潟県上越市名立区名立大町4280−1、最寄駅は日本海ひすいライン・名立駅)

上越観光スポットランキング②まさにザ・遊園地「妙高サンシャインランド」

ディズニーランドやUSJもいいけれども、たまにはベタな遊園地に行きたくなることありませんか?そんなときは「妙高サンシャインランド」がとってもオススメです。

コーヒーカップ、観覧車、メリーゴーランドなど、子供はもちろん、大人だって子供のころの遊園地の思い出が回想できたりして、なんだかんだで楽しいはずです。

近くには妙高サンシャインホテルもありますので、時間があれば妙高の大自然と遊園地を同時に楽しむのも良いのではないでしょうか。

(新潟県上越市中郷区江口972、最寄駅は妙高はねうまライン・関山駅)

上越観光スポットランキング③日本三大夜桜の1つ「高田公園」

日本三大夜桜として全国的に知られている高田公園。江戸時代にかの徳川家康公の六男・松平忠輝が治めた越後高田藩の居城跡が高田公園です。そんな歴史もあってか、とにかく高田公園の夜桜は壮大で幻想的ですので、絶対に一度は見た方がいいです。

でもあまりに有名過ぎるのと美しすぎるのが仇となって、ものすごい数の花見客とその車で大混雑しますので、なるべく公共交通機関でお越しください。

(新潟県上越市本城町44−1、最寄駅はJR高田駅)

上越観光スポットランキング④ホテルまである「道の駅あらい」

道の駅あらいは高速道路と一般国道の両方から入ることのできる珍しいタイプの道の駅で、なんと敷地内にスーパーホテルまであります。

ここの売りはバラエティに富んだ飲食店街です。各種ラーメン、牛丼から新潟の海の幸をふんだんに使った海戦料理まで、様々なジャンルを網羅していて、何回来ても何を食べようか迷ってしまいます。

また、上越地方の特産品を中心としたお土産も充実していますので、ドライブがてら是非出かけてみてください。

(新潟県妙高市猪野山58−1、最寄駅はえちごトキめき鉄道・新井駅)

上越観光スポットランキング⑤上杉謙信の居城「春日山城跡」

戦国時代の名将、上杉謙信の居城だったことで知られる春日山城跡。春日山という名のとおり、上越市街はもとより、日本海や頚城平野も見渡すことのできる標高180メートルの高台にあります。

春日山城跡から眼下を見渡すと、この見晴らしの良さと高さで敵を寄せ付けず、春日山城が難攻不落と言われたのが分かると思います。

歴史好きの方は戦国の世に思いを馳せ、そうでない方もハイキングがてら歩いてみるのもよいかもしれません。

(新潟県上越市中屋敷、最寄駅はJR直江津駅)

上越観光スポットランキング⑥越後を見守る「五智国分寺」

奈良時代に、あの奈良の大仏を造らせたことで有名な聖武天皇の命により、全国それぞれの国(今でいう都道府県)の安寧を祈って建てられたという国分寺。五智国分寺は越後の国の国分寺の後継と言われています。

奈良時代という、とても昔の話なので場所や建物がそのまま残っているわけではありませんが、上杉謙信が現在の場所に移転・再興したと言われています。

現在の建物は、火災などの関係で江戸時代に再建されたものですが、それでも千数百年の間、越後の国を見守り続けてくれたという歴史のロマンを感じさせてくれます。

(新潟県上越市五智3-20-21、最寄駅はJR直江津駅)

上越観光スポットランキング⑦北アルプスが海に沈む「親不知」

北アルプスの北端が急激に標高を下げ、まるで日本海に沈んでいくように見える断崖絶壁が「親不知(おやしらず)」です。

昔から交通の難所として知られ、国道8号はこの崖を削って走り、北陸自動車道は崖を避けるように海の上を走っていて、これらの道路を設計した人たちの苦労が伝わってきます。現代の技術をもってしても大変そうな場所ですが、昔の旅人はこの断崖絶壁を命がけで往来していて、途中で波にさらわれるという悲劇も多々あったとのことです。

この山・海・岩場が作り出す風景は、迫力があるだけでなく、美しさも兼ね備えていて、まるで自然のアートのように感じることができますので、実際に車で走ってみたり、近くの道の駅「親不知ピアパーク」から眺めてみることをオススメします。

(新潟県糸魚川市大字市振、最寄駅は日本海ひすいライン・親不知駅)

上越観光スポットランキング⑧お宝鑑定もあり「フォッサマグナミュージアム」

みなさんは「フォッサマグナ」を御存知でしょうか?学生時代に地理で習って知っているという方も多いと思いますが、新潟県糸魚川市付近から日本列島を縦断して静岡県にまで分布するフォッサマグナは地質学的に西日本と東日本の境界なんだそうです。

そんなフォッサマグナに関係の深い糸魚川に来たのであれば、是非「フォッサマグナミュージアム」で教養を深めてみてください。地質の特性から糸魚川ではヒスイが多数とれるのですが、そのヒスイについてもこのミュージアムで詳しく解説されています。

さらに、学芸員さんが在館しているとき限定ですが、石の鑑定もしてもらえるので(数量制限あり)、もし糸魚川でヒスイらしきものを拾ったなら是非鑑定してもらいましょう。

(新潟県糸魚川市一ノ宮1313、最寄駅はJR姫川駅)

上越観光スポットランキング⑨手軽に宝探し「ヒスイ海岸」

地質の特性から糸魚川市ではヒスイが比較的多くとれ、市内にはヒスイにちなんだ場所や施設が多数あります。

その1つが、別名「ヒスイ海岸」の名で親しまれている糸魚川海岸です。糸魚川市内を流れる姫川の上流から流れてくることもあるヒスイの原石が落ちていることがあり、運が良ければ拾えるかもしれません。実際に拾った人も結構いるようです。

そして、運よく拾えた上に前述のフォッサマグナミュージアムの学芸員さんに鑑定してもらえたら、もうバッチリです。

みなさんもヒスイ海岸で宝探し、いかがでしょうか?

(新潟県糸魚川市押上2丁目4、最寄駅はJR糸魚川駅)

上越観光スポットランキング⑩東西の境界「市振の関」

市振の関は、糸魚川市の最西端、つまり新潟県の最西端にある道の駅です。数百メートルも歩けばもう富山県という場所ですが、ここは昔、京都方面から来た旅人が難所だった断崖絶壁の親不知方面へ向かう際に休憩も兼ねた関所だったとのことです。

山に囲まれた新潟県の中では珍しく、割と開けた場所にある県境で、徒歩や自転車で県境を往来する人も多い場所です。

また、糸魚川はJR東日本と西日本、商用電源の50ヘルツと60ヘルツの境界でもあり、そういうことも含めて、ここが日本の東西を分ける場所なのだと感じさせてくれます。

(新潟県糸魚川市市振1035−50、最寄駅はえちごトキめき鉄道・市振駅)


 

最後に

上越の観光スポット、いかがでしたでしょうか。新潟県の他のエリアとは一味違った独特かつ魅力的な観光スポットが多かったのではないでしょうか。でもそこはやはり新潟、美味しい食べ物とお酒も忘れずに御堪能ください。

新潟県は上越の観光スポット★地元民おすすめ10選

①うみてらす名立
②妙高サンシャインランド
③高田公園
④道の駅あらい
⑤春日山城跡
⑥五智国分寺
⑦親不知
⑧フォッサマグナミュージアム
⑨ヒスイ海岸
⑩市振の関